(5)熱帯・亜熱帯島嶼における持続的作物生産のための環境管理技術の開発

(5)熱帯・亜熱帯島嶼における持続的作物生産のための環境管理技術の開発

課題番号2009014024
研究機関名国際農林水産業研究センター
研究期間2006-2010
年度2009
大課題2. 持続的な農林水産業のための環境資源管理・生産管理技術の開発
中課題(5)熱帯・亜熱帯島嶼における持続的作物生産のための環境管理技術の開発
小課題(5)熱帯・亜熱帯島嶼における持続的作物生産のための環境管理技術の開発
大項目II 国民に対して提供するサービスその他の業務の質の向上に関する目標を達成するためにとるべき措置
中項目A 国際的な食料・環境問題の解決に向けた農林水産技術の研究開発
摘要・ 多くの作物で夜の早い時刻帯に栄養塩を含んだ水を根圏に供給すると、早朝の同量潅水より30%増収した。これは、作物がこの時刻帯に蒸散を伴わずに栄養塩を吸収する能力を有するためであると考えられる。・ 前作にヘアリーベッチ(Vicia villosa)を栽培した不耕起圃場とヘアリーベッチを栽培せず耕起した圃場でトウモロコシを栽培し窒素溶脱量を比較した。両処理の窒素投入量(前作のヘアリーベッチと雑草が含む窒素と施肥窒素の和)、トウモロコシの窒素吸収量はほぼ等しかった。トウモロコシ収穫3カ月後までの窒素溶脱量に両処理間の差は無かったことから、前作のマメ科が固定する窒素は余剰な溶脱源にならないことが明らかとなった。・ トウモロコシ単作区及びトウモロコシとピジョンピーの混作区を設け、肥料、光及び土壌水分の競合を解析した。肥料競合はなく、トウモロコシのバイオマス量は、光競合で12%、光と土壌水分の競合で28%低下した。前作のマメ科作物は、本作物の播種前に刈払うことが望ましいことが判明した。・ 水・土砂・栄養塩流出の統合解析モデルであるSWAT(Soil and Water Assessment Tool)を石垣島の轟川流域に適用した結果、河川流量及び土壌流出量をよく再現できた。モデル解析により、土壌侵食の多い地域の特定及びグリーンベルトの効果を予測できる。・ 新規観測孔及びモニタリング用井戸で継続的に水位・水質観測を行った結果、電気伝導度の測定値は潮位の影響を受けて変動している可能性があることを確認した。・ マーシャル諸島においてセミナーを開催し、現地調査結果について関係機関と情報共有及び意見交換を行ったことにより、現地での協力関係を強化できた。・ 淡水レンズ(地下水)貯留量の観測態勢を整え、電磁探査を実施した。その結果、モニタリング用井戸の地下水の電気伝導度の実測値と電磁探査の解析結果の整合性を確認できたことから、電磁探査断面における淡水域分布の推定が可能になった。・ GISを使用して土地利用現況図を作成した。・ 土壌保水性の向上を目的として、現地入手可能な材料であるココナツのハスクや葉を炭化することで製造した土壌改良材の使用により、土壌中の保水性が増大することを明らかにした。
研究分担(独)国際農林水産業研究センター,熱帯・島嶼研究拠点
協力分担関係フィリピン土壌・水管理局
予算区分技会交付金研究 文科省[科研費]
業績(1)Growth, nitrogen fixation, and nutrient uptake of hairy vetch as a cover crop in a subtropical region
(2)Effect of the sowing date on the growth of hairy vetch (Vicia villosa) as a cover crop influenced the weed biomass and soil chemical properties in a subtropical region
(3)サトウキビ畑における営農的侵食抑制対策の評価
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030093539
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat