a 森林生物の生命現象の解明

a 森林生物の生命現象の解明

課題番号2009014042
研究機関名森林総合研究所
研究期間2006-2010
年度2009
大課題(ア)新素材開発に向けた森林生物資源の機能解明
中課題a 森林生物の生命現象の解明
小課題a 森林生物の生命現象の解明
大項目1 研究の推進
中項目(1)重点研究領域
摘要スギ花粉症が社会問題となっており、スギの花の形成(花成)の仕組みの解明が求められている。花成に関連する遺伝子群を単離し、遺伝子の機能を調べたところ、2種類の遺伝子がスギの花成制御に深く関与することを明らかにした。また、オゾンなどによる環境ストレスにより葉の障害が発生するが、それにはエチレン合成が関与している。エチレン合成酵素遺伝子の発現を抑制した遺伝子組換えポプラを開発し、その特性を調べたところ、オゾン耐性だけでなく、耐乾燥性や耐塩性も保持することがわかった
研究分担(独)森林総合研究所,研究コーディネータ
予算区分イノベーション創出事業 委託・バイテク先端技術[光応答プロ] 技会・その他 林野庁交付金 林野庁・その他 文科省[科研費] 経産省・その他 環境省競争的資金 その他
業績(1)樹木の養分利用
(2)窒素飽和と富栄養化
(3)交配様式
(4)分布図
(5)地域集団内の構造、メタポピュレーション。 朝倉書店 (独)森林総合研究所編。ISBN978-4-254-47-46-8
(6)るるぶDo!樹木観察ハンドブック 山歩き編。
(7)Clonal identification by microsatellite loci in sporadic flowering of a dwarf bamboo species, Sasa cernua. オクヤマザサ部分開花集団におけるマイクロサテライト多型を用いたクローン解析
(8)Development of microsatellite markers for the dwarf bamboo species Sasa cernua and S. kurilensis (Poaceae) in northern Japan. オクヤマザサとチシマザサのマイクロサテライトマーカーの開発。
(9)Microsatellite polymorphism of Siebold’s beech (Fagus crenata Blume) at five National Forest Reserves in the Oshima Peninsula, southern Hokkaido. 北海道渡島半島国有林保護林のブナ5集団におけるマイクロサテライト多型。
(10)抗酸化酵素遺伝子、遺伝子組換え技術
(11)An efficient method for developing SNP markers based on EST data combined with high resolution melting (HRM) analysis.(ESTデータ利用とHRM解析とを組み合わせたSNPマーカーの効率的開発方法)
(12)Gene flow in an endangered willow Salix hukaoana (Salicaceae) in natural and fragmented landscapes
(13)Eighteen microsatellite loci in Salix arbutifolia (Salicaceae) and cross-species amplification in Salix and Populus species
(14)日本産樹木DNAバーコーディングの現状(2008)
(15)遺伝子の単離と機能解析概要、レクチン遺伝子、遺伝子プロモーター、カルタヘナ法(生物多様性影響評価)
(16)Development of EST-SSR markers from an inner bark cDNA library of Fagus crenata (Fagaceae)(ブナの内樹皮由来cDNAライブラリーからのEST-SSRマーカーの開発)
(17)Development of 120 microsatellite markers for Primula sieboldii E. Morren for linkage mapping(サクラソウにおけるリンケージマッピングのための120個のマイクロサテライトマーカーの開発)
(18)Management units of the endangered herb Primula sieboldii based on microsatellite variation among and within populations throughout Japan(日本全体の集団内部および間におけるマイクロサテライト変異にもとづく絶滅危惧種草本サクラソウのマネジメントユニット)
(19)Development and characterization of EST-SSR markers for Sciadopitys verticillata (Sciadopityaceae)(コウヤマキにおけるEST-SSRマーカーの開発とキャラクタライゼーション)
(20)Isolation and characterization of microsatellite loci in an endangered tree species, Afzelia xylocarpa (Kurz) Craib (Caesalpinioideae)(絶滅危惧種Afzelia xylocarpaにおけるマイクロサテライトの単離とキャラクタライゼーション)
(21)Development of 11 EST-SSRs for Japanese white birch, Betula platyphylla var. japonica and their transferability to related species(シラカバにおけるEST-SSRマーカー11個の開発と関連種へのトランスフェーラビリティ)
(22)Characterization of EST-SSRs from Cryptomeria japonica(スギのEST-SSRマーカーのキャラクタライゼーション)
(23)The contribution of pollen germination rates to uneven paternity among polycrosses of Cryptomeria japonica. (スギのポリクロスの中の不均一な父親貢献の発芽に与える影響)
(24)Mating patterns in an indoor miniature Cryptomeria japonica seed orchard as revealed by microsatellite markers. (スギのマイクロサテライトマーカーで明らかになった室内採種園での交配様式)
(25)光質の違いがオオシマザクラの種子発芽に及ぼす影響
(26)Formation of a complex with aluminum by ozone-treated kraft lignins and their low molecular weight fragments(アルカリ処理オゾン酸化クラフトリグニンとアルミニウムとの錯体形成)
(27)プロテインキナーゼ遺伝子
(28)細胞増殖因子遺伝子、成長制御、花成制御
(29)生物多様性条約
(30)生化学及びDNAマーカー
(31)h.完全長cDNAの大規模収集、c.環境ストレス耐性の付与
(32)花粉特異的遺伝子と花粉アレルゲン遺伝子
(33)樹木の遺伝
(34)遺伝子組換え技術の確立、除草剤耐性・虫害耐性の付与、オゾン感受性・抵抗性付与
(35)ヘミセルロース
(36)遺伝子組換えカンバと北海道産カンバ類の交雑リスクの推定-遺伝子組換えカンバ原種花粉による交雑種子の発芽と実生の生育状況-
(37)Biochemical analyses of indole-3-acetaldoxime-dependent auxin biosynthesis in Arabidopsis(シロイヌナズナにおけるインドール-3-アセトアルドキシム経由のオーキシン生合成経路の生化学的解析)
(38)樹木のゲノム
(39)Effects of growth stage on enzymatic saccharification and simultaneous saccharification and fermentation of bamboo shoots for bioethanol production.(タケの酵素糖化および同時糖化発酵によるバイオエタノール生産に及ぼす成長段階の影響)
(40)Purification and Biochemical Characterization of Recombinant Rice UDP-Arabinopyranose Mutase Generated in Insect Cells.
(41)構造遺伝子、適応遺伝子
(42)Extracellular peroxidase reaction at hyphal tips of white-rot fungus Phanerochaete crassa WD1694 and in fungal slime.(白色腐朽菌Phanerochaete crassa WD1694の菌体外ペルオキシダーゼ反応は菌糸先端とスライム内で生じる。)
(43)プロトプラスト培養
(44)The homologue of Lentinula edodes ctg1, a target for CDC5 and its interacting partner CIPC, from Coprinopsis cinerea is involved in fruiting-body morphogenesis of C. cinerea(ctg1遺伝子の担子菌における保存性とシイタケとネナガノヒトヨタケの子実体発生に関与する機能解明)
(45)In vitro ectomycorrhizal specificity between the Asian red pine Pinus densiflora and Tricholoma matsutake and allied species from worldwide Pinaceae and Fagaceae forests (アジア産アカマツとマツタケ及び広葉樹由来のマツタケ近縁種間での菌根合成様式)
(46)カスミザクラ
(47)コラム5ポプラ完全長cDNA、10章樹木のバイオテクノロジー序文、光合成関連遺伝子
(48)樹木の組織培養(個体再生技術)「不定胚形成」
(49)きのこ栽培と農薬規制等の動きについて
(50)ヤツガタケトウヒ
(51)小集団化と遺伝的多様性の減少
(52)人工光源の農林水産分野への応用
(53)微生物パルプ化
(54)18.1.2成分の利用 b.ヘミセルロースの利用
(55)量的形質の遺伝、樹木の進化と遺伝的多様性(概要)、分子生態(概要)
(56)第3章「光源利用の実際」6.キノコ
(57)Tangential and radial shrinkage variation within trees in sugi (Cryptomeria japonica) cultivars
(58)マツタケ
(59)Range-wide genetic structure in a north-east Asian spruce (Picea jezoensis) determined using nuclear microsatellite marker(核マイクロサテライトマーカーを用いた東北アジアのスプルース(エゾマツ)の広範囲にわたる遺伝的構造)
(60)Development and diversity of microsatellite markers for endangered species Clinostigma savoryanum(絶滅危惧種ノヤシのマイクロサテライトマーカーの開発と多様性)
(61)Polyethylene glycol improves somatic embryo maturation in big-leaf mahogany (Swietenia macrophylla King, Meliaceae) オオバマホガニー不定胚の成熟化におけるポリエチレングリコールの影響
(62)熱帯有用樹木種子の凍結保存
(63)熱帯有用樹セドロのプロトプラスト培養
(64)Genetic structure of Cerasus jamasakura, a Japanese flowering cherry, revealed by nuclear SSRs: implications for conservation.(保全に関わる核SSRを用いたヤマザクラの遺伝的変異)
(65)遺伝子地図、比較ゲノム
(66)15章 木材の性質
(67)組換え樹木の安全性評価技術概要、安全性評価技術、人工種子
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030093501
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat