f.食用稲における病害抵抗性の強化のための遺伝子単離と機作の解明

f.食用稲における病害抵抗性の強化のための遺伝子単離と機作の解明

課題番号2009013899
研究機関名農業・食品産業技術総合研究機構
研究期間2006-2010
年度2009
大課題A 先端的知見を活用した農業生物の開発及びその利用技術の開発
中課題f.食用稲における病害抵抗性の強化のための遺伝子単離と機作の解明
小課題f.食用稲における病害抵抗性の強化のための遺伝子単離と機作の解明
大項目試験及び研究並びに調査に係る研究の推進方向
中項目イ 農業の競争力強化と健全な発展に資する研究
摘要1)真性抵抗性遺伝子の解析と連鎖DNAマーカー作出のため、いもち病抵抗性遺伝子Pi46(t)を第4番染色体長腕末端領域のSSRマーカーRM3288とRM5473の間にマッピングした。2)LTR型レトロトランスポゾンを指標にしたDNAマーカー(tK59)を設計するために、インド型・トロピカルジャポニカ型品種から、Pitと同一の遺伝子型をスクリーニングした。3)いもち病ほ場抵抗性遺伝子Pi34の単離のため、同遺伝子の座乗領域を97kbまで絞り込み、SuperSAGE法による解析から、OMG-02をPi34候補遺伝子として新たに選抜した。4)縞葉枯病抵抗性遺伝子ST07R導入組換え稲後代系統での縞葉枯病の発生抑制、ST07R 発現抑制系統の感受性反応から、縞葉枯病抵抗性がST07Rによることを確認した。単離した縞葉枯病抵抗性遺伝子のゲノム情報をもとに、縞葉枯病抵抗性稲個体をヘテロでも識別できる共優性DNAマーカーを開発した。5)ほ場抵抗性の変動要因とその機作を解明するため、いもち病ほ場抵抗性遺伝子Pi35(t)を保有するコシヒカリ同質遺伝子系統を用い、Pi35(t)が感染初期の菌糸伸展と病斑伸展を抑制することを明らかにした。また、Pi35(t)の抵抗性程度は、この遺伝子を強く侵す菌株によって低下する場合があることを明らかにした。「トヨニシキ」の強ほ場抵抗性の解析のため、多型を示す95個のSSRマーカーを選抜した。6)いもち病菌の病原性変異機構解明のため、20年度に設計したプライマーセットを用い、AVR-Pik変異に伴う転位因子の転位先を探索した。7)マルチラインの持続的利用のため、マルチラインでのいもち病菌レースの長期変動予測モデルと葉・穂いもち病勢進展モデルをソフトウェアとして作成し、北陸研究センターのホームページ上に公開した。本システムによる計算結果は、宮城県・新潟県の過去・現在のレース変動のデータと適合した。
研究分担(独)農業・食品産業技術総合研究機構,中央研,病害抵抗性研究チーム
(独)農業・食品産業技術総合研究機構,北農研,病害抵抗性研究チーム
(独)農業・食品産業技術総合研究機構,東北研,病害抵抗性研究東北サブチーム
予算区分技会交付金研究 委託・食料供給力強化研究[えさプロ] 委託・バイテク先端技術[新農業展開ゲノムプロ] 文科省[科研費] その他
業績(1)Molecular cloning and characterization of the AVR-Pia locus from a Japanese field isolate of Magnaporthe oryzae
(2)Molecular characterization of the relationships among Amyllomyces rouxii, Rhizopus oryzae, and Rhizopus delemar.
(3)いもち病圃場抵抗性遺伝子Pi34 の作用機作の解析
(4)縞葉枯病抵抗性イネ個体を検出する高精度DNAマーカー
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030093611
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat