k.野菜栽培における土壌微生物、天敵の機能解明と難防除病害虫抑制技術の開発

k.野菜栽培における土壌微生物、天敵の機能解明と難防除病害虫抑制技術の開発

課題番号2009013879
研究機関名農業・食品産業技術総合研究機構
研究期間2006-2010
年度2009
大課題D 地域特性に応じた環境保全型農業生産システムの開発
中課題k.野菜栽培における土壌微生物、天敵の機能解明と難防除病害虫抑制技術の開発
小課題k.野菜栽培における土壌微生物、天敵の機能解明と難防除病害虫抑制技術の開発
大項目試験及び研究並びに調査に係る研究の推進方向
中項目イ 農業の競争力強化と健全な発展に資する研究
摘要1)バンカープラント法による防除で用いる天敵寄生蜂ギフアブラバチは、近紫外線カットフィルムで被覆した施設内でも問題なく活動できることを確認した。2)タバココナジラミが媒介するトマト黄化葉巻病を総合的に防除するためのポイントをとりまとめた「トマト黄化葉巻病の総合防除マニュアル」を作成し、研究所のホームページで公開した。3)トマト青枯病菌クオルモン(3-OH PAME)の受信を阻害する候補物質として2種類の物質を見出し、これらの物質は青枯病の病徴を引き起こす細胞外多糖の産生を抑制することを明らかにした。4)物理的手法の1つである光条件を利用した害虫防除技術を開発するため、コナジラミ類の行動反応を測定できる観察装置を試作し、近紫外線を除去した環境はコナジラミ成虫の行動を強く抑制することを確認した。5)春作(6月収穫)の無農薬キャベツほ場では、慣行防除のほ場よりもチョウ目害虫の捕食性天敵を中心とした地表徘徊性の昆虫・小動物の個体数が多いことを確認し、ウヅキコモリグモ、オオアトボシアオゴミムシ、キボシアオゴミムシ、ミイデラゴミムシ、ヨコエビ類などを農業上有用な生物多様性の指標種候補とした。6)病原ウイルスと媒介虫の系統間親和性において、トマト黄化葉巻病ウイルス(TYLCV)弱病原性株では外被たんぱく質の129番目と134番目のアミノ酸残基がタバココナジラミによる媒介性に関与することを突き止めた。7)DNAマーカーを利用したレタス根腐病菌(FOL)の簡易レース判別法を確立し、各地で収集した菌株及び汚染土壌から得られたFOLのレースを判別した。この方法の活用により、レタスに感染性を持つ非病原菌の存在を明らかにした。8)ウリ科野菜果実汚斑細菌病の国内への再侵入と定着・発生拡大を防止するため、種子生産から一般栽培における予防管理まで一貫した防除技術体系を整理した「総合防除マニュアル(種子生産・検査用、一般栽培用)」を作成し、研究所のホームページで公開した。
研究分担(独)農業・食品産業技術総合研究機構,野茶研,野菜IPM研究チーム
協力分担関係総合研究大学院大学
浜松医科大学
農業生物資源研
宇都宮大学
近畿大学
農業生物資源研
光産業創成大学
徳島県農林水産総合技術支援セ
京都府農林水産技セ
埼玉県農林総研セ
予算区分技会交付金研究 新たな農林水産政策を推進する実用技術開発事業 委託・環境研究[生物多様性プロ] 委託・環境研究[eDNA] 委託・バイテク先端技術[光応答プロ] その他
業績(1)水耕栽培の収穫・調整後に発生したキョウナ軟腐病(新称)
(2)キャベツのセル成形苗において発生する病害とその防除に関する研究
(3)根圏の活性化を利用したトマト青枯病の生物防除
(4)レタス根腐病レース2に対する抵抗性の遺伝様式
(5)岐阜県高冷地ダイコン産地で発生した黒芯症の原因とその対策
(6)メロン果実汚斑細菌病に対する食酢の播種後灌注処理による防除効果
(7)2007年に熊本県で確認されたトマト葉かび病菌レース
(8)獲得吸汁時間に応じたTomato yellow leaf curl virus 成虫保毒率とトマトへの媒介率の増加に関するタバココナジラミバイオタイプ B, Q 間の比較
(9)Occurrence of a new race 2.9 of leaf mold of tomato in Japan
(10)タバココナジラミの寄主範囲
(11)Comparison of egg-hatching rate, survival rate and development time of the immature stage between B- and Q-biotypes of Bemisia tabaci (Gennadius) (Homoptera: Aleyrodidae) on various agricultural crops
(12)アブラナ科野菜根こぶ病に及ぼす有機質資材施用の影響
(13)透過波長特性が異なる近紫外線除去フィルムと透過フィルム下での軟弱野菜の害虫が示す行動反応
(14)ウヅキコモリグモ若齢幼体に対する各種昆虫成長制御剤撒布の影響
(15)ウリ科野菜果実汚斑細菌病菌汚染メロン種子各粒からの病原菌検出方法
(16)Rhizoctonia solani菌糸融合群AG-1亜群ICによるブロッコリー苗立枯病
(17)Rhizoctonia solani菌糸融合群AG-2-1によるナバナ立枯病(新称)
(18)Rhizoctonia solani菌糸融合群AG-1亜群IBによるオミナエシ苗立枯病(新称)
(19)ウリ科野菜果実汚斑細菌病の防除技術体系
(20)伝染環の遮断に重点を置いたトマト黄化葉巻病の総合防除体系
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030093591
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat