(イ)生態系機能の保全に配慮した種苗放流・資源培養技術の開発

(イ)生態系機能の保全に配慮した種苗放流・資源培養技術の開発

課題番号2009014053
研究機関名水産総合研究センター
研究期間2006-2010
年度2009
大課題イ.水産生物の効率的・安定的な増養殖技術の開発
中課題(イ)生態系機能の保全に配慮した種苗放流・資源培養技術の開発
小課題(イ)生態系機能の保全に配慮した種苗放流・資源培養技術の開発
大項目第2 国民に対して提供するサービスその他業務の質の向上に関する目標を達成するためとるべき措置
中項目2 研究開発等の重点的推進
摘要経年的なモニタリングにより、回収率等の定量的な放流効果を明らかにした。サワラでは開発したシミュレーションモデルによる種苗放流の再生産効果、集中放流と分散放流との比較による最適放流条件、また、放流魚の資源に占める割合などを明らかにした。また、模擬放流試験やクロソイ、マツカワ等の比較放流試験から、放流手法、放流サイズ、放流時期など最適な放流条件を把握した。トラフグでは,放流魚の再生産効果を海産魚では初めて明らかにした。同時に再生産が天然集団へ及ぼす遺伝的影響を検証し,生態系保全に配慮した放流技術の在り方が示された。北海道7集団と本州3集団のサクラマスの遺伝的集団構造を解析した結果、北海道・本州太平洋・本州日本海の3地域間で遺伝的分化が示唆された。サケでは、海水移行後の生残率が稚魚の健苗性を評価する一指標として活用できることが確かめられた。サクラマス幼魚に免疫賦活剤を投与することで、成長促進と免疫力が強化されることが明らかになった。食品添加剤を用いた標識が24ヵ月にわたる識別期間を有するなど、実用化に向けた成果が得られた。
研究分担(独)水産総合研究センター,東北区水産研究所,海区水産業研究部,資源培養研究室
(独)水産総合研究センター,日本海区水産研究所,海区水産業研究部,沿岸資源研究室
(独)水産総合研究センター,瀬戸内海区水産研究所,栽培資源部,栽培技術研究室
(独)水産総合研究センター,北海道区水産研究所,海区水産業研究部,栽培技術研究室
(独)水産総合研究センター,養殖研究所,栽培技術開発センター,栽培技術開発研究グループ
(独)水産総合研究センター,栽培漁業センター,宮古栽培漁業センター)
(独)水産総合研究センター,瀬戸内海区水産研究所,栽培資源部,栽培技術研究室
(独)水産総合研究センター,瀬戸内海区水産研究所,栽培資源部,栽培技術研究室
(独)水産総合研究センター,さけますセンター,さけます研究部,技術開発室
(独)水産総合研究センター,さけますセンター,さけます研究部,遺伝資源研究室
(独)水産総合研究センター,西海区水産研究所,石垣支所,栽培技術研究室
(独)水産総合研究センター,瀬戸内海区水産研究所,栽培資源部,資源管理研究室
(独)水産総合研究センター,中央水産研究所,内水面研究部,生態系保全研究室
(独)水産総合研究センター,栽培漁業センター,宮古栽培漁業センター
(独)水産総合研究センター,中央水産研究所,水産遺伝子解析センター
(独)水産総合研究センター,瀬戸内海区水産研究所,栽培資源部,栽培技術研究室
(独)水産総合研究センター,瀬戸内海区水産研究所,栽培資源部,資源増殖研究室
(独)水産総合研究センター,西海区水産研究所,石垣支所,栽培技術研究室
(独)水産総合研究センター,さけますセンター,さけます研究部,遺伝資源研究室
(独)水産総合研究センター,さけますセンター,さけます研究部,環境・生態研究室
協力分担関係宮城県気仙沼水産試験場
福島県水産種苗研究所
福山大学
宮城県水産研究開発センター
神奈川県水産技術センター
福島県水産試験場
宮城県栽培漁業センター
予算区分新たな農林水産政策を推進する実用技術開発事業 委託・食料供給力強化研究[ウナギイセエビ] 水産庁交付金 文科省[科研費]
業績(1)トラフグ放流魚の天然海域における再生産効果の検証
(2)宮古湾におけるクロソイ栽培漁業の効果
(3)Natural re-production of masu salmon, Oncorhynchus masou masou, in the Shari River, Hokkaido.
(4)Mating system in the mud crab Scylla serrata, assessed using microsatellite markers
(5)厚岸周辺海域におけるニシンの栽培漁業(講演)
(6)TOWARDS THE IMPROVEMENT IN SEED QUALITY OF REARED PACIFIC COD (GADUS MACROCEPHALUS)
(7)Efforts Toward Stabilization of Tiger Puffer Fishery and Revitalization of Tourism Based on Puffer Stock Enhancement in the Enshu Region of Japan
(8)トラフグ放流魚は自然界で子孫を残していることを世界で初めて証明
(9)目印付けメバル放流
(10)ハタハタ仔魚の外部栄養への転換,絶食耐性および絶食が仔魚の遊泳速度に与える影響
(11)Phylogenetic relationships of catostomid fishes (Actinopterygii: Cypriniformes) based on mitochondrial ND4/ND5 gene sequences
(12)Goal of Stock Enhancement: by the people, for the people
(13)採卵とふ化および種苗生産技術
(14)Cypriniformes tree of life: Nuclear and mitochondrial DNA analysis of tetraploid Cobitis biwae and C. striata indicates extensive past hybridization events
(15)Distribution and species composition of juvenile and adult scombropids(Teleostei, Scombropidae) in Japanese coastal waters.
(16)Sea ranching technology of the barfin flounder Verasper moseri in Hokkaido,Japan
(17)Changes in the physiological condition of mature chum salmon prepared for propagation in holding pond.
(18)In search of the Kumamoto oyster Crassostrea sikamea (Amemiya, 1928) based on molecular markers: is the natural resource at stake?
(19)Stocking Effectiveness of the Hatchery-Released Swimming Crab Portunus trituberculatus Estimated by Using Clipping the Swimming leg Dactylus as a Marking Method
(20)クエの生態と漁業実態を踏まえた放流効果調査の展開
(21)新潟県下越陸棚域における海底泥の物理的性質と硬度との関係
(22)マダラ当歳放流魚の再捕状況
(23)SNPマーカーを用いた日本系サケ集団の遺伝構造解析
(24)サケの発眼率とスパマトクリット,pHおよび精子運動時間との関係
(25)ヒラメ放流情報『2009年7月8日,9月3,15,16日ヒラメ放流』
(26)サケ稚魚によるニシン仔魚の捕食試験
(27)シロメバル稚魚を放流しました
(28)Coevolution of Interacting Fertilization Proteins.
(29)クエの放流効果調査の進め方
(30)耳石標識魚放流群から得られた結果
(31)Otolith development and daily increment formation in laboratory reared larval and juvenile black-spot tuskfish, Choerodon schoenleinii
(32)TOWARDS THE IMPROVEMENT IN SEED QUALITY OF REARED PACIFIC COD (GADUS MACROCEPHALUS)
(33)長崎魚市場資料からみたクエの漁獲傾向
(34)サクラマスの耳石バーコード標識パターン数を増やすための低水温飼育と昇温刺激を併用した標識方法
(35)ワムシ粗放連続培養の収穫槽と連結したクロソイの種苗生産初期飼育の有効性
(36)人工産卵基質マブシの素材がニシンの卵発生に及ぼす影響
(37)シロクラベラChoerodon shoenleinii人工種苗の基質選択性
(38)SNPマーカーを用いた日本系サケの遺伝的集団構造解析
(39)Microsatellite Stock Identification of Chum Salmon on a Pacific Rim Basis
(40)Gonadal sex differentiation and effect of rearing temperature on sex ratio in black rockfish(Sebasutes schlegeli)
(41)サケの健苗育成技術開発に向けた仔魚管理
(42)Stock distribution patterns of chum salmon in the Bering Sea and North Pacific Ocean during the summer and fall of 2002-2004
(43)SNPマーカーを用いたサケ日本集団の遺伝構造解析
(44)Preliminary records of otolith-marked chum salmon found in the Bering Sea and North Pacific Ocean in 2006 and 2007
(45)Stock origins of chum salmon (Oncorhynchus keta) in the Gulf of Alaska during winter as estimated with microsatellites
(46)~ホシガレイ~その遺伝的保全単位について
(47)DNAフラグメント解析における技術的問題点
(48)アサリ稚貝の定着を促進する海底境界層の物理環境の解明
(49)種苗生産に適したクロソイ仔魚の摂餌率による判定
(50)クロソイの飼育において共食いが発生する条件
(51)クエの旅はどこまで?標識放流でわかる棲み場の範囲
(52)宮古湾におけるクロソイ栽培漁業の効果
(53)これまでの耳石温度標識魚から得られた知見その2(放流時期とサイズの検討)
(54)北海道厚岸湖におけるニシン仔稚魚採集の試み
(55)クロソイの栽培漁業技術-定着種の種苗生産と放流効果調査-
(56)ホシガレイ栽培漁業における遺伝的多様性保全〜遺伝的集団構造に基づいて〜
(57)アカアマダイ種苗の大量標識放流を初めて行いました。
(58)水流を利用した二枚貝類稚貝のサイズ選別技術
(59)能登島栽培漁業センターにおけるマダラ栽培漁業技術開発の概要
(60)マツカワ漁獲個体の由来追跡(講演)
(61)Efficacy of a fluorescent tagging technique on otolith and scales using alizarin complexone in artificial seawater for red sea bream and Japanese Flounder Juveniles
(62)Stock-specific ocean distribution and migration of chum salmon in the Bering Sea and North Pacific Ocean
(63)厚岸湾におけるニシン種苗の放流時期と体サイズが放流効果に与える影響
(64)厚岸湖「将来危機に」環境対策をシンポで訴え
(65)眉間にイラストマー標識をつけたアカアマダイを放流!!
(66)瀬戸内海東部海域における放流効果の範囲と平成20年発生群について
(67)サワラ種苗生産餌料イカナゴシラスの搬入状況と今後の見通し
(68)Genetic variability and stock structure of red tilefish Branchiostegus japonicus inferred from mtDNA sequence analysis
(69)岩手県宮古湾における遊漁船によるヒラメ放流魚の釣獲実態
(70)アップウエリング容器を用いたアサリ稚貝の飼育条件の検討
(71)「マクブ」稚魚を放流 名蔵湾で3000尾
(72)マダラ当歳放流魚の再捕状況.栽培漁業センタ-技報
(73)マダラ受精卵の発生とふ化に及ぼす水温の影響
(74)資源回復へマクブ放流
(75)An application of SNP markers to stock identification of chum salmon in the Bering Sea during the summer of 2007
(76)マツカワの栽培漁業-厚岸湖における人工種苗放流について(講演)
(77)新潟県下越陸棚域海底における泥底及び砂底の底質硬度と物性指標の関係
(78)Population density, growth and migration via the sea to different streams of Japanese dace Tribolodon hakonensis in lower reaches of small streams
(79)岩手県宮古湾におけるヒラメ放流種苗の食害について
(80)第5回魚介類種苗生産シンポジウムに参加しました
(81)Natural re-production of masu salmon, Oncorhynchusmasou masou, in the Shari River, Hokkaido.
(82)平成21年度さけ・ます増殖技術講習会
(83)マツカワ放流用種苗の小型化の試み
(84)TTXの経口投与がトラフグ稚魚の対捕食者行動に与える影響
(85)リュウグウノツカイ-「幻」なのに「続々」のナゼ-
(86)耳石温度標識放流魚から得られた新たな調査結果
(87)干支魚?『トラ』フグの暗号
(88)クロソイ放流で標識付け
(89)遺伝子解析による漁獲マツカワ個体の由来追跡(講演)
(90)クロソイの活躍!踊る担当者?
(91)ニシン回帰へ25万尾厚岸湖産の稚魚放流
(92)平成21年サワラ種苗生産と中間育成及び放流結果報告
(93)通気を利用したアサリの飼育技術
(94)遺伝子解析による漁獲マツカワ個体の由来追跡(講演)
(95)クロアワビが持つ消化酵素の種類と多糖類分解酵素の特性
(96)クロソイの放流適地の検討〜ナーサリー放流の効果について〜
(97)水流を利用した二枚貝類稚貝のサイズ選別技術
(98)クロソイの稚魚放流会(ボート天国・ハーバー祭)
(99)アサリ人工種苗の生産コスト低減に向けた取り組み
(100)周防灘におけるトラフグ放流魚の自然再生産
(101)外洋域における日本系サケの分布様式とサケ混合集団の系群組成
(102)嬉しい便り〜標識魚の再捕報告〜
(103)若狭高浜漁協市場におけるヒラメの漁獲実態調査
(104)シロメバルの再捕報告が届いています!〜放流後1年目の結果〜
(105)栽培対象種に聞く長生きの秘訣?
(106)日本沿岸におけるトラフグの集団構造と放流魚の自然再生産
(107)能登島栽培漁業センターにおけるマダラ栽培漁業技術開発の概要
(108)「ワムシ収穫槽利用飼育」を活用したクロソイ種苗生産の効率化
(109)市場調査を中心とした放流効果解析手法に関する実技研修
(110)水流を利用した二枚貝類稚貝のサイズ選別技術
(111)大阪湾底質コアから検出されたニトロナフタレン
(112)三陸のあす15、宮古のメバル成育順調
(113)北水研厚岸栽培技術開発センタ-のマツカワ研究への取り組み
(114)Survival strategies in early life stages of black-spot tuskfish Choerodon schoenleinii : Approaches to effective stocking methods.
(115)平成21年度宮古栽培漁業センター事業報告『ホシガレイ』
(116)平成21年度事業報告書(ソイ・メバル類)
(117)平成21年度宮古栽培漁業センター事業報告『ヒラメ』
(118)平成21年度事業報告(クロソイ)
(119)水流を利用した二枚貝類稚貝のサイズ選別技術
(120)日本沿岸におけるトラフグの集団構造と放流効果
(121)珍魚 of the year 2009 in 宮古市の魚市場
(122)ヒラメの稚魚放流会
(123)平成21年度宮古栽培漁業センターにおけるホシガレイ栽培漁業技術開発の概要
(124)厚岸栽培技術開発センタ-におけるマツカワの栽培漁業技術開発及び厚岸湖に放流したマツカワの放流効果調査
(125)耳石温度標識放流魚から得られた結果
(126)平成21年度栽培漁業太平洋北ブロック会議マコガレイ分科会
(127)40℃で増殖する単細胞珪藻:キートセロス sp. (MO株) の紹介
(128)千歳川上流域におけるサクラマスの自然再生産〜千歳川上流域の「今」と「これから」を考える
(129)平成21年度能登島栽培漁業センターにおけるマダラの栽培漁業技術開発の概要
(130)平成21年度栽培漁業太平洋北ブロック会議ヒラメ分科会
(131)千歳川上流域の「今」と「これから」を考える
(132)栽培漁業におけるより効果的な放流方法について
(133)千歳川上流域の「今」と「これから」を考える
(134)放流技術と資源管理
(135)採卵とふ化および種苗生産技術
(136)「冷水性ソイ・メバル類分科会」が開催されました
(137)平成21年サワラ種苗生産,中間育成と放流結果報告
(138)平成21年度の放流技術開発結果等の報告と平成22年度の計画
(139)平成21年度の種苗生産技術開発および試験結果等の報告と平成22年度の計画
(140)携帯型アスピレーターを用いたトラフグ耳石の大量収集法の開発
(141)クロソイの放流適地の模索
(142)亜熱帯・熱帯地域特産種シロクラベラの資源回復に向けた研究開発
(143)放流アカアマダイ発見!産卵の可能性も!?
(144)平成21年度宮古市立赤前小学校課外事業『赤前の海』
(145)トラフグ放流魚は自然界で子孫を残している
(146)三陸に適した魚紹介-宮古で栽培漁業講座-
(147)宮古市におけるソイ・メバル類の栽培漁業
(148)宮古市におけるソイ・メバル類の栽培漁業
(149)実験池を利用したキジハタ模擬放流試験
(150)尾道市におけるクルマエビ栽培漁業の取り組み
(151)アサリ資源培養技術の開発
(152)栽培漁業太平洋北ブロック会議 冷水性ソイ・メバル類分科会
(153)人工授精作業におけるサケ親魚や精子・卵の放置時間が仔魚の浮上率に与える影響
(154)クロソイの初期死亡を防除せよ! 〜「摂餌率」を指標にしたクロソイの仔魚の活力判定〜
(155)遺伝子解析による漁獲マツカワ個体の由来追跡(講演)
(156)サワラ種苗生産技術研修(香川県栽培漁業センター職員)
(157)水流を利用した二枚貝類稚貝のサイズ選別技術
(158)メバリング万歳!
(159)コチニール色素を用いたヒラメ,マダイ,マコガレイ,メバル,カサゴの鱗の多重標識
(160)岩手県宮古湾におけるホシガレイ人工種苗の放流:効果判定法の確立と放流技術の最適化
(161)サワラ中間育成技術指導(兵庫県五色町漁協,坊勢漁協,岡山県日生町漁協,香川県栽培漁業センター,女木島漁協,引田漁協所属サワラ中間育成担当者)
(162)マスコミ対応(取揚げ風景ー西日本放送)
(163)サワラの放流時の計数方法について
(164)ニシン:種苗放流の考え方〜生態的知見を基礎とした資源増殖の試み〜
(165)マツカワの栽培漁業におけるDNA研究(講演)
(166)宮古湾をモデルとした資源の増殖と管理の試み
(167)沖縄県石垣島名蔵湾におけるシロクラベラ稚魚の餌料生物環境
(168)さけますセンター業務から得られた知見及び放流方法の検討
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030093512
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat