(ウ)主要水産資源の調査及び海洋環境等のモニタリング

(ウ)主要水産資源の調査及び海洋環境等のモニタリング

課題番号2009014066
研究機関名水産総合研究センター
研究期間2006-2010
年度2009
大課題該当なし
中課題(ウ)主要水産資源の調査及び海洋環境等のモニタリング
小課題(ウ)主要水産資源の調査及び海洋環境等のモニタリング
大項目第2 国民に対して提供するサービスその他業務の質の向上に関する目標を達成するためとるべき措置
中項目2 研究開発等の重点的推進
摘要主要水産資源、海洋環境、生物、放射性物質に関する先端技術を用いたモニタリング調査が実施され、資源状態や環境に関するデータベースの整備が進み、水産資源評価、魚海況予報、国際漁業管理機関への対応等に有効に活用された。また、放射能レベルについては異常がないことが確認され、大陸棚縁辺域調査では、国連へ提出する大陸棚限界情報の生物データの整備に貢献した。過去の水産海洋データ整備では、さけます漁業による海洋観測や戦前のブリ漁獲データの収集・解析を行うとともに海洋環境の長期時系列作成に向けた海洋観測データの品質管理への取組みを開始した。栽培対象種については、道府県の機関と連携し、ニシン、ヒラメ、サワラ等の種苗提供を行い、種苗生産、中間育成、放流等の工程別に実証試験を行った。ガザミの共食い防除技術、アカアマダイでの輸送時のストレス軽減のための照度調節等の効果を明らかにした。さけ類・ます類については、沿岸域での養稚魚の生息環境、回帰親魚の資源量等のモニタリングを行い、逐次データベース化を進めるとともに、春期の養稚魚の生息環境に関するデータ、秋サケの来遊状況に関するデータの公開を開始した。
研究分担(独)水産総合研究センター,中央水産研究所,海洋データ解析センター
(独)水産総合研究センター,本部,研究推進部,栽培管理課
(独)水産総合研究センター,さけますセンター,さけます研究部,技術開発室
(独)水産総合研究センター,西海区水産研究所,東シナ海漁業資源部
(独)水産総合研究センター,中央水産研究所,資源評価部
(独)水産総合研究センター,中央水産研究所,資源評価部,資源動態研究室
(独)水産総合研究センター,中央水産研究所,海洋生産部,海洋放射能研究室
(独)水産総合研究センター,遠洋水産研究所,業務推進部
協力分担関係東京大学
宮城県水産研究開発センター
独立行政法人国立科学博物館
青森県水産総合研究センター
東京海洋大学
岩手県水産技術センター
福島県水産試験場
茨城県水産試験場
沖縄県水産海洋研究センター
予算区分水産庁交付金 文科省[科研費]
業績(1)Horizontal variation of fish species diversity in Okhotsk trawl fishing ground
(2)瀬戸内海西部における2009年カタクチイワシ漁期初めの漁獲状況
(3)ニタリクジラ 北西太平洋
(4)2008年〜2009年春期の我が国太平洋岸におけるマイワシ卵・仔魚の分布状況
(5)Stock-specific ocean distribution and migration of chum salmon in the Bering Sea and North Pacific Ocean
(6)Estimation of incidental takes of seabirds in the Japanese Southern Bluefin Tuna longline fishery in 2006-2007
(7)海鳥混獲回避のためのトリラインに関する調査活動
(8)フロート観測で得られた親潮域から混合域にかけての輸送時間と水塊分布
(9)ミナミマグロ漁場で漁獲される主要な外洋性サメ類3種のCPUEの経年変化の更新(1992-2007)
(10)太平洋沿岸におけるスルメイカの漁況予報手法
(11)日向灘から放流したブリ成魚の行動と海洋環境
(12)潮位計から求めた佐渡周辺海域の対馬暖流第一分枝の季節変化
(13)対馬暖流域におけるマイワシ・カタクチイワシの加入量予測の現状
(14)アメリカオオアカイカのサイズ分布と経年変動
(15)まき網によるメバチ漁獲と海洋環境-混獲される小型メバチ回避へ向けての試み-
(16)Preliminary 2008 Salmon Enhancement Production in Japan
(17)Management of declining Japanese sardine, chub mackerel and walleye pollock fisheries in Japan
(18)ミナミマグロ漁場における外洋性サメ類の標識放流調査(1998-2008)
(19)厚田沿岸さけ幼稚魚分布調査について
(20)シロナガスクジラ 南極海-南氷洋
(21)ツチクジラ 太平洋・日本海・オホーツク海
(22)2006年にスケトウダラ日本海北部系群で高豊度年級群が発生した要因
(23)日本海のズワイガニ資源について 〜 なぜ越前ガニが高いのか 〜
(24)ベニズワイの生活史と漁場水深の関係から持続的な利用を探る
(25)ミナミマグロ漁場で漁獲される外洋性サメ類に関する日本の調査研究概要
(26)インドネシア・パプアにおけるオサガメに関するインドネシアと日本の共同保全活動
(27)東シナ海魚類(総説)
(28)漁獲量は「観測データ」として使えるのか:サメガレイ個体群の階層ベイズモデリング
(29)2008年の太平洋におけるスルメイカの漁況について
(30)スルメイカ資源評価協議会報告
(31)平成21年度ズワイガニ日本海系群の資源評価
(32)平成21年度カタクチイワシ瀬戸内海系群の資源評価
(33)平成21年度トラフグ日本海・東シナ海・瀬戸内海系群の資源評価
(34)平成21年度海洋観測調査指針(西海ブロック関係)
(35)2009年5-6月期におけるニホンウナギ産卵海域の物理特性
(36)平成21年度サワラ瀬戸内海系群の資源評価
(37)さめ類の漁業と資源調査(総説)
(38)ウバザメ 日本周辺
(39)Classification of fish schools based on evaluation of acoustic descriptor characteristics
(40)カラフトマスの周期的な個体数変動
(41)Review of the Japanese scientific observer program in the high sea waters in 2006 and 2007 fishing years
(42)Area utilization of blue marlin, Makaira nigricans, in the western North Pacific Ocean
(43)亜熱帯モード水形成域における海洋時系列観測
(44)Summary of the observer data of the Japanese deep sea red crab pot fisheries in the SEAFO water (Japan)
(45)ホホジロザメ 日本周辺
(46)外洋底魚サブグループ NAFO・SEAFO SSG平成21年度事業報告書 (No.9)
(47)衛星海面高度計を用いた能登半島西方沖における冷水域の検出
(48)Revised research plan for toothfish in Division 58.4.4 a & b by Shinsei Maru No. 3 in 2009/10.
(49)平成21年度日本海西部ズワイガニ資源評価の結果について
(50)2009年の沿岸におけるサケ幼稚魚生息環境速報(4地区計30編)
(51)海洋表層から深海へ鉛直輸送される人工放射性核種に関する研究
(52)Changes in the plasma levels of insulin-like growth factor-I from the onset of spawning migration through upstream migration in chum salmon
(53)『平成20年度国際漁業資源の現況』 31 インド洋カツオ. 詳細・要約版
(54)ジンベエザメ 日本周辺
(55)『平成20年度国際漁業資源の現況』 22 インド洋メカジキ. 詳細・要約版
(56)ヨシキリザメ 全水域
(57)海産生物放射能調査
(58)アオザメ 全水域
(59)ネズミザメ・ニシネズミザメ 全水域
(60)Interdecadal Variability of the Structure of the Tsushima Warm Current in the Japan Sea
(61)千歳川上流域の「今」と「これから」を考える
(62)その他外洋性さめ類 北太平洋
(63)さけますセンター業務から得られた知見及び放流方法の検討
(64)Temporal changes in life history traits and their effects on reproductive potential in an exploited Pacific cod.
(65)An application of SNP markers to stock identification of chum salmon in the Bering Sea during the summer of 2007
(66)千歳川上流域の「今」と「これから」を考える
(67)Report of Japanese scientific observer activities for southern bluefin tuna fishery in 2008/2009.
(68)Activities of otolith collection and age estimation and analysis of the age data by Japan in 2008.
(69)海亀類(総説)
(70)Making the new dataset and different core vessels definition (February 2009).
(71)日本周辺海域海底度の放射能調査
(72)Age determination and growth of Pacific bluefin tuna, Thunnus orientalis, off Japan and Taiwan.
(73)『平成20年度国際漁業資源の現況』18 インド洋メバチ. 詳細・要約版
(74)『平成20年度国際漁業資源の現況』14 インド洋キハダ. 詳細・要約版
(75)Further examinations of the SBT operating model to explore new tagging model and grid specifications.
(76)『平成20年度国際漁業資源の現況』9 インド洋ビンナガ. 詳細・要約版
(77)海外におけるオブザーバープログラム実態調査報告書(第10編)-米国における標準化された海上安全訓練-
(78)2009年に行われた調査結果の概要
(79)Relationships between the hydrographic structure of the warm core ring and the longline catch of tuna and marlins, inferred from Fall 2009 Shoyo-maru
(80)なぜスケトウダラ日本海北部系群の2006年級群は生残率が高かったか?
(81)若鷹丸でコツコツ底魚類を調べています。
(82)平成20年太平洋中部・南部沖合底びき網漁業漁場別漁獲統計年報
(83)サンマの資源動向
(84)Preliminary analysis on possible stock boundary of striped marlin in the north Pacific using fisheries data of Japanese longliners
(85)International Salmon Research Aboard the R/V Wakatake maru in the Central North Pacific Ocean and Bering Sea during the Summer of 2009
(86)東北海域におけるヒラメ新規加入量調査結果(2008年)
(87)Bathymetric distribution and migration of beni-zuwai crab Chionoecetes japonicus in the Sea of Japan
(88)Abundance and biological information on toothfish in Division 58.4.4a and b by Shinsei Maru No. 3 in 2007/08 season
(89)Japanese catch updates for Pacific bluefin tuna
(90)礫石を用いたヒラメ仔稚魚の日齢査定
(91)マサバ・ゴマサバの再生産成功率(RPS)を用いた解析
(92)Considerations of stock structure of yellowfin tuna (Thunnus albacares) in the Indian Ocean based on fishery data.
(93)Biomass and mortality of chum salmon in the pelagic Bering Sea
(94)Report of activities for conventional and archival tagging and recapture of southern bluefin tuna by Japan in 2008/2009.
(95)平成20年サワラ瀬戸内海系群の資源評価
(96)スケトウダラ太平洋系群内における東北加入群の位置付け
(97)東北海域におけるマダラ・スケトウダラ新規加入量調査結果(2008年)
(98)Estimation of growth in farmed southern bluefin tuna using the CCSBT conventional tagging data.
(99)東北海区における沖合底びき網漁業と主要底魚類の動向(2007年)
(100)2008年の底魚類現存量調査
(101)佐渡沖冷水域と衛星海面高度計から求めた海面力学高度の関係
(102)Report of the piston-line trolling survey in 2008/2009.
(103)ズワイガニの再生産関係を用いないアプローチ
(104)Distribution of southern bluefin tuna in Western Australia.
(105)スケトウダラの再生産関係の検出
(106)Structure of the marine ecosystem of the Ross Sea, Antarctica - overview and synthesis of the results of a Japanese multidisciplinary study by Kaiyo-Maru and JARPA -
(107)1970年前後における対馬暖流系マイワシ資源の変化
(108)スルメイカのBevdrton-Holt型再生産曲線を用いた解析
(109)DNA分析に基づくヒラメ卵の同定と仙台湾・常磐海域における卵分布様式
(110)1970年前後におけるスルメイカ資源の変動
(111)2007年におけるマサバ・ゴマサバ太平洋系群の孵化時期推定
(112)Growth and maturation of Pacific saury Cololabis saira under laboratory conditions
(113)カタクチイワシ太平洋系群の脂肪蓄積と成熟・産卵特性の地域差について
(114)クロカジキ(太平洋)
(115)クロカジキ(大西洋)
(116)ニシマカジキ(大西洋)
(117)マカジキ(北太平洋)
(118)北太平洋メカジキ
(119)日本海と太平洋におけるツチクジラの噴気の同調性の比較
(120)北大西洋メカジキ
(121)南大西洋メカジキ
(122)海産生物放射能調査(太平洋沿岸域海産生物放射能調査)
(123)海産生物放射能調査(東シナ海海産生物放射能調査)
(124)原子力艦寄港海域海産生物放射能調査
(125)Seasonal and inter-annual oceanographic changes induce diet switching in a piscivorous seabird
(126)Evaluation of effects of current TAC on Eastern Atlantic bluefin tuna by future projection
(127)東北太平洋岸海域における底生生物群集の時空間変動:時間的・空間的視点でのβ多様性
(128)海産生物放射能調査(海洋表層から深海へ鉛直輸送される人工放射性核種に関する調査)
(129)海産生物放射能調査(日本海を主とする沖合、外洋域における海底土放射能調査)
(130)海産生物放射能調査(日本海沿岸域海底土放射能調査)
(131)日本海南西海域における中層トロールと面積密度法を用いたマアジ当歳魚の現存量推定手法の開発
(132)Bathymetric distribution of beni-zuwai crab Chionoecetes japonicus in the northern part of the Sea of Japan
(133)海産生物放射能調査(東シナ海海底土放射能調査)
(134)海産生物放射能調査(太平洋沿岸域海底土放射能調査)
(135)海産生物放射能調査(深海域海産生物放射能調査)
(136)海産生物放射能調査(北千島・オホーツク海・北海道北部沖合域海産生物放射能調査)
(137)海産生物放射能調査(日本海沿岸・沖合域海産生物放射能調査)
(138)海海産生物放射能調査(北海道周辺沿岸・沖合域海産生物放射能調査)
(139)Recruitment of threadfin hakeling Laemonema longipes off the Pacific coast of northern Honshu, Japan.
(140)北太平洋東部熱帯海域におけるカジキ類の繁殖と性比
(141)カタクチイワシ太平洋系群の粗脂肪含有率の季節変動および粗脂肪含有率別漁獲量の推定
(142)海産生物放射能調査(北海道周辺沿岸域海底土放射能調査)
(143)音響・光学複合生物観測システム(J-QUESTχ)の開発
(144)青い釣餌には海鳥の混獲を減らす効果があるか
(145)Comments and proposal on the thresholds values [TV] of corals and sponges (Japan) ?
(146)サバ類の耳石による年齢査定の試み
(147)外洋域における日本系サケの分布様式とサケ混合集団の系群組成
(148)北海道太平洋におけるスケトウダラの産卵地点と産卵時間帯
(149)北海道沿岸における春期の表層水温(日平均データ,1994-2009)
(150)春期の東シナ海におけるカタクチイワシの産卵生態
(151)浮延縄の釣針沈降速度;中西部太平洋まぐろ類委員会(WCPFC)における海鳥類混獲削減のための技術としての枝縄加重法の検討
(152)Japan. Progress report on cetacean research, April 2008 toMarch 2009, with statistical data for the calendar year2008 or the season 2008/09
(153)Analysis of relationship between water temperature and catch for Pacific bluefin tuna and longtail tuna off Futaoi Island (western Sea of Japan) using the Jarque-Bera test.
(154)日本海・東シナ海におけるマイワシの資源変動と海洋環境の関係
(155)日本海の漁業資源と資源管理手法
(156)簡易式曳航カメラを用いた水中撮影
(157)Abundance of J-stock common minke whales in the Sea ofJapan using the Japanese sighting data with g(0)=1
(158)2008年〜2009年春期の我が国太平洋岸におけるマサバ及びゴマサバ卵・仔魚の分布状況
(159)Relationships between survival period and temperature of newly hatched Pacific saury Cololabis saira under starvation conditions
(160)Recoveries of High-Seas Tags in 2008-2009 and Tag Releases in 2009 from High-seas Research Vessel Surveys in the North Pacific Ocean
(161)九州沿岸域水温情報
(162)Supplement to the sensitivity analysis of natural mortalityschedule on the stock assessment results of PBF: bootstrap,future projection and yield-per-recruit analysis
(163)合理的なまき網漁業の戦略
(164)耳石温度標識放流魚から得られた新たな調査結果
(165)Proposed Cruise Plans of Japanese Research Vessels for Salmon in the North Pacific Ocean in 2010
(166)三陸〜常磐近海の水温変動とマダラ加入量変動との関係
(167)耳石薄片における性状の異なる3 タイプの不透明帯
(168)2008年〜2009年春期の我が国太平洋岸におけるウルメイワシ卵・仔魚の分布状況
(169)Effect of temperature,food availability, and body size on daily growth rate of Japanese anchovy Engraulis japonicus larvae in Hiuchi-nada
(170)Distribution and CPUE Trends in Pacific Salmon, Especially Sockeye Salmon in the Bering Sea and Adjacent Waters from 1972 to the mid 2000s
(171)Offshore Distributions of Anadromous Lamprey and Threespine Stickleback
(172)桁網調査にもとづく資源量推定
(173)長崎県対馬阿連における太平洋クロマグロ幼魚漁獲物体長組成の時間的変化
(174)褐藻類中のヨウ素-131濃度について
(175)スケトウダラ太平洋系群の加入量変動要因〜モデルからの推測〜
(176)フロート観測で得られた親潮域から混合域にかけての輸送時間と水塊分布
(177)インド洋東部熱帯域におけるカツオの産卵と海洋環境の関係
(178)CPUE trend for porbeagle caught by the Japanese tuna longline in the SBT fishery ground during 1992-2007
(179)コビレゴンドウGlobicephala macrorhynchus北方型(タッパナガ)と南方型(マゴンドウ)の群れサイズと混群形成についての比較
(180)大陸棚-黒潮系水域生態系におけるマイクロネクトンの役割の解明
(181)Salmon Stock Assessment in the North Pacific Ocean, 2009
(182)外海域における産卵状況と漁況予報
(183)瀬戸内海におけるカタクチイワシの加入量予測の現状
(184)Long-term stock assessment and growth changes of the Japanese sardine (Sardinops melanostictus) in the Sea of Japan and East China Sea from 1953 to 2006
(185)太平洋沿岸におけるブリの日周鉛直移動とその季節変化
(186)CPUE standardization of the south Atlantic swordfish caught by Japanese longliners in 1975 - 2007
(187)2008年〜2009年春期の我が国太平洋岸におけるカタクチイワシ卵・仔魚の分布状況
(188)平成21年度サケ来遊状況等について
(189)平成21年度秋季海洋環境について
(190)耳石温度標識確認と白老沿岸調査の結果
(191)Stock distribution patterns of chum salmon in the Bering Sea and North Pacific Ocean during the summer and fall of 2002-2004
(192)Summary of fisheries indicators in 2009
(193)Preliminary records of otolith-marked chum salmon found in the Bering Sea and North Pacific Ocean in 2006 and 2007
(194)Contrasting responses in larval and juvenile growth to a climate-ocean regime shift between anchovy and sardine
(195)Cookiecutter shark scars on common minke whale bodies ?Observation and estimation of stock mixing ratio
(196)2009年の北太平洋におけるさけ・ます類の資源評価
(197)Stock origins of chum salmon (Oncorhynchus keta) in the Gulf of Alaska during winter as estimated with microsatellites
(198)東北海域陸棚斜面における主要底魚類の摂餌量の定量化 I. 現存量推定と食性把握
(199)Bias-corrected size trends in chum salmon in the central Bering Sea and North Pacific Ocean
(200)2008年〜2009年春期の我が国太平洋岸におけるマアジ仔魚の分布状況
(201)Body Size of Maturing Chum Salmon in Relation to Sea Surface Temperatures in the Eastern Bering Sea
(202)Japanese scientific observer activities for krill fishery in CCAMLR Convention Area from 2003/04 to 2007/08 seasons
(203)東北海域陸棚斜面における主要底魚類の摂餌量の定量化II. 日間摂餌量の推定
(204)Offshore Dolly Varden charr (Salvelinus malma) in the North Pacific
(205)Temporal variations of 90Sr and 137Cs concentrations and the 137Cs/90Sr activity ratio in marine brown algae, Undaria pinnatifida and Laminaria longissima, collected in coastal areas of Japan
(206)耳石の成長方向変化と生活年周期との関係
(207)2008-2009年の公海タグの回収と北太平洋における公海調査船調査からの2009年のタグ放流
(208)2010年の日本のさけ・ます資源調査計画
(209)漁獲量は「観測データ」として使えるのか:サメガレイ個体群の階層ベイズモデリング
(210)2006年〜2008年における八戸沖漁場のマサバ、ゴマサバ脂肪含有量
(211)豊前海におけるシャコの資源状況と資源管理
(212)ISOLATION, CLONING AND CHARACTERIZATION OF SILVER-110m BINDING PROTEIN?
(213)Proposal for the recruitment monitoring survey in 2009/2010.
(214)複数種資源動態モデルを用いた漁獲の影響比較
(215)Comparing three indices of catch per unit effortusing Bayesian Geostatistics.
(216)鯨類はどんな動物か
(217)Spatio-temporal variations in nutritional status and feeding habits of immature female bighand thornyhead Sebastolobus macrochir off the Pacific coast of northern Honshu, Japan.
(218)Ontogenetic and dielvariation in the vertical distribution of larvae of jack mackerel Trachurus japonicus in the East China Sea
(219)Long-term fluctuations in the biomass of sardine Sardinops melanostictus in the western Japanese waters (Sea of Japan and East China Sea) from 1953 to 2008, in relation to climate variability
(220)Some consideration to evaluate the stock assessments of Greenland Halibut (GH) by SCAA and XSA (working paper no. 1).
(221)2006〜2008年における八戸沖漁場のマサバ、ゴマサバ脂肪含有量
(222)平成21年度さけ・ます増殖技術講習会
(223)千歳川上流域におけるサクラマスの自然再生産〜千歳川上流域の「今」と「これから」を考える
(224)海況情報
(225)2008年春季の黒潮親潮移行域表層におけるカレイ類仔稚魚の分布
(226)Genetic population structure and morphological characters of Japanese psychrolutids of genus Malacocottus (Scorpaeniformes: Psychrolutidae). Ichthyol. Res., accepted
(227)混合域におけるナガハダカの摂餌生態
(228)クロマグロの産卵場の推定と海洋環境の特徴
(229)海面クロロフィルa濃度変動の時空間スケール
(230)Minority statement of Japan on Greenland  Halibut assessments and managements
(231)Examination of the SBT operating model to inform conditioning and projectionspecifications.
(232)Reviews and comments on footprint created by the NAFO Secretariat.
(233)Research plan for toothfish in Division 58.4.4 a & b by Shinsei Maru No. 3 in 2009/10.
(234)Relationship in temporal variability between temperature and recruitment of Pacific cod (Gadus macrocephalus) off the northeast coast of Japan
(235)Review of Japanese SBT Fisheries in 2008.
(236)メバチにおける大西洋とインド-太平洋間の制限された遺伝子流動
(237)最近の広域な漁獲調査から推定される北西太平洋におけるマイワシ0〜1歳魚の季節的分布回遊
(238)2009年の北西太平洋におけるサンマ資源状態
(239)The Summer 2009 Japanese Salmon Research Cruise of the R/V Hokko maru: Exploration of the Northern Limit of Offshore Distribution and Annual Survey in the Bering Sea
(240)A sensitivity analysis of stock assessment for Pacific bluefin tunausing SS3 and the new mortality schedule
(241)Oceanographic conditions in the survey area of offshore component of JARPN II in the western North Pacific from July to August 2008
(242)Behavior of the cold water area off the Sado Island in the Japan Sea detected from satellite altimeter data
(243)2008年〜2009年のサンマ漁況
(244)Assessment of reproductive potential in multiple-spawning fish with indeterminate fecundity: a case study of yellow sea bream Dentex hypselosomus in the East China Sea.
(245)Distribution and growth of chub mackerel Scomber japonicus and spotted mackerel S. australasicus larvae in the southern East China Sea (ECS) in response to oceanographic conditions
(246)Growth of Pacific bluefin tuna and its effect on the stock assessment results
(247)太平洋スルメイカの資源状況
(248)2008年〜2009年の太平洋スルメイカ漁況
(249)ガリンコ号を用いた冬季の北海道オホーツク沿岸域の観測と海洋環境の季節変動特性の解明
(250)クロマグロ稚魚の棲息場所を発見
(251)Distribution and abundance of prey species and prey preference of common minke whale Balaenoptera acutorostrata in the coastal component of JARPN II off Kushiro from 2002 to 2007
(252)東北地方の太平洋海域における沿岸水温の長期的な上昇傾向
(253)有明海における大型クラゲ分布調査
(254)Effects of spawning stock biomass and environmental conditions on walleye pollock (Theragra chalcogramma) recruitment in the northern Japan Sea
(255)サイドスキャンソナーを用いた中層トロールのサンマに対する採集効率の推定
(256)SNPマーカーを用いた日本系サケ集団の遺伝構造解析
(257)Update of Standardized CPUE for Sailfish Caught by Japanese Longline in the Atlantic Ocean. ICCAT
(258)Feeding ecology of the swordfish Xiphias gladius in the subtropical and transition zone of the western North Pacific
(259)Impacts of fisheries and regime shift on fluctuations of finfish and shellfish stocks in Japan
(260)Environmental preferences of bigeye tuna,Thunnus obesus in the Indian Ocean: an application to a longline fishery.
(261)Rapid Estimation of Lipid Content of Immature Chum and Pink Salmon in the Ocean with a Hand Held Microwave Meter
(262)Detectionof 131I originatingfrom nuclear medicines in brown algae collected in Japanese coast areas.
(263)2010年の日本のさけ・ます資源調査計画
(264)トラフグ日本海・東シナ海・瀬戸内海系群
(265)スケトウダラ太平洋系群
(266)平成21年度日本近海における混獲生物調査報告書(第二大慶丸まぐろはえ縄調査)
(267)Sharks proposed for the coming CITES meeting, porbeagle
(268)Sharks proposed for the coming CITES meeting, scalloped hammerhead shark
(269)Sharks proposed for the coming CITES meeting, Oceanic whitetip shark
(270)2009年にロシア200海里内漁業により採集されたさけ・ます類の年齢組成
(271)2008-2009年の公海タグの回収と北太平洋における公海調査船調査からの2009年のタグ放流
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030093525
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat