i.食品残さや農産副産物等の利用拡大と健康な家畜生産のための飼料調製、利用技術の開発

i.食品残さや農産副産物等の利用拡大と健康な家畜生産のための飼料調製、利用技術の開発

課題番号2009013858
研究機関名農業・食品産業技術総合研究機構
研究期間2006-2010
年度2009
大課題B 自給飼料を基盤とした家畜生産システムの開発
中課題i.食品残さや農産副産物等の利用拡大と健康な家畜生産のための飼料調製、利用技術の開発
小課題i.食品残さや農産副産物等の利用拡大と健康な家畜生産のための飼料調製、利用技術の開発
大項目試験及び研究並びに調査に係る研究の推進方向
中項目イ 農業の競争力強化と健全な発展に資する研究
摘要1)食品残さや農産副産物等の飼料としての利用拡大を図るため、20年度までに食品残さ等の飼料調製技術や調製された飼料の栄養価に関する評価を行ってきた。そして21年度は製造副産物のような単味のものや、多様な食品残さであっても類型化して分別を行うことで成分変動を一定以内に抑えたものについて飼料成分のデータベース化を図り、飼養標準のデータと組合すことで、豚用の高品質なエコフィードの調製を支援するための飼料設計プログラムを作成した。2)機能性成分を含む飼料資源の特性解析の一環として、アントシアニンを高含有する紫イネサイレージの羊への給与試験を行い、血中の抗酸化指標であるSOD活性が高まることを解明した。3)抗菌性飼料添加物の利用を低減する飼養管理技術開発に向けたプロバイオティック乳酸菌の機能解析のため、子豚用飼料に乳酸菌Lactobacillus plantarum LQ80を添加して調製した発酵リキッド飼料を離乳子豚に給与する試験を行い、抗菌性飼料添加物の有無に関わらず子豚用乾燥飼料を給与した子豚に比べ、腸内細菌の多様性が増加することを解明した。このことにより腸内での病原菌の排除が促進され、消化管の健全性が高まることが期待される。
研究分担(独)農業・食品産業技術総合研究機構,畜草研,機能性飼料研究チーム
協力分担関係日本大学
宮崎大学
名古屋大学
日本ハム
三重大学生物資源学部
松屋フーズ
家畜改良センター
日本農業研究所
予算区分技会交付金研究 新たな農林水産政策を推進する実用技術開発事業 委託・食の安全研究[リスク低減プロ] 文科省[科研費] その他
業績(1)エコフィード生産を支援する豚用飼料設計プログラム
(2)Effect of Bacillus subtilis var. natto fermented soybean on growth performance, microbial activity in the caeca and cytokine gene expression of domestic meat type chickens
(3)Changes in peroxisome proliferator-activated receptor gamma gene expression of chicken abdominal adipose tissue with different age, sex and genotype
(4)Silage fermentative quality and characteristics of anthocyanin stability in anthocyanin-rich corn (Zea mays L.)
(5)Immunolocalization of lingual antimicrobial peptide (LAP) in the bovine mammary gland
(6)Brewer’s yeast efficiently degrades phytate phosphorus in a corn-soybean meal diet during soaking treatment
(7)Identification of a potent immunostimulatory oligodeoxynucleotide from the Streptococcus thermophilus lacZ
(8)Immunomodulation in gut-associated lymphoid tissue of neonatal chicks by immunobiotic diets
(9)Oral Administration of Phosphorylated Dextran Regulates Immune Response in Ovalbumin-Immunized Mice
(10)Use of liquid chromatography?tandem mass spectrometry for quantitative analysis of clopyralid in compost and forage
(11)Difference in the nature of tannins on in vitro ruminal methane and volatile fatty acid production, and methanoginic archaea and protozoal populations
(12)An rRNA-based analysis for evaluating the effect of heat stress on the rumen microbial composition of Holstein heifers
(13)Fermented liquid feed enhances bacterial diversity in piglet intestine
(14)養豚農場における液状ホエーの給与がブタの生産性へ与える影響
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030093570
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat