(2)地理情報システムを活用した開発途上地域における土地情報モニタリング技術の開発

(2)地理情報システムを活用した開発途上地域における土地情報モニタリング技術の開発

課題番号2009014028
研究機関名国際農林水産業研究センター
研究期間2006-2010
年度2009
大課題3. 地球規模の環境変動が農林水産業に与える影響の解明及び対策技術の開発
中課題(2)地理情報システムを活用した開発途上地域における土地情報モニタリング技術の開発
小課題(2)地理情報システムを活用した開発途上地域における土地情報モニタリング技術の開発
大項目II 国民に対して提供するサービスその他の業務の質の向上に関する目標を達成するためにとるべき措置
中項目A 国際的な食料・環境問題の解決に向けた農林水産技術の研究開発
摘要・ 熱帯多雨域に適用可能なLANDSATデータを用いた土地利用判別手法を開発した。これにより、作物作付時期が複雑に分布する西ジャワ地域を対象とした雲の影響を除いた30mメッシュ土地利用データを作成した。・ MODISデータから得られる植生及び地表水状態に関する指標値の経時的変化から、水稲作付時にある地域の分布を得る手法を開発した。これにより、西ジャワ地域を対象に、2000年4月以降の水稲作付域の時系列データを作成した。・ インドネシアのランプン州の圃場区画形状が異なるプランテーションが混在する地域を対象に、QuickBirdによるオブジェクト分類のためのパラメータ設定について調査し、適正なパラメータ値の範囲を明らかにした。・ 平成20年度にインドネシアのボゴールにおいて実施した研究の成果とその活用に関するワークショップ発表論文をとりまとめて刊行し、インドネシア関係機関に配布した。
研究分担(独)国際農林水産業研究センター,生産環境領域
協力分担関係インドネシア農地資源研究開発センター
予算区分技会交付金研究
業績(1)熱帯湿潤気候帯に適用可能な多時期Landsatデータを用いた土地利用の判別手法
(2)Relative Discrimination of Planophile and Erectophile Wheat Types using Multi-temporal Spectrum Measurements
(3)Discriminating different landuse types by using multitemporal NDXI in a rice planting area
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030093543
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat