(イ)水産資源を安定的に利用するための管理手法の開発

(イ)水産資源を安定的に利用するための管理手法の開発

課題番号2009014049
研究機関名水産総合研究センター
研究期間2006-2010
年度2009
大課題ア.水産資源の持続的利用のための管理技術の開発
中課題(イ)水産資源を安定的に利用するための管理手法の開発
小課題(イ)水産資源を安定的に利用するための管理手法の開発
大項目第2 国民に対して提供するサービスその他業務の質の向上に関する目標を達成するためとるべき措置
中項目2 研究開発等の重点的推進
摘要環境収容力を把握するため東北沖太平洋の底魚類およびオキアミ類について現存量・時空間的分布等に関する調査を行った。資源変動や資源評価に不確実性が伴うアジ・サバについて、漁業情報と海洋環境データを統合して数値的根拠を持った漁況予測手法を開発し、さらに価格も考慮した加入当たり漁獲量解析を行い、生産額維持と資源管理回復を図る漁獲方策を構築した。動物プランクトンから魚食魚までの28要素からなる日本海の基本構造を再現する生態系モデルを構築した。ベーリング海・北太平洋におけるサケ成長モデルと海洋生態系モデルを結合し、サケ資源量変動が海洋生態系に与える影響を試算した。改良を施した目視調査法によるツチクジラ調査を継続し本種の潜水行動データを合わせることにより目視調査法を完成させ、資源量推定値改訂に必要な情報整備を行った。年齢査定の不確実性が統合モデルで行われる資源評価に与える影響を明らかにし影響評価手法の一般化に向けた改善を検討した。ポアソン分布の区間推定とレフコビッチ行列モデルにより資源動態モデルやパラメータの区間推定手法の改善を行った。
研究分担(独)水産総合研究センター,東北区水産研究所,八戸支所,資源評価研究室
(独)水産総合研究センター,東北区水産研究所,混合域海洋環境部,高次生産研究室
(独)水産総合研究センター,日本海区水産研究所,日本海漁業資源部)
(独)水産総合研究センター,中央水産研究所,水産経済部,漁業管理研究室
(独)水産総合研究センター,中央水産研究所,資源評価部,数理解析研究室
(独)水産総合研究センター,中央水産研究所,資源評価部,資源動態研究室
(独)水産総合研究センター,遠洋水産研究所,外洋資源部,鯨類管理研究室
(独)水産総合研究センター,遠洋水産研究所,熱帯性まぐろ資源部,数理解析研究室
(独)水産総合研究センター,西海区水産研究所,東シナ海漁業資源部,資源評価研究室
(独)水産総合研究センター,西海区水産研究所,石垣支所,漁業資源研究室
(独)水産総合研究センター,遠洋水産研究所,外洋資源部,鯨類生態研究室
(独)水産総合研究センター,本部,研究推進部
(独)水産総合研究センター,遠洋水産研究所,温帯性まぐろ資源部,かつお・びんなが研究室
(独)水産総合研究センター,北海道区水産研究所,海区水産業研究部
(独)水産総合研究センター,中央水産研究所,水産経済部,流通システム研究室
(独)水産総合研究センター,遠洋水産研究所,熱帯性まぐろ資源部,数理解析研究室
(独)水産総合研究センター,遠洋水産研究所,外洋資源部,外洋いか研究室
(独)水産総合研究センター,遠洋水産研究所,熱帯性まぐろ資源部,混獲生物研究室
(独)水産総合研究センター,北海道区水産研究所,亜寒帯漁業資源部,浮魚・頭足類生態研究室
協力分担関係徳島大学
山口県水産研究センター
東京大学 海洋研究所
東京農業大学
予算区分新たな農林水産政策を推進する実用技術開発事業 水産庁交付金 文科省[科研費]
業績(1)稚魚と餌環境のエネルギー需給バランス
(2)Long-term variation of zooplankton community off north eastern Japan (Oyashio and Oyashio-Kuroshio transition areas)
(3)日本系サケの資源変動とふ化放流に関する考察
(4)2008-2009年の公海タグの回収と北太平洋における公海調査船調査からの2009年のタグ放流
(5)東北海域陸棚斜面における主要底魚類の摂餌量の定量化II. 日間摂餌量の推定
(6)Genetic population structure and morphological characters of Japanese psychrolutids of genus Malacocottus (Scorpaeniformes: Psychrolutidae). Ichthyol. Res., accepted
(7)Recruitment of threadfin hakeling Laemonema longipes off the Pacific coast of northern Honshu, Japan.
(8)東北海域陸棚斜面における主要底魚類の摂餌量の定量化 I. 現存量推定と食性把握
(9)合理的操業モデル構築体制整備事業(北太平洋サンマ漁業)
(10)マイワシ太平洋系群・資源低水準期における当歳魚越冬群の推定孵化月組成
(11)野生生物の擬似反復データに対する資源選択性分析
(12)Lower-trophic-ecosystem monitoring in the Oyashio region and application of an automated approach for calibrating the NEMURO nutrient-phytoplankton-zooplankton food web model in the Oyashio region.
(13)Report from Japan (group user rights for enhance in small scaled fisheries development and management)
(14)複数種資源動態モデルを用いた漁獲の影響比較
(15)2009年に行われた調査結果の概要
(16)イシイルカ
(17)小型鯨類(総説)
(18)スナメリ
(19)日本産マイワシ・カタクチイワシ仔稚魚の摂餌生態
(20)ツチクジラ 太平洋・日本海・オホーツク海
(21)Salmon Stock Assessment in the North Pacific Ocean, 2009
(22)Supplement to the sensitivity analysis of natural mortalityschedule on the stock assessment results of PBF: bootstrap,future projection and yield-per-recruit analysis
(23)Research of euphausiids in Japan
(24)Distribution and CPUE Trends in Pacific Salmon, Especially Sockeye Salmon in the Bering Sea and Adjacent Waters from 1972 to the mid 2000s
(25)特集 鯨 回遊や潜水行動を調べる
(26)日本沿岸におけるツチクジラ外部形態プロポーションの地理的変異
(27)Response of yellowtail Seriola quinqueradiata in the Japanese waters to sea water temperature over the last century and potential effect of global warming
(28)Effects of habitat fragmentation by damming on salmonid fishes: lessons from white-spotted charr in Japan
(29)Report from Japan (co-management for promotion of using indicators and participation)
(30)2010年の日本のさけ・ます資源調査計画
(31)鯨類はどんな動物か
(32)Okhotsk Sea ecosystem: Fishery production and research activities in Japan-Russiaadjoining area
(33)Proposed Cruise Plans of Japanese Research Vessels for Salmon in the North Pacific Ocean in 2010
(34)Contrasting responses in larval and juvenile growth to a climate-ocean regime shift between anchovy and sardine
(35)魚類の運動エネルギーに関する研究
(36)外海砂浜域および内湾域における主要貝類の安定同位体比の比較
(37)Interannual-decadal variability of demersal fish community in the Japan Sea: Impacts of climate regime shifts and trawl fishing with recommendations for ecosystem-based management.
(38)魚種交替に伴う高次捕食者の摂餌生態的な変化
(39)周防灘におけるトラフグ放流魚の自然再生産
(40)春季,日本海中部沿岸域における近年10年間のカイアシ類の動態と水温の影響
(41)東北太平洋岸海域における底生生物群集の時空間変動:時間的・空間的視点でのβ多様性
(42)Spatial variation of quantitative color traits in green and black types in the sea cucumber Apostichopus japonicus (Stichopodidae) using image processing
(43)2008年の底魚類現存量調査
(44)Growth of Pacific bluefin tuna and its effect on the stock assessment results
(45)日本海の漁業資源と資源管理手法
(46)東北海区における沖合底びき網漁業と主要底魚類の動向(2007年)
(47)Management of declining Japanese sardine, chub mackerel and walleye pollock fisheries in Japan
(48)Understanding the interactions between ecosystem structure and fisheries structure:The case of the sarding ,anchovy ,chub,mackerel,and purse seine fisheries in Japan
(49)東北海域におけるマダラ・スケトウダラ新規加入量調査結果(2008年)
(50)Site fidelity, size, and spatial arrangement of daytime home range of thumbprint emperor Lethrinus harak (Lethrinidae).
(51)スケトウダラ太平洋系群内における東北加入群の位置付け
(52)Offshore Dolly Varden charr (Salvelinus malma) in the North Pacific
(53)「我が国における総合的な水産資源・漁業の管理のあり方」について
(54)Body Size of Maturing Chum Salmon in Relation to Sea Surface Temperatures in the Eastern Bering Sea
(55)Bias-corrected size trends in chum salmon in the central Bering Sea and North Pacific Ocean
(56)Preliminary analysis on possible stock boundary of striped marlin in the north Pacific using fisheries data of Japanese longliners
(57)サカナを大事にとるためにはどうすればよいか
(58)Changes in the plasma levels of insulin-like growth factor-I from the onset of spawning migration through upstream migration in chum salmon
(59)合理的なまき網漁業の戦略
(60)Factors Inducing the Spatial Variability of Spring Bloom Dynamics in the Oyashio Region.
(61)若鷹丸でコツコツ底魚類を調べています。
(62)Non-linear and graphical methods for fish stock analysis with statistical modeling.
(63)マガキによる有害ラフィド藻Chattonella属プランクトンの捕食
(64)「我が国における総合的な水産資源・漁業の管理のあり方」について
(65)三陸〜常磐近海の水温変動とマダラ加入量変動との関係
(66)2010年の日本のさけ・ます資源調査計画
(67)A sensitivity analysis of stock assessment for Pacific bluefin tunausing SS3 and the new mortality schedule
(68)2008-2009年の公海タグの回収と北太平洋における公海調査船調査からの2009年のタグ放流
(69)Research of euphausiids inJapan
(70)「我が国における総合的な水産資源・漁業の管理のあり方」取りまとめから
(71)2009年にロシア200海里内漁業により採集されたさけ・ます類の年齢組成
(72)サケ稚魚放流技術の高度化に関する研究V.降海・放流地点に留まるサケと移動するサケ
(73)2009年の北太平洋におけるさけ・ます類の資源評価
(74)カツオ漁場形成機構の解明とカツオ来遊資源動向予測に向けた取り組み
(75)Spatio-temporal variations in nutritional status and feeding habits of immature female bighand thornyhead Sebastolobus macrochir off the Pacific coast of northern Honshu, Japan.
(76)Feeding ecology of the swordfish Xiphias gladius in the subtropical and transition zone of the western North Pacific
(77)流通統計・貿易統計からみたサバ類資源の管理方策
(78)東北海域におけるスケトウダラ稚魚の成長および食性
(79)Interannual-interdecadal variations of spear squid Loligo bleekeri abundance in the southwestern Japan Sea during 1975-2006: impacts of the trawlfishing and recommendations for management under the different climate regimes.
(80)Recoveries of High-Seas Tags in 2008-2009 and Tag Releases in 2009 from High-seas Research Vessel Surveys in the North Pacific Ocean
(81)コビレゴンドウGlobicephala macrorhynchus北方型(タッパナガ)と南方型(マゴンドウ)の群れサイズと混群形成についての比較
(82)2001〜2008年5〜7月の北西太平洋におけるサバ類0歳魚の分布,体長組成と加入豊度との関係
(83)2008年のサケ来遊不振について
(84)本州太平洋におけるサケ来遊数の低迷
(85)親潮および黒潮親潮移行域における動物プランクトンの変化
(86)1970年代における対馬暖流海域(日本海)の漁業資源の変化
(87)Rapid Estimation of Lipid Content of Immature Chum and Pink Salmon in the Ocean with a Hand Held Microwave Meter
(88)Plasticity in probabilistic reaction norms for maturation in a salmonid fish
(89)マイワシ 加入が大変動する資源
(90)ズワイガニの再生産関係を用いないアプローチ
(91)日本における海洋保護区とモニタリング
(92)2000年代春季の日本海中部沿岸域における大羽カタクチイワシの成熟・産卵特性の経年変動
(93)時間遅れのある内部ダイナミクスによる密度非依存的な個体群変動
(94)Abundance of J-stock common minke whales in the Sea ofJapan using the Japanese sighting data with g(0)=1
(95)Japan. Progress report on cetacean research, April 2008 toMarch 2009, with statistical data for the calendar year2008 or the season 2008/09
(96)International Salmon Research Aboard the R/V Wakatake maru in the Central North Pacific Ocean and Bering Sea during the Summer of 2009
(97)マサバ・ゴマサバの再生産成功率(RPS)を用いた解析
(98)土佐湾におけるシラス3種の摂餌生態と成長
(99)最近の広域な漁獲調査から推定される北西太平洋におけるマイワシ0〜1歳魚の季節的分布回遊
(100)Cruise report of the second phase of the Japanese Whale Research Program under Special Permit in the Western North Pacific (JARPN II) in 2008 (Part II) - Coastal component off Kushiro.
(101)日本海における小型浮魚類の肥満度の長期変動特性とレジームシフトの影響
(102)サケ稚魚の遊泳エネルギー解析
(103)冬季の三陸沖陸棚斜面におけるイシイルカの餌選択性
(104)北海道知床斜里沿岸域におけるサケ幼稚魚の餌環境と海洋環境要因との関係
(105)特集鯨:分布と生息数を調べる
(106)Offshore Distributions of Anadromous Lamprey and Threespine Stickleback
(107)2007年におけるマサバ・ゴマサバ太平洋系群の孵化時期推定
(108)太平洋海域におけるマイワシ・カタクチイワシの生残過程の実態
(109)クジラのカラダから生態を調べる
(110)Relationship in temporal variability between temperature and recruitment of Pacific cod (Gadus macrocephalus) off the northeast coast of Japan
(111)Predation dynamics of mackerel on larval and juvenile anchovy: is capture success linked to prey condition?
(112)Dynamics of marine ecosystems: ecological processes
(113)漁獲量は「観測データ」として使えるのか:サメガレイ個体群の階層ベイズモデリング
(114)Possible mechanisms of decadal scale variation in PO4 concentration in the western North Pacific
(115)Fisheries management in Indonesia and Japan
(116)カラフトマスの周期的な個体数変動
(117)A novel statistical method for validating the periodicity of vertebral growth band formation in elasmobranch fishes
(118)The Summer 2009 Japanese Salmon Research Cruise of the R/V Hokko maru: Exploration of the Northern Limit of Offshore Distribution and Annual Survey in the Bering Sea
(119)瀬戸内海におけるカタクチイワシの加入量予測の現状
(120)漁獲量は「観測データ」として使えるのか:サメガレイ個体群の階層ベイズモデリング
(121)排卵後濾胞の組織学的観察手法の改良
(122)ポアソン分布の区間推定
(123)Biomass and mortality of chum salmon in the pelagic Bering Sea
(124)Assessment of reproductive potential in multiple-spawning fish with indeterminate fecundity: a case study of yellow sea bream Dentex hypselosomus in the East China Sea.
(125)平成21年度日本海西部ズワイガニ資源評価の結果について
(126)Temporal changes in life history traits and their effects on reproductive potential in an exploited Pacific cod.
(127)Brief report on improvement of slaughtering method in dolphin drive fisheries in Taiji, Japan during the years between 2000 and 2009.
(128)Feeding ecology of larval and juvenile sardine (Sardinops melanostictus) and anchovy (Engraulis japonicus) in the western North Pacific
(129)日本海と太平洋におけるツチクジラの噴気の同調性の比較
(130)個体群変動のランダムウォーク
(131)Investigation of the geographical origin and migration of anchovy Engraulis japonicus in Tachibana Bay, Japan: A stable isotope approach
(132)北太平洋西部にけるカタクチイワシとマイワシの資源量変動機構
(133)Comparison of sampling gear (MOHT vs. BONGO net): implication for euphausiids abundance
(134)親潮域春季ブルームの空間変動要因
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030093508
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat