(ア)沿岸域生態系の保全・修復技術の開発

(ア)沿岸域生態系の保全・修復技術の開発

課題番号2009014056
研究機関名水産総合研究センター
研究期間2006-2010
年度2009
大課題ウ.水産生物の生育環境の管理・保全技術の開発
中課題(ア)沿岸域生態系の保全・修復技術の開発
小課題(ア)沿岸域生態系の保全・修復技術の開発
大項目第2 国民に対して提供するサービスその他業務の質の向上に関する目標を達成するためとるべき措置
中項目2 研究開発等の重点的推進
摘要沿岸域生態系において栄養塩等の循環実態解明のため調査を継続し、陸起源の懸濁粒子及び栄養塩の負荷が出水期に集中することを明らかにし、東京湾等の内湾の魚種別漁獲量は窒素・リンの流入負荷量との間に単峰型または正の相関を示すことを確認し、沿岸環境や生態系に及ぼす影響の評価が進展した。マダイ養殖において給餌量をメーカー推奨量の80%に減じても同等の成長で生残率が高いことを確認し、養殖環境評価モデルを改良し、養殖適地度を簡便に把握する方法としてISL指標の有効性を確認した。海藻の生育に悪影響が想定された漂砂が成長の早いホンダワラではむしろウニ等の食植動物の侵入を阻止する効果があることを確認した。さらに、沿岸修復技術では、サンゴ増殖技術では枝状サンゴの幼生分散範囲が狭く地域特異性が高いことと幼生放流の有効性を確認し、食植性魚類の影響が強い長崎県沿岸でウニ類の個体群管理によって春藻場が造成可能なことを実証した。
研究分担(独)水産総合研究センター,北海道区水産研究所,海区水産業研究部,海区産業研究室
(独)水産総合研究センター,日本海区水産研究所,海区水産業研究部,資源培養研究室
(独)水産総合研究センター,中央水産研究所,海洋生産部,物質循環研究室
(独)水産総合研究センター,瀬戸内海区水産研究所,生産環境部,環境動態研究室
(独)水産総合研究センター,瀬戸内海区水産研究所,生産環境部,藻場・干潟環境研究室
(独)水産総合研究センター,西海区水産研究所,海区水産業研究部,有明海・八代海漁場環境研究センター
(独)水産総合研究センター,西海区水産研究所,石垣支所,生態系保全研究室
(独)水産総合研究センター,西海区水産研究所,石垣支所,海洋環境研究室
(独)水産総合研究センター,養殖研究所,生産システム部,増養殖システム研究グループ
(独)水産総合研究センター,西海区水産研究所,東シナ海海洋環境部,生物環境研究室
(独)水産総合研究センター,西海区水産研究所,海区水産業研究部,資源培養研究室
(独)水産総合研究センター,水産工学研究所,水産土木工学部,水産基盤グループ
(独)水産総合研究センター,水産工学研究所,水産土木工学部,生物環境グループ
(独)水産総合研究センター,水産工学研究所,水産土木工学部,生物環境グループ
(独)水産総合研究センター,西海区水産研究所,海区水産業研究部,有明海・八代海漁場環境研究センター
(独)水産総合研究センター,水産工学研究所,水産土木工学部,生物環境グループ
(独)水産総合研究センター,瀬戸内海区水産研究所,生産環境部,藻場・干潟環境研究室
(独)水産総合研究センター,西海区水産研究所,海区水産業研究部,沿岸資源研究室
(独)水産総合研究センター,瀬戸内海区水産研究所,赤潮環境部,有毒プランクトン研究室
(独)水産総合研究センター,西海区水産研究所,石垣支所,生態系保全研究室
協力分担関係東京工業大学
愛媛県農林水産研究所
福井県立大学
九州大学
鹿児島大学
大阪府環境農林水産総合研究所
広島大学
東京大学
東京農業大学
長崎大学
予算区分新たな農林水産政策を推進する実用技術開発事業 水産庁交付金 文科省[科研費] その他
業績(1)夏季有明海奥部における懸濁態有機物の酸素消費特性
(2)2-1)干潟マクロベントス
(3)長崎県のイセエビ資源はなぜ減ったのか 2)イセエビ成育場の環境変化から考える
(4)沿岸海洋景観のGISデータベースの構築:衛星画像を用いた藻場生態系の生態系機能評価
(5)干潟域の生態系モデルの構築と既存の海草・海藻場モデルの改良
(6)北海道道東の藻場・干潟情報収集と調査
(7)東シナ海域における陸起源物質負荷が生物環境に及ぼす影響の解明
(8)長江起源水による東シナ海生態系の変調把捉に関する研究
(9)全体計画(平成21年度沿岸域環境診断手法開発事業報告書)
(10)Role of post-settlement mortality in the establishment of Acropora reef slope zonation in Ishigaki Island, Japan
(11)浮遊性繊毛虫の生活史と生態的機能
(12)平成21年度沿岸域環境診断手法開発事業年度報告書((2)太平洋側外海砂浜域における漁場環境診断手法の開発)
(13)平成21年度「新たな農林水産政策を推進する実用技術開発事業 河口堰下流域におけるヤマトシジミの資源増大および管理技術の開発」年度報告書( 2.ヤマトシジミ稚貝の移動と定着を促進する環境要因の把握)
(14)Factors Affecting The Absence Of Diarrhetic Shellfish Poisoning (DSP) In Matsushima Bay, Japan
(15)抗体、遺伝子、流動モデルを用いたアサリ幼生分散の統合的解析
(16)亜熱帯海草藻場における葉上付着生物起源珪素と生物群集組成の関係
(17)海色衛星を利用した東シナ海における低塩分水分布の経年変動とエチゼンクラゲ分布との関係
(18)有明海におけるミドリイガイPerna viridisの出現と摂餌および栄養状態
(19)Water quality of swamp forests
(20)Utilization of fisheries resources supported by swamp forests
(21)藻場と魚類の空間分布に基づく漁業生産機能の推定
(22)Capability of long-term cultured gametophytes of several species of Laminariales (Phaeophyceae) to form sporophytes.
(23)長江起源水の海域環境への影響と低次生態系変動との関連
(24)有明海奥部における底質の還元化および硫化水素の発生がサルボウにおよぼす影響.
(25)Assessment of the Water Purification Ability of Mangrove (Sonneratia caseolaris) in Mesocosm Tanks
(26)マガキによる有害ラフィド藻Chattonella属プランクトンの捕食
(27)藻場の変化がイセエビ資源に及ぼす影響について
(28)有明海における大型クラゲ分布調査
(29)海洋における主要一次生産者である珪藻類もウイルス感染の影響を受けている
(30)春〜夏季東シナ海における低塩分水とエチゼンクラゲ分布の把握
(31)TIDAL VARIABILITY OF BIOCHEMICAL COMPOSITION OF SPM AND FEEDING ENVIRONMENT OF MANILA CLAM, RUDITAPES PHILIPPINARUM IN BANZU INTERTIDAL SAND FLAT, JAPAN
(32)INFLUENCE OF OCEANIC WATER INTRUSION ON COASTAL ENVIRONMENTS IN WINTER AROUND The TAMA RIVER ESTUARY IN TOKYO BAY
(33)棘皮動物の宝庫,東シナ海における新知見
(34)有明海におけるChattonella赤潮の発生状況
(35)干潟環境の保全・創造の指標としての絶滅危惧種アオギスの生息状況ならびに生息環境に関する研究
(36)Food sources of benthic animals on intertidal and subtidal bottoms in inner Ariake Sound, southern Japan, determined by stable isotopes
(37)周防灘におけるアサリ・ハマグリの資源と海洋環境の関係
(38)BIOLOGによるグルコース添加人工干潟の特性評価
(39)Differences of photoperiodic response in stem elongation among Sargassum horneri (Phaeophyta) populations with different seasonality.
(40)Influence of reducing condition in sediments for the physiological condition of a subcrenated ark shell Scapharca kagoshimensis (Bivalvia, Mollusca) in Ariake Bay, West Japan.
(41)水産研究における点から空間へ:沿岸域の景観構造と魚類生産の関係評価:魚類の空間分布からのアプローチ
(42)Undaria pinnatifida habitat loss in relation to sea urchin grazing and water flow conditions, and their restoration effort in Ogatsu Bay, Japan.
(43)あなたの主食は何ですか?安定同位体比により外海砂泥底ベントスの餌料を推定する
(44)亜熱帯海草藻場における魚類群集と葉上動物群集:相互関係の解析等
(45)格子状基盤を使用したサンゴ増殖技術の開発-1.サンゴ幼生の最適な種付け(放流)密度の検討-
(46)石垣島宮良川河口域における塩分・リン酸塩プロットを規定する要因
(47)ミドリイシ属サンゴ一斉産卵後の着生ピーク期の推定
(48)Assessment of carbon- and fluorescence-based primary productivity in Ariake Bay, southwestern Japan
(49)なぜ長崎県のイセエビ資源は減ったのか 1)イセエビの生態と漁業の実態から考える
(50)Gene flow of Acanthaster planci (L.) in relation to ocean currents revealed by microsatellite analysis
(51)大槌湾岩礁藻場における食物網構造
(52)Spatial variations in the distributions of low-salinity water and Nemopilema nomurai in the East China Sea during spring-summer
(53)東京湾多摩川河口部の流動構造について
(54)開放性沿岸域における基礎生産を制限する環境諸要因について
(55)東南アジアのエビ養殖とマングローブ
(56)Nitrogen stable isotope ratio in the manila clam, Ruditapes philippinarum, reflects eutrophication levels in tidal flats
(57)有明海湾奥西部海域における貧酸素水塊の形成特性
(58)人工礁における海藻植生の経年変化について
(59)時系列データの編集・解析プログラムの公開
(60)夏季の有明海奥部における基礎生産速度と有機懸濁物質の分解特性
(61)宮良川マングローブ域における降水時および大型浮遊物質の物質収支量の推定
(62)千葉県館山湾におけるアイゴの生活年周期
(63)従属栄養性渦鞭毛藻による二枚貝卵の捕食事例
(64)アサリ等海産ベントスの初期生態研究推進のための技術開発
(65)有明海で測定したリシケタイラギの殻体運動
(66)千葉県館山湾におけるアイゴSiganus fuscescensの年齢と成長
(67)播磨灘における全窒素濃度の季節変動と窒素の形態変化
(68)クラゲ増加と海域栄養塩の関係
(69)2003年から2005年までの有明海におけるたいらぎ類の浮遊幼生および稚貝の分布
(70)長崎市沿岸に見られる”春藻場”の特徴と機能性について
(71)長崎県橘湾の転石海岸におけるアカモクの密度と、ムラサキウニおよびバフンウニの現存量の関係について
(72)Temporal and spatial variations of a hypoxic water mass in Tokyo Bay, Japan
(73)三重県松名瀬干潟における波浪環境が二枚貝類の空間分布に与える影響
(74)アマモ類葉上動物群集の多様性
(75)佐賀県鹿島市沿岸におけるカキ礁の分布と性状について
(76)Assessing nutrient environments of Nori (Porphyra) aquaculture area using numerical model
(77)東京湾多摩川河口沖における成層期の残差流特性について
(78)対馬暖流源流周辺海域より得られたヒトデ類
(79)A new species of the genus Astroceramus (Echinodermata, Asteroidea, Goniasteridae) from Japan.
(80)瀬戸内海における環境変動の現状と関連する取り組み
(81)有明海湾奥西部海域における夏季の貧酸素水塊の形成特性
(82)瀬戸内海の各灘の藻場・干潟分布特性と主要魚種漁獲量との関係解析
(83)近年の日本近海産ヒトデ類の新知見
(84)A rarely encountered oreasterid sea star, Astrosarkus idipi (Echinodermata, Asteroidea), newly recorded from Japanese waters.
(85)1-4)-1炭素窒素安定同位体比の分散(干潟)
(86)長崎県沿岸における有毒・有害渦鞭毛藻Alexandrium catenella (Whedon & Kofoid)Balech の出現状況と増殖特性
(87)Net release of dissolved organic matter by the scleractinian coral Acropora pulchra
(88)栄養塩の組成比が珪藻類の細胞内元素組成比に及ぼす影響
(89)海の森が消える:磯焼けとウニの関係
(90)外海砂浜域および内湾域における主要貝類の安定同位体比の比較
(91)東シナ海(CK11)におけるピコ植物プランクトン現存量の季節変化
(92)磯焼け対策に用いるウニ吸引装置の開発
(93)底質の主成分分析による有明海奥部海域の区分
(94)Load reduction functions of mangroves and Ulva sp. in coastal areas of Ishigaki Island, Japan
(95)外洋性海岸での二枚貝浮遊幼生の時期的出現数変動の特徴について
(96)瀬戸内海・広島湾のガラモ場の植生と環境特性.
(97)干潟環境の保全・創造の指標としての絶滅危惧種アオギスの生息状況ならびに生息環境に関する研究
(98)なぜ中焼けは起こるのか,佐渡真野湾における事例
(99)南三陸岩礁域におけるアラメ群落退行とキタムラサキウニとの関係
(100)Spatial patterns of surf zone crustaceans, Haustrioides japonicus (Amphipoda) and Excirolana chiltoni (Isopoda), on icro-tidal sandy shores at Niigata, Japan
(101)High seagrass diversity and canopy height increase the associated fish diversity and abundance
(102)瀬戸内海のアマモ場の特性と再生への課題-多様性と連関性の保全のために-
(103)中津干潟における干出による底質硬度指標の推移
(104)A modeling study on the nutrient environment of the eastern Seto Inland Sea, Japan.
(105)Landscape diversity enhances secondary production of the associated community in seagrass/algal beds
(106)マダイ養殖の残餌低減をめざして
(107)松島湾海底泥中の細菌群集組成の季節変化と溶存酸素濃度の影響について
(108)アラメ群落の自律的な回復機構の解明
(109)長期培養した褐藻コンブ目植物の配偶体における成熟能力について
(110)日本列島南西海域における藻場の変化とその要因の検討
(111)ホンダワラ類の生長-温度特性と海洋環境変動
(112)New records of three Paraprionospio species (Polychaeta: Spionidae) from Korean waters
(113)防汚物質テトラクロロイソフタロニトリルの海産生物に対する有害性評価
(114)Recycling-oriented aquaculture system utilizing natural ecological functions of mangrove organisms
(115)Disturbance and rehabilitation of Tsunami impact on mangrove forests and macrobenthic communities in Andaman Sea, Thailand
(116)鹿児島県沿岸磯焼け域での藻場形成とホンダワラ類の耐砂性
(117)コンクリートブロック礁上における海藻植生の経年変化について
(118)魚類の食害防除によるホンダワラ類の生長生残の変化
(119)亜熱帯沿岸の外洋に面する礁斜面水域における動物プランクトン群集の周年変動
(120)Distance dacay of community dynamics in rocky intertidal sessile assemblages evaluated by transition matrix models
(121)ノリ養殖と珪藻赤潮・栄養塩
(122)九州産ホンダワラ類幼体の付着器からの再生能と埋没耐性の比較
(123)Contribution of different functional groups to the diet of major predatory fishes at a seagrass meadow in northeastern Japan
(124)Some trials for geographical feature visualization of a kelp fishing ground in east Hokkaido
(125)ホンダワラ類の衰退期における植食性魚類ノトイスズミの胃内容物の変化
(126)沿岸域の景観多様性が生物生産と食物網構造に及ぼす影響
(127)Growth promotion of the juvenile clam, Ruditapes philippinarum, on sugars supplemented to the rearing water
(128)平成19・20年度新たなノリ色落ち対策技術開発委託事業のうち二枚貝増養殖技術の開発 調査報告書
(129)長期観測データとGISの統合的利用によるアマモバ生態系機能の変動予測
(130)Secondary succession of coral reef communities at Urasoko Bay, Ishigaki Island, the Ryukyus (southern Japan)
(131)瀬戸内海の藻場と漁業生産の特性〜生物の生活史に配慮した藻場再生〜
(132)連続モニタリングからみた有明海奥部における貧酸素水塊の特徴
(133)DNAマイクロアレイによる海域微生物叢のメタゲノム解析の試み
(134)漁業生態系モデルに基づいたN、P、Si組成比の海洋高次生態系への影響評価
(135)藻場の魚類生産の広域的解析1.藻場と魚類の空間分布解析
(136)海草藻場における小型無脊椎動物群集の機能的冗長性:種多様性と機能群多様性の関係
(137)石西礁湖における枝状サンゴ群集の回復阻害要因の検討
(138)リシケタイラギの濾水活動と餌料濃度
(139)Dense beds of Ophiura sarsii limited by food supply in the Sea of Japan.
(140)Variation in biomass and species composition of epiphytic community on the different aged leaves of Zostera marina (Chlorophyta)
(141)松島湾における低次生産の季節変化について-Dinophyhsis属の餌料環境を中心に-
(142)クロマグロの産卵場の推定と海洋環境の特徴
(143)アマモ等海草葉上動物
(144)アマモ等海草藻場環境
(145)日本海側外海砂浜域における漁場環境診断手法の開発
(146)1-5) 底質
(147)海面クロロフィルa濃度変動の時空間スケール
(148)瀬戸内海大崎上島沿岸域より採集された熱帯・暖海性魚類ソウシハギAluterus scriptus(カワハギ科 Monacanthidae):来遊背景の一考察
(149)日本最大のヒトデ類Mariaster giganteus (棘皮動物門,海星綱)の新産地
(150)Small-scale variation in feeding environments for the Manila clam Ruditapes philippinarum in a tidal flat in Tokyo Bay
(151)Capability of long-term cultured gametophytes of several species of Laminariales to form sporophytes.
(152)頭足類と藻類への人工放射性元素の蓄積機構の解明
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030093515
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat