b 木質系資源の機能及び特性の解明

b 木質系資源の機能及び特性の解明

課題番号2009014043
研究機関名森林総合研究所
研究期間2006-2010
年度2009
大課題(ア)新素材開発に向けた森林生物資源の機能解明
中課題b 木質系資源の機能及び特性の解明
小課題b 木質系資源の機能及び特性の解明
大項目1 研究の推進
中項目(1)重点研究領域
摘要木材の主成分であるリグニンの利用用途を広げるため、変質の少ないリグニン(低変成リグニン)を抽出する方法を開発した。木材を湿った状態で粉砕しながら酵素で糖化すると、85〜90%の高い糖化率となり、残渣として低変成のリグニンが得られた。この結果は工業的に生産されるリグニンより収率が高く、工業原料となる2-ピロン-4,6-ジカルボン酸(PDC)の製造に適した製法である。また、木材の物理的性質の解明として、スギ材の割れや狂いの発生機構を明らかにした。スギは品種や樹幹内の部位によって細胞壁成分(ミクロフィブリル)の構造や密度が大きく違うため、収縮の方向や率に影響し、狂いが生じやすくなることを明らかにした。
研究分担(独)森林総合研究所,研究コーディネータ
予算区分イノベーション創出事業 技会・その他 林野庁交付金 文科省[科研費] 文科省・JST競争的資金 経産省・その他 その他
業績(1)非木材パルプ
(2)16.1.1製材、16.1.2機械加工、16.1.3乾燥、16.1.3c乾燥材生産、
(3)Soil carbon and nitrogen, and characteristics of soil active layer in Siberian permafrost region(シベリア凍土地帯の土壌炭素、土壌窒素および活動層の特性)
(4)Antioxidant and antifungal activities of extracts from 15 selected hardwood species of Malaysian timber (15種のマレーシア産広葉樹抽出物の抗酸化活性及び抗菌活性)
(5)Evaluation of the decay resistance properties of Cerbera odollam extracts and their influence on properties of particleboard(ケレベラ抽出物の腐朽抵抗性の評価とパーティクルボードの性状に及ぼす影響)
(6)Combined cyclic voltammetry and in-situ electrochemical atomic force microscopy on lead electrode in sulfuric acid solution with or without lignosulfonate(サイクリックボルタンメトリーとその場原子間力顕微鏡を複合させた方法によるリグニンを添加あるいは添加していない硫酸中での鉛電極の解析)
(7)Amination of pyrogallol nucleus of condensed tannins and related polyphenols by ammonia water treatment.(縮合型タンニン類のピロガロール核のアンモニア水処理によるアミノ化)
(8)Evaluation of biological activities of extracts from 22 African tropical wood species.(22種のアフリカ熱帯産材抽出物の生物活性評価)
(9)Structure elucidation of uniformly 13C-labeled bacterial cellulose from different Gluconacetobactor xylinus strains.(系統の異なる酢酸菌由来の13Cラベル化したバクテリアセルロースの構造解析)
(10)Structures and physiological functions of silica bodies in the epidermis of rice plants.(イネ植物の葉表面上におけるシリカ体の配列構造と生理機能)
(11)Structural characterization of an O-linked tetrasaccharide from Pseudomonas syringae pv. tabaci flagellin.(タバコ野火病菌のフラジェリンから単離したO-結合四糖の構造解析)
(12)Microbial conversion of glucose to a novel chemical building block, 2-pyrone-4,6-dicarboxylic acid (グルコースから新規ビルディングブロックである2-ピロン-4,6-ジカルボン酸への微生物変換)
(13)様々な情報に対する植物の応答 -信号化学物質の機能について-
(14)木質材料の乾燥工程で排出する凝縮液の有効利用
(15)Evaluation of dried-wood odors -A comparison between analytical and sensory data on odors from dried sugi(Cryptomeria japonica)wood.(乾燥木材の香りの評価 スギ乾燥材の化学分析と主観評価の比較)
(16)Identification of Three Alcohol Dehydrogenase Genes Involved in the Stereospecific Catabolism of Arylglycerol-β-Aryl Ether by Sphingobium sp. Strain SYK-6(Sphingobium sp. Strain SYK-6 によるアリルグリセロールーβーアリルエーテルの立体選択的代謝に関わる3種のアルコールデヒドロゲナーゼの同定)
(17)Preparation of Hexenuronic Acid to Estimate the Discharge of AOX during ClO2 Bleaching(二酸化塩素漂白中のAOX生成を評価するためのヘキセンウロン酸の調製)
(18)15.1木材の組織構造と材質・15.2.1物理的性質・15.2.2機械的性質、概要
(19)Inorganic elements in typical Japanese trees for woody biomass fuel(木質バイオマス燃料のための主要日本産樹木に含まれる無機元素)
(20)Shear modulus of several kinds of Japanese bamboo obtained by flexural vibration test(振動試験より求めた国産竹材の剪断弾性係数)
(21)Diverse diet compositions among harpaline ground beetle species revealed by mixing model analyses of stable isotope ratios.
(22)動的せん断弾性率による高温乾燥スギ正角心持ち材の内部割れの評価
(23)Enzymatically derived aldouronic acids from Eucalyptus globulus glucuronoxylan(ユーカリのグルクロノキシランの酵素分解で得られたアルドウロン酸)
(24)土器作り叩き板の考古民族植物学的研究
(25)Wood properties of Picea koyamae: within-tree variation of grain angle, tracheid length, microfibril angle, wood density and shrinkage
(26)床下調湿用廃材由来木炭の吸放湿特性-賦活処理の影響-
(27)抽出成分
(28)16.1.3 a 乾燥の基礎
(29)c.膨潤・収縮、d.熱的性質
(30)広葉樹の材質
(31)f.粘弾性
(32)e.異方性
(33)ホンシメジ
(34)乾燥処理が木材の抽出成分と耐久性に及ぼす影響
(35)木材の性質、リグニン
(36)炭化法
(37)セルロースの利用
(38)抽出成分
(39)リグニンの利用
(40)木材の乾燥工程で排出される揮発性物質の実態
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030093502
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat