(エ)水産資源の合理的利用技術の開発

(エ)水産資源の合理的利用技術の開発

課題番号2009014051
研究機関名水産総合研究センター
研究期間2006-2010
年度2009
大課題ア.水産資源の持続的利用のための管理技術の開発
中課題(エ)水産資源の合理的利用技術の開発
小課題(エ)水産資源の合理的利用技術の開発
大項目第2 国民に対して提供するサービスその他業務の質の向上に関する目標を達成するためとるべき措置
中項目2 研究開発等の重点的推進
摘要かつお・まぐろ,イカ類を対象に効率的操業パターンの開発に取り組んだ。海外まき網漁業では,小型まぐろ類の混獲回避手法に関して水産庁調査船・当業船と共同で調査した。遠洋かつお釣漁業では,衛星情報を活用した漁場探索技術や船上活餌畜養装置に係わる省エネ技術の開発,漁獲物の付加価値向上等に取り組み,成果は当業船への波及効果も大きく特筆される。いか釣漁業では減光した船上灯とLED水中灯の併用による省エネ操業技術の開発等に取り組んだ。公海のさんま棒受網漁業では,漁場形成の知見を得たほか運搬船を導入した船団操業の取り組みを開始した。生態系保全に関する技術開発研究では,開発した海鳥の個体群動態モデルを元に,近海まぐろはえなわ漁業における仮想的な混獲データ作成による混獲回避措置導入の効果予測手法の開発に取り組み,底曳網漁業において海底への影響を緩和した漁具による試験操業を実施し,着底種と離底種の漁獲状況を調査した。さらに、生態系と水産業の発展を両立させる漁業管理については,新たな数理生態系モデルや日本型海洋保護区について整理するとともに,研究者間の連携を図り,生態系動態を把握する手法の開発等に取り組んだ。
研究分担(独)水産総合研究センター,遠洋水産研究所,熱帯性まぐろ資源部,混獲生物研究室
(独)水産総合研究センター,水産工学研究所,漁業生産・情報工学部,漁具・漁法グループ
(独)水産総合研究センター,開発調査センター,底魚・頭足類開発調査グループ)
(独)水産総合研究センター,開発調査センター,浮魚類開発調査グループ)
(独)水産総合研究センター,開発調査センター,浮魚類開発調査グループ)
(独)水産総合研究センター,開発調査センター,浮魚類開発調査グループ)
(独)水産総合研究センター,開発調査センター,底魚・頭足類開発調査グループ)
(独)水産総合研究センター,中央水産研究所,水産経済部,漁業管理研究室
(独)水産総合研究センター,遠洋水産研究所,熱帯性まぐろ資源部,熱帯性まぐろ研究室
(独)水産総合研究センター,遠洋水産研究所,熱帯性まぐろ資源部,混獲生物研究室
(独)水産総合研究センター,遠洋水産研究所,熱帯性まぐろ資源部,数理解析研究室
(独)水産総合研究センター,遠洋水産研究所,外洋資源部,外洋生態系研究室
予算区分水産庁交付金 水産庁・その他
業績(1)平成20年度アメリカオオアカイカ調査の概要
(2)水産資源の持続的利用と将来の漁業生産技術 -第4話 環境保全型漁業生産技術-
(3)メキシコとチリにおけるアメリカオオアカイカの加工流通
(4)ジンベエザメ 日本周辺
(5)講演:伏島一平,『海洋水産資源開発事業(資源対応型:遠洋まぐろはえなわ)概要報告(太平洋中・東部海域)』,平成21年度まぐろ調査研究成果報告会,H22.2.18
(6)青い釣餌には海鳥の混獲を減らす効果があるか
(7)アメリカオオアカイカの利用拡大に関する研究開発7.加工流通
(8)ヨシキリザメ 全水域
(9)アオザメ 全水域
(10)ネズミザメ・ニシネズミザメ 全水域
(11)その他外洋性さめ類 北太平洋
(12)Descents to 1,200m depth by jumbo flying squid (Dosidicus gigas) off Peru recorded using acoustic and pop-up tags
(13)いか釣漁業におけるLED水中灯導入の試み
(14)第二吉丸平成20年度事業実績及び平成21年度事業計画
(15)講演:上原崇敬,『エコ・メバチ』,食のブランド・ニッポン2009 食材紹介セミナー
(16)海洋水産資源開発事業(いか釣)平成21年度調査について
(17)アカイカ胃内容物のDNA分析
(18)Quantitative assessment of impacts on the sandlance population by consumption of minke whales.
(19)第二吉丸平成20年度事業実績及び平成21年度事業計画
(20)海洋水産資源開発事業(北太平洋さんま漁業)平成20年度調査結果概要・平成21年度調査計画概要
(21)平和丸平成20年度事業実績報告
(22)アロメトリー関係式を利用した生態系モデル
(23)アメリカオオアカイカの利用拡大に関する研究開発2.ペルー沖におけるアメリカオオアカイカのCPUEと海洋環境との関係.
(24)アメリカオオアカイカ利用拡大に関する研究開発3.サイズ分布と変動
(25)アメリカオオアカイカの利用拡大に関する研究開発5.DNA解析結果に基づくアメリカオオアカイカの利用実態.
(26)アメリカオオアカイカの利用拡大に関する研究開発4.産卵海域とその生物海洋学的環境.
(27)平成20年度海洋水産資源開発事業(資源対応型:遠洋まぐろはえなわ,太平洋中・東部海域)調査報告書(報告書番号20年度 No.1 H21.11)
(28)講演:伏島一平,『遠洋まぐろはえなわ漁船において保冷温度を上げることによる省エネルギー効果と品質に及ぼす影響』,開発丸のまぐろ凍結製品に係わる意見交換会,H21.6.12
(29)講演:上原崇敬,『平成20年度開発丸生産分の販売結果とメバチマグロの品質分析結果-販売結果』,開発丸のまぐろ凍結製品に係わる意見交換会,H21.6.12
(30)講演:伏島一平,『遠洋まぐろはえなわ漁船における漁獲物の適正温度管理による省エネルギー効果』(第7回技術交流セミナー)
(31)Fisheries diversity and ecosystem-based management
(32)Expanding Fisheries Co-management to Ecosystem-based management: A case in the Shiretoko World Natural Heritage, Japan
(33)Development of an adaptive marine ecosystem management and co-management plan at the Shiretoko World Natural Heritage Site
(34)平成20年度海洋水産資源開発事業報告(速報)(海外まき網:熱帯インド洋海域)(開発ニュース No.368 H21.10)
(35)知床世界遺産における生態系保全のルールづくり
(36)Effect of bait species and color on sea turtle bycatch and fish catch in a pelagic longline fishery
(37)Individual identification of spermatophores implanted in the mantle cavity offemale Illex argentinususing microsatellite DNA markers.
(38)冷凍アメリカオオアカイカを原料とした冷凍すり身の開発
(39)Analysis of “Sakiika” Market between Japan and Korea
(40)Distribution of Jumbo Flying Squid in Mexico, Peru and Chile.
(41)平成20年度海洋水産資源開発事業報告(速報)(資源対応型:遠洋まぐろはえなわ,太平洋中・東部海域)(開発ニュース No.377 H21.7)
(42)講演『To reduce the catch of juvenile Bigeye by purse-seine FADs operation - A Field Research in Jul-Aug 2009 -』(ISSF Meeting in Sukarrieta, Spain, H21.11.25)
(43)第二吉丸平成20年度事業実績報告
(44)平成20 年度海洋水産資源開発事業報告書(資源対応型:いか釣II〈北太平洋中・西部海域:第二吉丸〉)
(45)Development of bycatch reduction trawl nets to have benefits for fishermen
(46)海域生態系保全における漁業の役割と可能性:知床世界遺産を例として
(47)メバチにおける大西洋とインド-太平洋間の制限された遺伝子流動
(48)平成21年度海洋水産資源開発事業(資源対応型:いか釣〈北太平洋中・西部海域及び日本海海域:第二吉丸〉)報告(速報)
(49)平成21年度海洋水産資源開発事業報告書(資源対応型:北太平洋さんま漁業:北太平洋中・西部海域)
(50)平成20年度海洋水産資源開発事業報告(資源対応型:遠洋かつお釣,太平洋中・西部海域)調査報告書(報告書番号20年度 No.4 H21.12)
(51)「我が国における総合的な水産資源・漁業の管理のあり方」取りまとめから
(52)漁業への生態系アプローチと生態系ベース管理の概要
(53)講演:伏島一平『遠洋かつお一本釣漁船の冷却装置にインバーターや新制御技術の導入による省エネルギー技術の実証試験』(第11回ジャパン・インターナショナル・シーフードショー東京,水産業の省エネルギー技術の開発・実証・普及について、H21.7.23)
(54)ペルー沖合におけるアメリカオオアカイカ漁場の環境特性
(55)サメ資源学者のための保全生態学入門
(56)中層水温図を活用したカツオの漁場探索(FRAニュース Vol.21)
(57)かつお一本釣漁船省エネ技術開発-2:カタクチイワシの水温耐性試験
(58)日本における海洋保護区とモニタリング
(59)かつお一本釣漁船省エネ技術開発-3:カタクチイワシのアンモニア濃度耐性
(60)平成20年度海洋水産資源開発事業(資源対応型:いか釣:熱帯太平洋東部海域:第八白嶺丸)報告(速報)
(61)平成20年度平和丸調査の概要
(62)講演『海洋水産資源開発事業(海外まき網:熱帯インド洋)』(平成21年度第1回開発調査報告会,H21.7.29)
(63)ミナミマグロ漁場で漁獲される外洋性サメ類に関する日本の調査研究概要
(64)講演『海洋水産資源開発事業(海外まき網:熱帯インド洋)』(平成21年度第1回開発調査報告会,H21.7.29)
(65)平成20年度海洋水産資源開発事業(資源対応型:いか釣〈小型いか釣〉:平和丸)報告(大臣報告)
(66)ミナミマグロ漁場における外洋性サメ類の標識放流調査(1998-2008)
(67)ミナミマグロ漁場で漁獲される主要な外洋性サメ類3種のCPUEの経年変化の更新(1992-2007)
(68)平成20年度海洋水産資源開発事業報告(海外まき網:熱帯インド洋海域)調査報告書(報告書番号20年度 No.2 H21.2)
(69)海鳥混獲回避のためのトリラインに関する調査活動
(70)Estimation of incidental takes of seabirds in the Japanese Southern Bluefin Tuna longline fishery in 2006-2007
(71)かつお一本釣漁船省エネ技術開発-1:遠洋かつお一本釣船における低温活餌システムのインバータ制御 による燃油節減効果
(72)「我が国における総合的な水産資源・漁業の管理のあり方」取りまとめから
(73)日本海西部におけるズワイガニ属幼生の分布
(74)講演:大島達樹「海洋水産資源開発事業(資源対応型:海外まき網,熱帯インド洋海域)」(平成21年度第1回開発調査報告会,平成21年8月28日)
(75)外洋域における日本系サケの分布様式とサケ混合集団の系群組成
(76)講演:伏島一平,『海洋水産資源開発事業(資源対応型:遠洋かつお一本釣,太平洋中・西部海域)』(平成21年度第1回開発調査報告会,H21.8.28)
(77)平成18-20 年度交付金プロジェクト研究 研究成果報告アメリカオオアカイカの利用拡大に関する提案 (6章 6-2 他魚種・他資源・他海域への事業展開)
(78)平成18-20 年度 交付金プロジェクト研究 研究成果報告アメリカオオアカイカの利用拡大に関する提案 (第1章 1-3 サイズと分布)
(79)平成20年度海洋水産資源開発事業報告(速報)(資源対応型:遠洋かつお釣,太平洋中・西部海域)(開発ニュースNo.375,H21.8)
(80)周防灘におけるトラフグ放流魚の自然再生産
(81)Analysis of influence factor on the catch of Japanese sandfish by Danish seine (Letter)
(82)魚種交替に伴う高次捕食者の摂餌生態的な変化
(83)なぜアカイカの秋生れ群と冬春生れ群は成長と回遊が大きく違うのか
(84)クロマグロ稚魚の棲息場所を発見
(85)浮延縄の釣針沈降速度;中西部太平洋まぐろ類委員会(WCPFC)における海鳥類混獲削減のための技術としての枝縄加重法の検討
(86)宮古湾周辺海域における遊漁船によるヒラメ放流魚の釣獲実態
(87)アサリ漁場再生による新規天然資源加入効果の調査
(88)講演:伏島一平,『遠洋まぐろはえなわ漁業における効率的な漁獲方法及び差別化製品の開発』(平成21年度第1回開発調査報告会 H21.8.28)
(89)講演『インド洋における海外まき網漁業の効率的な操業パターンの開発(日本丸)』(平成20年度海洋水産資源開発事業成果報告会,H21.8.28)
(90)公海域におけるさんま漁場の開発
(91)アメリカオオアカイカの市場の拡大と持続的な供給のために
(92)排卵後濾胞の組織学的観察手法の改良
(93)瀬戸内海の流動や環境を把握するためのモデル開発
(94)ウナギにおける良質卵の栄養成分特性
(95)いか釣漁業における効率的な操業パターンの開発等
(96)平成21年度海洋水産資源開発事業(資源対応型:北太平洋さんま漁業:北太平洋中・西部海域)報告(速報)
(97)スルメイカ資源評価協議会報告
(98)CPUE trend for porbeagle caught by the Japanese tuna longline in the SBT fishery ground during 1992-2007
(99)講演:伏島一平「海洋水産資源開発事業(資源対応型:遠洋まぐろはえなわ,太平洋中・東部海域)」(平成21年度第1回開発調査報告会,H21.8.28)
(100)さめ類の漁業と資源調査(総説)
(101)平成21年度海洋水産資源開発事業(北太平洋さんま漁業)調査結果概要
(102)ウバザメ 日本周辺
(103)ホホジロザメ 日本周辺
(104)海洋水産資源開発事業(いか釣)平成21年度調査について
(105)海洋水産資源開発事業(いか釣)平成21年度調査について
(106)平成20年度アメリカオオアカイカ調査報告
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030093510
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat