(ア)主要水産資源の変動要因の解明

(ア)主要水産資源の変動要因の解明

課題番号2009014048
研究機関名水産総合研究センター
研究期間2006-2010
年度2009
大課題ア.水産資源の持続的利用のための管理技術の開発
中課題(ア)主要水産資源の変動要因の解明
小課題(ア)主要水産資源の変動要因の解明
大項目第2 国民に対して提供するサービスその他業務の質の向上に関する目標を達成するためとるべき措置
中項目2 研究開発等の重点的推進
摘要混合域では餌プランクトンの長期的減少が示される中で、特に日本海では水温変動に伴うカイアシ類現存量変動がカタクチイワシの栄養状態や成熟・産卵に影響することが示され顕著な成果が得られた。日本海ではカニ類分布の海域差が成長・成熟との関わりで検討され、サンマやヒラメについては環境要因に依存する若齢期成長変異が親魚加入量に影響して、再生産に及ぼす影響が定量的に評価されつつある。小型浮魚類及びアカイカの卵仔魚分布情報が整備され、産卵場・養育場形成に及ぼす環境の影響解析が可能となった。特に東シナ海では主要魚類の生育場マップが提示され、カタクチイワシの輸送経路の推定に顕著な進捗を得ている。また、スケトウダラやカタクチイワシでは被食減耗の定量評価が可能となった。スルメイカでは移行域海洋環境が幼体資源量と相関することが示され、カタクチイワシおよびマイワシでは、加入量変動要因の抽出が行われ、特にスケトウダラでは加入量モデルや成長段階に対応した生命表の定量的な解析にも着手して顕著な進捗を得ている。また、低次群集構造変化が仔稚魚食物網構造に影響を及ぼすことが示唆され、低次生態系についても顕著な進捗が得られた。
研究分担(独)水産総合研究センター,北海道区水産研究所,亜寒帯漁業資源部,資源評価研究室
(独)水産総合研究センター,北海道区水産研究所,亜寒帯漁業資源部,生態系研究室
(独)水産総合研究センター,東北区水産研究所,八戸支所,資源生態研究室
(独)水産総合研究センター,東北区水産研究所,混合域海洋環境部,生物環境研究室
(独)水産総合研究センター,日本海区水産研究所,日本海海洋環境部,生物生産研究室
(独)水産総合研究センター,中央水産研究所,資源評価部,生態特性研究室
(独)水産総合研究センター,中央水産研究所,資源評価部,生理特性研究室
(独)水産総合研究センター,遠洋水産研究所,温帯性まぐろ資源部,生物特性研究室
(独)水産総合研究センター,遠洋水産研究所,外洋資源部,外洋生態系研究室
(独)水産総合研究センター,遠洋水産研究所,外洋資源部,外洋いか研究室
(独)水産総合研究センター,遠洋水産研究所,熱帯性まぐろ資源部,熱帯性まぐろ研究室
(独)水産総合研究センター,西海区水産研究所,東シナ海漁業資源部,資源生態研究室
(独)水産総合研究センター,遠洋水産研究所,熱帯性まぐろ資源部,数理解析研究室
(独)水産総合研究センター,北海道区水産研究所,亜寒帯漁業資源部,浮魚・頭足類生態研究室
(独)水産総合研究センター,東北区水産研究所,混合域海洋環境部
(独)水産総合研究センター,瀬戸内海区水産研究所,栽培資源部,資源管理研究室
(独)水産総合研究センター,日本海区水産研究所,日本海漁業資源部,資源評価研究室
(独)水産総合研究センター,日本海区水産研究所,日本海漁業資源部,資源生態研究室
(独)水産総合研究センター,東北区水産研究所,海区水産業研究部,沿岸資源研究室
(独)水産総合研究センター,日本海区水産研究所,日本海漁業資源部,資源生態研究室
協力分担関係北海道大学 北方生物圏フィールド科学センター
北海道立栽培水産試験場
北海道大学
北海道東海大学
東京農業大学
九州大学
東京大学
北海道立函館水産試験場
北海道立中央水産試験場
予算区分水産庁交付金 水産庁・その他 文科省[科研費]
業績(1)The Summer 2009 Japanese Salmon Research Cruise of the R/V Hokko maru: Exploration of the Northern Limit of Offshore Distribution and Annual Survey in the Bering Sea
(2)Glossanodon kotakamaru, a New Argentine Fish from Southern Japan (Protacanthopterygii : Argentinidae)
(3)九州北西岸におけるカタクチイワシの生物特性に関する研究
(4)Descents to 1,200m depth by jumbo flying squid (Dosidicus gigas) off Peru recorded using acoustic and pop-up tags
(5)Individual identification of spermatophores implanted in the mantle cavity offemale Illex argentinususing microsatellite DNA markers.
(6)Analysis of “Sakiika” Market between Japan and Korea
(7)Distribution of Jumbo Flying Squid in Mexico, Peru and Chile.
(8)改良漁具等の改良・実証試験
(9)ガリンコ号を使った流氷海域の海洋調査
(10)追い払い効果検証事業
(11)松前における被害防除試験
(12)浜益における被害防除試験
(13)トド被害対策レビュー
(14)遺伝学的手法を用いた系群解析
(15)回遊経路調査
(16)自動撮影カメラによる上陸場モニタリング(岩内)
(17)日本海沿岸域航空機目視調査
(18)日本海広域航空機目視調査
(19)平成21年度における海外イカの資源状況とそれをとりまく研究体制
(20)冬季の東シナ海南部海域におけるかいあし類現存量・生物量の経年変動
(21)Sapphirina属カイアシ類のウミタルに対する捕食行動-生態系における役割 -
(22)マミチョグのろ胞の発達過程におけるステロイド転換酵素の発現変動
(23)足摺岬周辺におけるゴマサバ雌の生殖周期
(24)ADCP と水位差データによる佐渡海峡の通過流量の推定
(25)浅海域生態系と沿岸資源の長期変動
(26)太平洋海域におけるマイワシ・カタクチイワシの生残過程の実態
(27)アメリカオオアカイカの利用拡大に関する研究開発4.産卵海域とその生物海洋学的環境.
(28)アメリカオオアカイカの利用拡大に関する研究開発5.DNA解析結果に基づくアメリカオオアカイカの利用実態.
(29)アメリカオオアカイカ利用拡大に関する研究開発3.サイズ分布と変動
(30)アメリカオオアカイカの利用拡大に関する研究開発2.ペルー沖におけるアメリカオオアカイカのCPUEと海洋環境との関係.
(31)Predation dynamics of mackerel on larval and juvenile anchovy: is capture success linked to prey condition?
(32)カラフトマスの周期的な個体数変動
(33)Dense beds of Ophiura sarsii limited by food supply in the Sea of Japan.
(34)Generalized method for unbiased estimation of spawning frequency in multiple batch spawning fish
(35)Oocyte packing density: further development of the theory for broader applications
(36)Management of declining Japanese sardine, chub mackerel and walleye pollock fisheries in Japan
(37)アメリカオオアカイカのサイズ分布と経年変動
(38)Salmon Distribution in Northern Japan during the Jomon Period, 2,000?8,000 Years Ago, and Its Implications for Future Global Warming
(39)太平洋沿岸におけるスルメイカの漁況予報手法
(40)カタクチイワシの初期生残に及ぼす母性効果
(41)紋別海域における低次生産構造の季節変化と北方性魚類の餌料環境との関係-II.紋別沿岸〜沖合域における海洋環境と基礎生産の季節変化
(42)FRA-JCOPE を用いてマアジの生息環境を考える
(43)Introduction to subarctic iron enrichment for ecosystem dynamics study II (SEEDS II)
(44)Sapphirinid copepods as predators of doliolids:their contribution to doliolids mortality and sinking flux
(45)Meso- and microzooplankton responses to an in situ iron fertilization experiment (SEEDSII) in the northwest subarctic Pacific
(46)親潮域春季ブルームの時空間変動: 調査船観測と衛星リモートセンシングのシナジー
(47)Community structure and photosynthetic physiology of phytoplankton in the northwest subarctic Pacific during an in situ iron fertilization experiment (SEEDS-II)
(48)Biogeochemical cycling of N and Si during the mesoscale iron-enrichment experiment in the westernsubarctic Pacific (SEEDS-II)
(49)Life history and ontogenetic vertical migration of Neocalanus gracilis (Dana) in the western North Pacific Ocean
(50)Relationships between survival period and temperature of newly hatched Pacific saury Cololabis saira under starvation conditions
(51)Effects of nutrients on diatom skeletal silicification: Evidence from Neodenticula seminae culture experiments and morphometric analysis
(52)新海洋像創設に向けた生物地球化学と生態学の統合研究
(53)Offshore Dolly Varden charr (Salvelinus malma) in the North Pacific
(54)対馬暖流域におけるマイワシ・カタクチイワシの加入量予測の現状
(55)日向灘から放流したブリ成魚の行動と海洋環境
(56)西部亜寒帯太平洋の生物生産機構と今後の研究展望
(57)Horizontal and vertical distributions of larvae of Pacific bluefin tuna Thunnus orientalis in patches entrained in mesoscale eddies.
(58)耳石の成長方向変化と生活年周期との関係
(59)マイワシ・カタクチイワシの加入量予測手法に関する現状の整理
(60)外洋性イカ類種判別のためのミトコンドリアDNA領域の検討
(61)Predicting the density distribution of Japanese common squid, Todarodes pacificus, using a numerical ocean predicting system
(62)奥尻島の小河川で捕獲されたナガレモンタイプのイワナ
(63)Responses of anchovy and sardine spawning to physical and biological factors in the Kuroshio Current system
(64)2008年春季の黒潮親潮移行域表層におけるカレイ類仔稚魚の分布
(65)Larval development and spawning ecology of euphausiids in the Ross Sea and its adjacent waters in 2004/05
(66)北海道西部海域の沖合底曳き網漁業対象種における漁獲特性の変化
(67)Bathymetric distribution of beni-zuwai crab Chionoecetes japonicus in the northern part of the Sea of Japan
(68)親潮および黒潮親潮移行域における動物プランクトンの変化
(69)Characteristics of physical environment around the appearance region of giant jellyfish, based on the reanalysis model data
(70)Seasonal and inter-annual oceanographic changes induce diet switching in a piscivorous seabird
(71)Plasticity in probabilistic reaction norms for maturation in a salmonid fish
(72)1970年前後におけるスルメイカ資源の変動
(73)1970年前後における対馬暖流系マイワシ資源の変化
(74)Numerical simulation on the giant jellyfish migration taking diurnal vertical self-motions into consideration.
(75)スケトウダラの再生産関係の検出
(76)サンマの時系列データ・生物情報の集積
(77)小型浮魚類の魚種交替に関する生物学的研究
(78)最近の広域な漁獲調査から推定される北西太平洋におけるマイワシ0〜1歳魚の季節的分布回遊
(79)The relationship between paralarval feeding and morphological changes in the proboscis andbeaks of the neon flying squid Ommastrephes bartramii.
(80)マイクロサテライトマーカーによるアルゼンチンマツイカ交接個体の個体識別
(81)Life history differences between seasonal cohorts of the neon flying squid associated with the oceanographic regime in the North Pacific.
(82)Downward carbon transport by diel vertical migration of the copepods Metridia pacifica and Metridia okhotensis in the Oyashio region of the western subarctic Pacific Ocean.
(83)本州南方海域東部における5月の低次生産構造
(84)The distribution of Steller sea lions (Eumetopias jubatus) in the Sea of Japan off Hokkaido, Japan: A preliminary report
(85)Nitrogen stable isotope ratio in the manila clam, Ruditapes philippinarum, reflects eutrophication levels in tidal flats
(86)FRA-JCOPE再解析値を用いたシラス輸送過程の考察
(87)西部北太平洋における海面クロロフィルの時空間スケール
(88)黒潮域における冬期混合層とカイアシ類濃度の関係
(89)曳縄漁業に加入する太平洋クロマグロ当歳魚の時空間分布と海洋環境
(90)クロマグロ稚仔の分布可能域を推定する
(91)Swimbladder Morphology and Target Strength of a Mesopelagic Fish, Maurolicus japonicus
(92)LCネット及び表中層トロール採集に基づく南西諸島海域でのクロマグロ稚魚とキハダ稚魚の出現
(93)千葉県館山湾におけるアイゴの生活年周期
(94)衛星海面高度計を用いた能登半島西方沖における冷水域の検出
(95)日周鉛直移動を考慮した日本海における大型クラゲの出現予測
(96)ペルー沖合におけるアメリカオオアカイカ漁場の環境特性
(97)千葉県館山湾におけるアイゴSiganus fuscescensの年齢と成長
(98)2000年代春季の日本海中部沿岸域における大羽カタクチイワシの成熟・産卵特性の経年変動
(99)カタクチイワシの成熟・産卵に及ぼす水温と給餌量の影響
(100)Photosynthetic features and primary productivity of phytoplankton in the Oyashio and Kuroshio-Oyashio transition egions of the northwest Pacific
(101)2006年にスケトウダラ日本海北部系群で高豊度年級群が発生した要因
(102)サンマの漁期前調査結果と衛星データを用いた回遊シミュレーション
(103)Long-term stock assessment and growth changes of the Japanese sardine (Sardinops melanostictus) in the Sea of Japan and East China Sea from 1953 to 2006
(104)太平洋沿岸におけるブリの日周鉛直移動とその季節変化
(105)FRA-JCOPEを用いたマイワシ加入量推定モデルの検討
(106)Patchiness structure and mortality of Pacific saury Cololabis saira larvae in the northwestern Pacific
(107)Immunological characterization and distribution of three GnRH forms in the brain and pituitary gland of chub mackerel (Scomber japonicus).
(108)インド洋東部熱帯域におけるカツオの産卵と海洋環境の関係
(109)長崎県対馬阿連における太平洋クロマグロ幼魚漁獲物体長組成の時間的変化
(110)東シナ海の生産力
(111)Habitat expansion and contraction in anchovy and sardine populations
(112)Seasonal variability in growth of larval Japanese anchovy Engraulis japonicus driven by fluctuations in sea temperature in the Kii Channel, Japan
(113)簡易式曳航カメラを用いた水中撮影
(114)日本海の漁業資源と資源管理手法
(115)小型浮魚類の初期生態と魚種交替過程に関する研究
(116)A novel mitochondrial sphingomyelinase in zebrafish cells
(117)Characterization of Parmales, a siliceous phytoplankton, isolated from the Oyashio water near Japan
(118)Rapid fluctuation in infection levels of Neoheterobothriumu hirame (Monogenea) in Japanese flounder Paralichthys olivaceus in the Joban area, Japan
(119)Contrasting responses in larval and juvenile growth to a climate-ocean regime shift between anchovy and sardine
(120)京都府沖合におけるアカガレイHippoglossoides dubius 雌の成熟体長の小型化(短報)
(121)Effects of habitat fragmentation by damming on salmonid fishes: lessons from white-spotted charr in Japan
(122)Okhotsk Sea ecosystem: Fishery production and research activities in Japan-Russiaadjoining area
(123)Distribution and migration of age-0 jack mackerel (Trachurus japonicus) in the East China and Yellow seas, based on seasonal bottom trawl surveys
(124)Rapid fluctuation in infection levels of Neoheterobothriumu hirame (Monogenea) in Japanese flounder Paralichthys olivaceus in the Joban area, Japan
(125)Effects of spawning stock biomass and environmental conditions on walleye pollock (Theragra chalcogramma) recruitment in the northern Japan Sea
(126)Small-scale variation in feeding environments for the Manila clam Ruditapes philippinarum in a tidal flat in Tokyo Bay
(127)Feeding ecology of larval and juvenile sardine (Sardinops melanostictus) and anchovy (Engraulis japonicus) in the western North Pacific
(128)Distribution and growth of chub mackerel Scomber japonicus and spotted mackerel S. australasicus larvae in the southern East China Sea (ECS) in response to oceanographic conditions
(129)Behavior of the cold water area off the Sado Island in the Japan Sea detected from satellite altimeter data
(130)Surface current structure and its variability in the southwestern Japan Sea derived by satellite-tracked surface drifters
(131)Modeling of Organic Matter Dynamics in the Mesopelagic Zone: A Perspective on Modeling andEcosystem Studies
(132)Influence of temperature on cruising speed of Pacific saury: Laboratory experiments with simple video techniques
(133)Role of heterotrophic dinoflagellates in the fate of diatoms released from fast ice in coastal water of Lutzow-Holm Bay, East Antarctica.
(134)Detection of UVBR-sensitive and-tolerant bacteria in surface waters of the western NorthPacific
(135)Effect of the oceanographic condition on the abundance of mesopelagic fish: Maurolicus japonicas in the Japan Sea
(136)常磐海域におけるマコガレイ成熟・産卵時期の南北差
(137)Long-term fluctuations in the biomass of sardine Sardinops melanostictus in the western Japanese waters (Sea of Japan and East China Sea) from 1953 to 2008, in relation to climate variability
(138)Ontogenetic and dielvariation in the vertical distribution of larvae of jack mackerel Trachurus japonicus in the East China Sea
(139)Factors Inducing the Spatial Variability of Spring Bloom Dynamics in the Oyashio Region.
(140)卵巣重量は繁殖への投資量の指標となるか?
(141)耳石薄片における性状の異なる3 タイプの不透明帯
(142)Jellyfish transport simulation taking the diurnal vertical migration into account
(143)Latitudinal variation in the otolith size-fish size relationship in masu salmon, Oncorhynchus masou
(144)Latitudinal variation in parr growth and maturation in anadromous masu salmon, Oncorhynchus masou
(145)北海道東部中規模河川庶路川における魚類の流程分布と魚類相の変遷
(146)Seasonal changes in the population densities of stream-dwelling salmonids in two contrasting tributaries of a subarctic river
(147)日本海南部におけるトガリサルパ(Salpa fusiformis)現存量の年変化
(148)Possible mechanisms of decadal scale variation in PO4 concentration in the western North Pacific
(149)紋別海域における低次生産構造の季節変化と冷水性魚介類の餌料環境との関係-III.プランクトン生産構造の季節変化とサケ稚魚の餌料環境の形成との関係
(150)紋別海域における低次生産構造の季節変化と冷水性魚介類の餌料環境との関係-I.海洋環境の季節変化、特に春季植物プランクトン生産に関わる環境特性
(151)Seasonal change in the relationship between otolith radius and body length in age-zero Pacific saury Cololabis saira
(152)TIDAL VARIABILITY OF BIOCHEMICAL COMPOSITION OF SPM AND FEEDING ENVIRONMENT OF MANILA CLAM, RUDITAPES PHILIPPINARUM IN BANZU INTERTIDAL SAND FLAT, JAPAN
(153)Tempo-spatial patternsof bacterial community composition in the western North Pacific Ocean
(154)カタクチイワシ太平洋系群の粗脂肪含有率の季節変動および粗脂肪含有率別漁獲量の推定
(155)春期の東シナ海におけるカタクチイワシの産卵生態
(156)Genetic identification of fish eggs collected in Sendai Bay and off Johban, Japan
(157)日本産マイワシ・カタクチイワシ仔稚魚の摂餌生態
(158)マグロ属稚魚採集におけるLCネットの有効性
(159)マアジの加入量予測手法に関する現状の整理
(160)北海道太平洋におけるスケトウダラの産卵地点と産卵時間帯
(161)冬季東シナ海南部海域におけるマアジ仔魚の摂餌状況の経年比較
(162)マイワシ太平洋系群・資源低水準期における当歳魚越冬群の推定孵化月組成
(163)高知県周辺海域産および長崎・山陰沿岸産マイワシにおける生殖特性の比較
(164)カタクチイワシ太平洋系群の脂肪蓄積と成熟・産卵特性の地域差について
(165)2007年におけるマサバ・ゴマサバ太平洋系群の孵化時期推定
(166)Do early growth dynamics explain recruitment success in Japanese flounder Paralichthys olivaceus off the Pacific coast of northern Japan?
(167)DNA分析に基づくヒラメ卵の同定と仙台湾・常磐海域における卵分布様式
(168)Long-term variation of zooplankton community off north eastern Japan (Oyashio and Oyashio-Kuroshio transition areas)
(169)オホーツク海紋別近海の海明け後の基礎生産
(170)親潮域春季ブルームの空間変動要因
(171)東北海域陸棚斜面における主要底魚類の摂餌量の定量化II. 日間摂餌量の推定
(172)佐渡沖冷水域と衛星海面高度計から求めた海面力学高度の関係
(173)日本海海況予測システムJADE解析値に現れた対馬暖流亜表層反流
(174)表層漂流ブイによる対馬暖流域の流動構造
(175)隠岐海峡で観測された 短周期流速変動
(176)北海道西岸沖における1次元海洋生態系モデルの構築
(177)Change of the species composition and reduction of the resource in small species of penaeid shrimp in Tosa Bay, Pacific coast of southwestern Japan
(178)Bathymetric distribution and migration of beni-zuwai crab Chionoecetes japonicus in the Sea of Japan
(179)FRA-JCOPEおよびJADEの運用に関する話題提供
(180)JADEデータを用いた1次元海洋生態系モデルの構築
(181)なぜスケトウダラ日本海北部系群の2006年級群は生残率が高かったか?
(182)東北海域陸棚斜面における主要底魚類の摂餌量の定量化 I. 現存量推定と食性把握
(183)漂流ブイによる対馬暖流の変動特性
(184)Food habits of Pacific cod along the Pacific coast of northern Japan, with special reference to predation impact on juvenile walleye pollock
(185)On the processes linking climate to ecosystem changes
(186)Marine Ecosystem Response to Perturbation Events: A Case Study of Iron Enrichment to HNLC subarctic North Pacific
(187)Characterization of Parmales, a siliceous phytoplankton, isolated from the Oyashio water from near Japan.
(188)東シナ海におけるマアジの初期生残過程の実態
(189)Population dynamics of an ice-associated diatom, Thalassiosira australis Peragallo, under fast ice near Syowa Station, East Antarctica, during austral
(190)Interdecadal Variability of the Structure of the Tsushima Warm Current in the Japan Sea
(191)RFLPによるカタクチイワシとタイワンアイノコイワシの判別
(192)Pacific saury response to climate change and its improvements by considering the influence of Japanese sardine and laboratory experimental approaches
(193)FRA-JCOPE海況予測システム
(194)Interannual variability of subsurface temperature in summer induced by the Kuroshio over Bungo Channel, Tosa Bay, and Kii Channel, south of Japan
(195)夏季の南極海定着氷下における珪藻群集の動態
(196)Temporal and spatial variations in photosynthetic physiology of diatoms during the spring bloom in the western subarctic Pacific
(197)北海道周辺海域のトド:被害と対策の現状
(198)春季の黒潮続流周辺海域における被嚢類動物プランクトン群集の分布と組成
(199)トド来遊量推定調査とPBR算定、および行動追跡調査
(200)黒潮続流域春季ブルーム期におけるカイアシ類群集遷移機構
(201)潮位計から求めた佐渡周辺海域の対馬暖流第一分枝の季節変化
(202)衛星データを用いたサンマ回遊シミュレーション
(203)東シナ海における動物プランクトン群集の長期変動
(204)オキアミ類の水平・垂直分布並びに個体群構造
(205)みらいによる生態系と時系列観測に対する期待と要望-PICES FUTUREより
(206)近年の日本近海産ヒトデ類の新知見
(207)平成21年度資源動向要因分析調査報告書「10010 太平洋・東シナ海海況予測システムの開発」
(208)日本海対馬暖流域の低次生態系研究
(209)長期間の海洋環境データセットの整備
(210)大西洋ニシンおよびヒラメ卵巣内の卵母細胞収容密度と卵母細胞径の関係
(211)餌料環境調査
(212)東シナ海中長期変動分析調査
(213)マアジ加入実態把握調査
(214)マアジ対馬暖流系群 (中課題報告書)
(215)2008年の太平洋におけるスルメイカの漁況について
(216)混合域漁場における栄養塩動態及び餌料環境. 平成21年度資源動向要因分析調査報告書
(217)日本周辺海域における植物プランクトン現存量と基礎生産量の季節・経年変動の把握
(218)サンマの数を正確に推定するために
(219)平成21年度サンマ太平洋北西部系群の資源評価
(220)資源動向要因分析調査課題報告書(サンマ太平洋北西部系群)
(221)スケトウダラ太平洋系群
(222)2005年に採集された未産1歳魚のふ化月の推定-資源動向要因分析調査報告-
(223)硬組織による成長・ふ化時期研究(硬組織研究)
(224)サケ漁業について
(225)Dynamics of marine ecosystems: ecological processes
(226)資源水準指標と環境要因のレトロスペクティブ解析
(227)北上期におけるサンマの餌生物としての動物プランクトンの分布
(228)三陸沿岸域におけるサケ稚幼魚の成長,食性,およびニシン仔稚魚との生態的関係
(229)北西太平洋海域における海洋構造とサンマの分布について
(230)サンマ資源動向要因分析調査の経過と今後の課題
(231)Growth and maturation of Pacific saury Cololabis saira under laboratory conditions
(232)Distribution and abundance of prey species and prey preference of common minke whale Balaenoptera acutorostrata in the coastal component of JARPN II off Kushiro from 2002 to 2007
(233)魚種交替に伴う高次捕食者の摂餌生態的な変化
(234)日本海西部におけるズワイガニ属幼生の分布
(235)Methodology and procedures of common minke whale’s preys survey in JARPN Ⅱ-Coastal component of Kushiro-
(236)日本沿岸におけるトラフグの集団構造と放流魚の自然再生産
(237)2008年のサンマの資源状態
(238)漁況調査結果(2008年の漁況の経過)
(239)2008年漁期前調査結果
(240)トド 北太平洋沿岸・オホーツク海・ベーリング海
(241)日本海の中長期変動モデルの開発
(242)トラフグ放流魚の天然海域における再生産効果の検証
(243)くーちゃんを追え!-ラッコの個体識別-
(244)日本沿岸におけるトラフグの集団構造と放流効果
(245)Structure of the marine ecosystem of the Ross Sea, Antarctica - overview and synthesis of the results of a Japanese multidisciplinary study by Kaiyo-Maru and JARPA -
(246)スケトウダラ太平洋系群の加入量変動要因〜モデルからの推測〜
(247)スケトウダラ太平洋系群の資源状況
(248)サンマの資源動向
(249)春季,日本海中部沿岸域における近年10年間のカイアシ類の動態と水温の影響
(250)礫石を用いたヒラメ仔稚魚の日齢査定
(251)ある時期のヒラメで発見!その子供に注目!
(252)クロマグロ仔稚魚調査と早期来遊予測への貢献
(253)生残過程から見た再生産関係の問題点
(254)Three predominant species groups of deep-sea whelks (Gastropoda: Buccinidae) within the Sea of Japan: their molecular taxonomy and geographic distribution.
(255)北太平洋西部にけるカタクチイワシとマイワシの資源量変動機構
(256)太平洋スルメイカの資源状況
(257)2008年〜2009年の太平洋スルメイカ漁況
(258)日本海におけるアカガレイの食性 ー新潟沖を中心にー
(259)2008年〜2009年春期の我が国太平洋岸におけるマアジ仔魚の分布状況
(260)2008年〜2009年春期の我が国太平洋岸におけるマサバ及びゴマサバ卵・仔魚の分布状況
(261)2008年〜2009年春期の我が国太平洋岸におけるウルメイワシ卵・仔魚の分布状況
(262)2008年〜2009年春期の我が国太平洋岸におけるカタクチイワシ卵・仔魚の分布状況
(263)2008年〜2009年春期の我が国太平洋岸におけるマイワシ卵・仔魚の分布状況
(264)ベニズワイの生活史と漁場水深の関係から持続的な利用を探る
(265)サンゴ礁周辺海域におけるフエダイ科魚類の資源特性の解明
(266)特集 鯨 回遊や潜水行動を調べる
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030093507
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat