(エ)病害防除技術の開発

(エ)病害防除技術の開発

課題番号2009014055
研究機関名水産総合研究センター
研究期間2006-2010
年度2009
大課題イ.水産生物の効率的・安定的な増養殖技術の開発
中課題(エ)病害防除技術の開発
小課題(エ)病害防除技術の開発
大項目第2 国民に対して提供するサービスその他業務の質の向上に関する目標を達成するためとるべき措置
中項目2 研究開発等の重点的推進
摘要発病機構・伝播経路等の解明について、KHV病では、脳の残存ウイルスは、通常感染性を持たないが、脳組織を培養することで再活性化し、感染源となる可能性を示した。また、感染耐過魚検出のためコイ抗KHV抗体検出ELISAキットを完成させた。異体類の未知ウイルス病では、病魚からの原因ウイルス精製と全ゲノム塩基配列解読に成功した。さらに、VNNでは、貝化石等にウイルス除去効果があることを見出し、WSDでは、感染経路の分子疫学的検討のため、ウイルス株間で変異のあるゲノム候補領域を得た。迅速・高感度診断法について、SVCでは、新たにガイドラインに採用されたPCR等の検証を行い、腎臓が最適で、特異性等に問題も無いことを確認した。また、BKDのPCR診断法を検討し、IHN検出マニュアルを作成した。また、ヒラメの健康診断用「抗体・プロテインチップ」を完成させ、その使用マニュアル作成した。免疫機能の解明及びワクチン開発のため、栓球のEST解析から候補遺伝子を得るとともに、今まで得られた候補遺伝子タンパク質への抗体作出のため、マウス培養細胞でのヒラメ膜タンパク質を効率よく発現させる実験系を確立した。
研究分担(独)水産総合研究センター,養殖研究所,病害防除部,病原体制御研究グループ
(独)水産総合研究センター,養殖研究所,病害防除部,健康管理研究グループ
(独)水産総合研究センター,養殖研究所,病害防除部,種苗期疾病研究グループ
(独)水産総合研究センター,養殖研究所,病害防除部
(独)水産総合研究センター,養殖研究所,魚病診断・研修センター,魚病診断研究グループ
(独)水産総合研究センター,養殖研究所,病害防除部,病原体制御研究グループ
(独)水産総合研究センター,養殖研究所,魚病診断・研修センター,魚病診断研究グループ
協力分担関係大分県農林水産研究センター
日本獣医生命科学大学
予算区分新たな農林水産政策を推進する実用技術開発事業 水産庁交付金
業績(1)X-cells in pseudotumors of yellowfin goby Acanthogobius flavimanus: a protistan organism distinct from that in flathead flounder Hippoglossoides dubius.
(2)在来マス及びアユのレッドマウス病原因菌Yersinia ruckeri に対する感受性
(3)国内で分離されたEdwardsiella ictaluri のAFLP法によるDNA多型解析
(4)Identification of Edwardsiella ictaluri and E. tarda by Species-Specific PCR Targeted to Upstream Region of Fimbrial Gene
(5)浸漬法によるヒラメ稚魚へのTenacibaculum maritimum 実験感染法の検討
(6)マハタの安定養殖生産のためのVNNワクチンの開発
(7)Occurrence of brown ring disease (BRD) in cultured manila clam in Japan
(8)Molecular Epidemiology of Koi herpesvirus
(9)Development of a Monoclonal Antibody against Viral Haemorrhagic Septicaemia Virus (VHSV) Genotype IVa
(10)海洋性食中毒菌ビブリオ・バルニフィカスの北日本沿岸における存在
(11)Application of DNA chips as rapid and comprehensive diagnositic tool for fish pathogens
(12)Molecular cloning and expression analysis of interferon gamma gene in Japanese flounder (Paralichthys olivaceus).
(13)Distinction between Genotypes of Viral Haemorrhagic Septicaemia Virus (VHSV) using Monoclonal Antibodies
(14)マハタのVNN予防ワクチンの開発研究
(15)イスラエルのKHV病用生ワクチンに関する情報収集及び調査
(16)Distinction between Genotypes of Viral Haemorrhagic Septicaemia Virus (VHSV) using Monoclonal Antibodies
(17)魚病関連国際シンポジウム等参加及び海外疾病調査 第14回ヨーロッパ魚病学会
(18)KHV人為感染魚からの種々の方法によるウイルス検出
(19)Identification of major antigenic proteins of Edwardsiella tarda recognized by Japanese flounder antibody
(20)コイ春ウイルス血症原因ウイルス(SVCV)の検出法と開発
(21)電解海水を用いるハタ類受精卵の消毒条件の検討
(22)ホタテガイからのホワイトスポット病ウイルス(WSSV=PRDV)のPCRによる検出マニュアル
(23)OIEリファレンスラボラトリー活動マダイイリドウイルス病
(24)感染マーカーの探索とモノクローナル抗体の作製
(25)免疫磁気ビーズを用いた新しい冷水病菌検出法の開発
(26)Immune responses of Asian sea bass, Lates calcarifer Bloch, against an inactivated betanodavirus vaccine
(27)ヒラメ抗体が認識するレンサ球菌の抗原蛋白質の探索
(28)モジャコより分離された新型ビルナウイルスのゲノム解析
(29)Mass mortality of giant abalone Haliotis gigantea caused by a Francisella sp. bacterium
(30)水産動物疾病等緊急調査カエルから分離されたラナウイルスの魚類に対する病原性
(31)海産魚介類における種苗生産期の疾病発生状況(2000~2006年度)
(32)Genotyping of Edwardsiella ictaluri isolates in Japan by amplified-fragment length polymorphism analysis
(33)Neutralizing antibody levels for protection against betanodavirus infection in sevenband grouper, Epinephelus septemfasciatus (Thunberg), immunized with an inactivated virus vaccine
(34)コイヘルペスウイルス(KHV)病の発生、現状および対策について
(35)薬浴剤ニフルスチレン酸代替薬の探索
(36)ヒラメ感染症診断のための抗体アレイの開発
(37)微胞子虫感染を伴うカンパチの脳脊髄炎
(38)在来魚種に対するInfectioussalmon anaemia virus (ISAV)感染試験結果
(39)Identification of novel putative virulence factors, adhesin AIDA and type VI secretion system, in atypical strains of fish pathogenic Edwardsiella tarda by genomic subtractive hybridization
(40)Genetic heterogeneity of betanodaviruses in juvenile production trials of Pacific bluefin tuna, Thunnus orientalis (Temminck & Schlegel)
(41)In vitro generation of viral-antigen dependent cytotoxic T-cells from ginbuna crucian carp, Carassius auratus langsdorfii
(42)Structure and expression of transferrin gene of channel catfish, Ictalurus punctatus
(43)Rapid, sensitive and simple detection method for koi herpesvirus using loop-mediated isothermal amplification
(44)免疫磁気ビーズを用いた高感度な冷水病原因菌検出法の開発
(45)Productionand characterization of monoclonal antibodies to leukocytes and serumimmunoglobulin in Japanese flounder Paralichthys olivaceus.
(46)Experience of aquatic animal disease outbreak and control.
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030093514
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat