(4)熱帯・亜熱帯における重要病害虫に対する防除管理技術の開発

(4)熱帯・亜熱帯における重要病害虫に対する防除管理技術の開発

課題番号2009014030
研究機関名国際農林水産業研究センター
研究期間2006-2010
年度2009
大課題3. 地球規模の環境変動が農林水産業に与える影響の解明及び対策技術の開発
中課題(4)熱帯・亜熱帯における重要病害虫に対する防除管理技術の開発
小課題(4)熱帯・亜熱帯における重要病害虫に対する防除管理技術の開発
大項目II 国民に対して提供するサービスその他の業務の質の向上に関する目標を達成するためにとるべき措置
中項目A 国際的な食料・環境問題の解決に向けた農林水産技術の研究開発
摘要・ カンキツのグリーニング病の感染拡大リスクと防除技術の評価に有用な、作物病害の拡散動態を予測する個体ベースモデルの骨格部分を構築し、解析を開始した。・ 防除意志決定に意味を持つ感染リスクの季節変動に影響を及ぼす、ベトナム現地におけるミカンキジラミの個体群変動の実態を明らかにした。・ キングマンダリンの生育初期防除と初期生育確保が収益の確保に重要である根拠として、感染時期が早い樹ほど幹肥大が抑制されること、発病していても軽症株の収量の絶対値は適切な肥培管理により増加することなどを明らかにした。・ 防除技術コンポーネントの一つとしてのグアバ混植の生育初期防除効果の検証を行い、感染リスクが低い条件下では薬剤防除と同等に近い効果が得られることを確認した。・ FAO等により既に寄生峰放飼が行われていたタイやベトナム南部で、定点観測によるキムネクロナガハムシ(Brontispa longissima Gestro)密度等の野外調査を実施した結果、寄生蜂放飼後の被害は低減傾向にあることを明らかにした。・ 寄生蜂(Asecodes hispinarum)の寄主探索行動について、雌成虫にココヤシの健全葉、ハムシに食害された葉及び人為的に傷を付けた(機械傷)葉を用いて選択実験を行った。その結果、雌成虫は、ココヤシの健全葉や機械傷葉よりもハムシに食害された葉を有意に選択した。このことから、この寄生蜂はハムシ幼虫が食害したココヤシ葉の匂いを頼りに寄主を探索する可能性が高いことが明らかになった。・ ハムシのmtDNA解析により、これまでハムシの原産地として考えられていたインドネシア国内に原産地系統と東南アジア系統の個体群が存在することが明らかになった。・ 人工飼料の改良により、更にハムシの羽化率を上げることができた。また、これまで材料としていたココヤシ新葉乾燥粉末に代え、材料調達を容易にする目的から、ココヤシ成熟葉又はオーチャードグラス乾燥粉末を利用してハムシの人工飼料育を試みたところ、これらの組成でも羽化成虫を得ることに成功した。さらに、人工飼料育により得られたハムシ幼虫と蛹を寄主として、2種の寄生蜂を飼育したところ、Asecodes hispinarumの羽化率は平成20年度の40%強から75%に上昇し、Tetrastichus brontispaeも60%の羽化率を得ることができた。
研究分担(独)国際農林水産業研究センター,熱帯・島嶼研究拠点
協力分担関係ベトナム南部果樹研究所
予算区分技会交付金研究
業績(1)Food Plants Suitable for mass rearing of the coconut hispine beetle Brontispa longissima
(2)Artificial diets for rearing the coconut hispine beetle Brontispa longissima and its parasitoid Asecodes hispinarum
(3)The study on biological characteristics of Brontispa longissima (Gestro) (Coleoptera:Chrysomelidae)
(4)Effects of host stage of the coconut hispine beetle Brontispa longissima (Coleoptera: Chrysomelidae) on the fitness of parasitoid wasp Tetratichus sp. (Hymenoptera: Eulophidae)
(5)Biology of the coconut hispine beetle Brontispa Longissima Gestro (Coleoptera: Chrysomelidae) on different temperatures.(in Vietnamese with English summary)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030093545
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat