(7)熱帯・亜熱帯水域の生物資源の持続的利用及び水産養殖技術の開発

(7)熱帯・亜熱帯水域の生物資源の持続的利用及び水産養殖技術の開発

課題番号2009014019
研究機関名国際農林水産業研究センター
研究期間2006-2010
年度2009
大課題1. 不安定環境下における安定生産及び多用途利用のための生物資源活用技術の開発
中課題(7)熱帯・亜熱帯水域の生物資源の持続的利用及び水産養殖技術の開発
小課題(7)熱帯・亜熱帯水域の生物資源の持続的利用及び水産養殖技術の開発
大項目II 国民に対して提供するサービスその他の業務の質の向上に関する目標を達成するためにとるべき措置
中項目A 国際的な食料・環境問題の解決に向けた農林水産技術の研究開発
摘要・ 資源評価対象魚種であるハタ類とフエダイ類の漁獲データを標本船調査により収集・解析することで、ハタ類とフエダイ類はそれぞれ漁獲変動に周期性があることが明らかとなった。・ カゴ網漁獲調査及び標識放流調査によりハタ類とフエダイ類の漁獲データや生物・生態学的データを収集し、沿岸岩礁域はハタ類仔魚の着底場で幼魚の生育場であることが明らかとなった。・ エコパスモデルに各種餌料生物、魚類等の炭素・窒素安定同位体分析及び胃内容物調査から得られたデータを取り込み、マングローブ域の食物連鎖構造の解明を進めた。・ 主要漁獲対象種の幼魚は、マングローブ域内の生物生産に大きく依存した生態を持つことを明らかにした。テナガエビ(Macrobrachium yui)孵化幼生と着底幼生の飼育環境及び餌料特性を明らかにし、種苗生産技術開発に資する知見を得た。・ コイ(Cyprinidae)科、ヒレナマズ(Clariidae)科及びギギ(Bagridae)科魚種について種苗生産試験を行い、種苗生産候補となる種を明らかにした。・ ウシエビの餌として添加した各種海藻は、ウシエビへの成長促進作用と免疫賦活作用を持つことが示された(付表10 研究成果情報)。・ ウシエビ(Penaeus monodon)養殖池の残餌や池に発生した微細藻類等をハネジナマコ(Holothuria scabra)は利用できることが確認された。抗VIH(卵黄形成抑制ホルモン)抗体接種による成熟促進法の開発を目的として、 バナメイの血液及び眼柄内のVIH含量を測定することが可能となった。・ VIHの動態と成熟指標である卵黄タンパク質(ビテロジェニン:Vg)との関連を調べるため、バナメイのVgを精製し、Vg量の測定法を確立した。
研究分担(独)国際農林水産業研究センター,水産領域
協力分担関係ラオス水生生物資源研究センター
予算区分技会交付金研究 技会・その他 文科省[科研費]
業績(1)Intersite epibiosis characterization on dominant mangrove crustaceans in Malaysia
(2)安全な国産エビ(バナメイ)の生産技術のシステム化
(3)Prevalence and seasonality of Zoothamnium duplicatum (Protozoa, Ciliophora) epibiont on estuarine mysid (Crustacea, Mysida) in tropical mangrove brackish water
(4)Seasonality and biological characteristics of the shallow-water mysid Mesopodopsis orientalis (Tattersall, 1908) (Crustacea: Mysidacea) on a tropical sandy beach, Malaysia
(5)Changes in male physiological condition during brooding activities in a natural population of a stream goby, Rhinogobius sp
(6)Carbonic anhydrase and Na/K-ATPase activities during the molt cycle of low salinity-reared white shrimp Litopenaeus vannamei
(7)Low Salinity Rearing of the Pacific white shrimp Litopenaeus vannamei: Acclimation, Survival and Growth of Postlarvae and Juveniles
(8)Parthenogenetic alien crayfish (Decapoda: Cambaridae) spreading in Madagascar
(9)バナメイエビ Litopenaeus vannamei に対する気泡幕の忌避効果に関する基礎的研究
(10)Growth and maturation of the bumble-bee goby Brachygobius mekongensis (Perciformes: Gobiidae) occurring in the Mekong basin, in Vientiane Province, Central Laos
(11)Growth and morphological development of laboratory-reared larval and juvenile Pangasianodon hypophthalmus
(12)Growth and morphological development of laboratory-reared larval and juvenile snakeskin gourami Trichogaster pectoralis
(13)Otolith daily increment formation and preliminary growth analysis in the 0 year-old climbing perch Anabas testudineus (Bloch, 1792) (pisces: Anabantidae)
(14)Quantitative estimation of the predation of marine ranched striped jack Pseudocaranx dentex by herons
(15)Short-term Responses of the Adults of the Common Japanese Intertidal Crab, Hemigrapsus takanoi (Decapoda: Brachyura: Grapsoidea) at Different Salinities: Osmoregulation, Oxygen Consumption, and Ammonia Excretion
(16)2003年から2005年までの有明海におけるたいらぎ類の浮遊幼生および稚貝の分布
(17)Nitrogen stable isotope ratio in the manila clam, Ruditapes philippinarum, reflects eutrophication levels in tidal flats
(18)Small-scale variation in feeding environments for the Manila clam Ruditapes philippinarum in a tidal flat in Tokyo Bay
(19)Hemolymph osmolality,ion concentrations and calcium structural organization of the cuticle of the giant freshwater prawn Macrobrachium rosenbergii:changes with the molt cycle
(20)有明海におけるミドリイガイPerna viridisの出現と摂餌および栄養状態
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030093534
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat