i.野菜におけるDNAマーカー整備及び遺伝子機能解明と利用技術の開発

i.野菜におけるDNAマーカー整備及び遺伝子機能解明と利用技術の開発

課題番号2009013902
研究機関名農業・食品産業技術総合研究機構
研究期間2006-2010
年度2009
大課題A 先端的知見を活用した農業生物の開発及びその利用技術の開発
中課題i.野菜におけるDNAマーカー整備及び遺伝子機能解明と利用技術の開発
小課題i.野菜におけるDNAマーカー整備及び遺伝子機能解明と利用技術の開発
大項目試験及び研究並びに調査に係る研究の推進方向
中項目イ 農業の競争力強化と健全な発展に資する研究
摘要1)トマトをモデル植物とするシンテニーマップの作成では、EST情報を利用して開発したなす科共通マーカー302個によってトマトとなすのゲノムの対応関係を明らかにしたシンテニーマップを構築した。さらに、トマトではゲノムの80%程度をカバーする汎用性の高いSSRマーカーセットを開発し、一果重や糖度等に関連するQTL候補を見出した。2)果実肥大のトリガー遺伝子(群)候補の単離では、なすの様々な組織から検出した16,245種の独立な遺伝子配列をもとに作製したマイクロアレイを用いて、作出した単為結果性に関する準同質遺伝子系統における遺伝子発現を解析した結果、単為結果性の発現に関係する5つの遺伝子を見出した。3)単為結果性や病害抵抗性に関する選抜マーカーの開発では、なすの単為結果性遺伝子座には、単独で効果をはっきり示す1座のほか、補助的な役割を示す2座が存在することを明らかにした。半枯病抵抗性連鎖マーカーを開発し、複数の交雑後代集団によってその汎用性を確認した。4)はくさい根こぶ病抵抗性遺伝子の単離では、Crr1を単離し、その機能を形質転換体を用いて確認した。また、Crr2を含むDNA断片約12.7kbをクローニングした。にらのアポミクシス性に関しては、にら複相大胞子形成遺伝子が座乗する連鎖群上に新たなDNAマーカーを3個獲得した。5)遺伝子組換え技術を利用した強度病害抵抗性の付与では、4系統の選抜マーカーを含まないビッグベイン病抵抗性組換えレタス(T2世代)を獲得した。6)高温条件下でのなすの単為結果やレタスの抽だいの機構解明では、20年度有望と判断した高温耐性なす系統は高温下での結実率と収量が高く、実用形質に優れることを再確認した。レタスの抽だいはGA生合成酵素遺伝子LsGA3ox1の発現上昇とこれに伴うGA1の蓄積に起因することを明らかにし、より晩抽性のレタス近縁種でも同様の結果を得た。
研究分担(独)農業・食品産業技術総合研究機構,野茶研,野菜ゲノム研究チーム
協力分担関係京都府大
佐賀農研セ
予算区分技会交付金研究 イノベーション創出事業 委託・バイテク先端技術[光応答プロ] 委託・バイテク先端技術[新農業展開ゲノムプロ] 委託・環境研究[地球温暖化プロ] 文科省[科研費] 文科省・JST競争的資金
業績(1)高速塩基配列解読技術をSuperSAGE法に活用した網羅的遺伝子発現解析法
(2)Characterization of tomato SSR markers developed using BAC-end and cDNA sequences from genome databases.
(3)Cleistogamous flowering in barley arises from the suppression of microRNA-guided HvAP2 mRNA cleavage
(4)An inverted and micro-colinear genomic regions of rice and barley carrying the cly1 gene for cleistogamy
(5)Cleistogamous flowering in barley arises from the suppression of microRNA-guided HvAP2 mRNA cleavage
(6)Identification and evaluation of clubroot resistance of radish chromosome using a Brassica napus-Raphanus sativus monosomic addtion line.
(7)Status and perspectives of clubroot resistance breeding in Crucifer crops
(8)Mapping of a novel locus regulating anthocyanin pigmentation in Brassica rapa
(9)高温によるナスの結実不良とその対策
(10)Characterization of fruit-type sucrose synthase gene promoters isolated from tomato and Japanese pear.
(11)ナスにおける発現遺伝子配列の大量解読とカタログ化
(12)Detailed characterization of Mirafiori lettuce virus-resistant transgenic lettuce
(13)Inheritance mode of male sterility in bunching onion (Allium fistulosum L..) accessions
(14)Gene expression analysis in cadmium-stressed roots of a low cadmium-accumulating solanaceous plant, Solanum torvum
(15)The endogenous level of GA1 is upregulated by high temperature during stem elongation in lettuce through LsGA3ox1 expression
(16)Accumulation, functional annotation, and comparative analysis of expressed sequence tags in eggplant (Solanum melongena L.), the third pole of the genus Solanum species after tomato and potato
(17)Development of SSR markers from SSR-enriched genomic library of eggplant (Solanum melongena L.)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030093614
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat