b.難防除雑草バイオタイプのまん延機構の解明及び総合防除技術の開発

b.難防除雑草バイオタイプのまん延機構の解明及び総合防除技術の開発

課題番号2009013870
研究機関名農業・食品産業技術総合研究機構
研究期間2006-2010
年度2009
大課題D 地域特性に応じた環境保全型農業生産システムの開発
中課題b.難防除雑草バイオタイプのまん延機構の解明及び総合防除技術の開発
小課題b.難防除雑草バイオタイプのまん延機構の解明及び総合防除技術の開発
大項目試験及び研究並びに調査に係る研究の推進方向
中項目イ 農業の競争力強化と健全な発展に資する研究
摘要1)個体群動態モデルの活用により、麦作でのネズミムギの増減が昆虫の種子食害に大きく影響されることを明らかにした。個体群動態モデルに小麦収量を組み込み、経済性評価を行えるようにした。麦作での有効除草剤の同時処理がカラスムギ防除効果を高めることを明らかにした。また、タイヌビエ及びコナギについて埋土種子と雑草害を考慮した許容残草量を策定するとともに、イボクサの個体群動態モデルを作成した。さらに、4-HPPD阻害剤の新規需要米向け水稲品種の感受性を明らかにして、除草剤を選択する際の指針を提示した。2)スルホニルウレア抵抗性イヌホタルイの種子生産量には、感受性バイオタイプとの違いはなかった。さらに発芽特性の差異を検討中であり、その結果に基づいて22年度に遺伝子動態モデルを作成する。抵抗性ウリカワに対するピラゾール系除草剤等の有効性を確認し、抵抗性イヌホタルイに対する代替除草剤の効果が出芽深度、土壌、気象条件で変動することを明らかにした。また、夏期湛水して耕起時期を遅らすことによりスズメノテッポウの出芽数を減らすことができることを明らかにするとともに、スズメノテッポウの種子生産量を穂長から簡易に推定した。さらに、スズメノテッポウの埋土種子データを用いて複合抵抗性出現モデルのプロトタイプを作成した。3)日本国内の11県で雑草イネの発生を確認するとともに雑草イネのまん延防止のために手取り除草や作付転換などを整理した総合的予防対策を、雑草イネが問題になっている県と共同で提示した。4)軽量化と低コスト性を追求して試作した水稲作用ハイブリッド除草機のほ場試験では、条間の機械除草の効果も株間の除草剤の効果も十分ではなく、除草刃の形状と除草剤ノズルの高さ調節機構を改良する必要があることを明らかにした。畑作用ハイブリッド除草機について現地試験を実施し、20年と同様に中耕除草1回+除草剤全面散布1回と同程度の除草効果が得られ、効果の安定性を確認した。5)改良した水田の除草用小型ロボットは、トルク不足は解消されたものの、土壌を掘り込んで動けなくなってしまう場合があることからさらに改良が必要であることが判明した。米ぬか等有機物施用によるコナギの抑草効果は土壌の種類や気温と関係があること、また畦塗りをせずグリホサートアンモニウム液剤を散布する畦畔管理がアシカキの水田内への侵入を最も抑えることを明らかにした。大豆作での有望除草剤を組合せた除草体系は、アサガオ類の発生数が少ない現地ほ場では有効であったが、アサガオ類が多発する現地ほ場での効果は不十分であった。
研究分担(独)農業・食品産業技術総合研究機構,中央研,雑草バイオタイプ・総合防除研究チーム
(独)農業・食品産業技術総合研究機構,九州研,雑草バイオタイプ・総合防除研究チーム
協力分担関係福井県農業試験場
静岡県農林技術研究所
(財)日本植物調節剤研究協会
三重県農業研究所
福岡県農業総合試験場
佐賀県農業研究センター
予算区分技会交付金研究 新たな農林水産政策を推進する実用技術開発事業 委託・食料供給力強化研究[えさプロ] 委託・環境研究[地球温暖化プロ] 文科省[科研費] 環境省・その他 その他
業績(1)水田における持続的な雑草管理に向けて
(2)新規需要米向け水稲品種の4-HPPD阻害型除草剤に対する感受性
(3)1995年に輸入された乾草中に混入していた雑草種子
(4)異なる耕起体系におけるトリフルラリン,クロロプロファム処理がカラスムギの出芽と生残に及ぼす影響
(5)Genetic diversity of Sicyos angulatus in central and north-eastern Japan by inter-simple sequence repeat analysis
(6)出芽時期の異なるカラスムギに対するトリフルラリン,クロロプロファム処理の効果
(7)Genetic relationships and diversity of weedy rice (Oryza sativa L.) and cultivated rice varieties in Okayama Prefecture, Japan
(8)Molecular constitution of weedy rice (Oryza sativa L.) found in Okayama prefecture, Japan
(9)コムギ作のカラスムギ防除に及ぼす遅播とトリフルラリン剤処理量の影響
(10)静岡県中遠地域のコムギ畑における耕起体系の違いがネズミムギの出芽に及ぼす影響
(11)Influence of after-ripening environments on the germination characteristics and seed fate of Italian ryegrass (Lolium multiflorum Lam.)
(12)ムギ‐ダイズ連作圃場における外来雑草ネズミムギ(Lolium multiflorum Lam.)の埋土種子動態と出芽動態‐耕起体系と不耕起体系の比較
(13)種子食害と雑草の個体群動態:試験方法と近年の研究展開
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030093582
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat