l.飼料作物の育種素材開発のためのDNAマーカー利用技術と遺伝子組換え技術の開発

l.飼料作物の育種素材開発のためのDNAマーカー利用技術と遺伝子組換え技術の開発

課題番号2009013905
研究機関名農業・食品産業技術総合研究機構
研究期間2006-2010
年度2009
大課題A 先端的知見を活用した農業生物の開発及びその利用技術の開発
中課題l.飼料作物の育種素材開発のためのDNAマーカー利用技術と遺伝子組換え技術の開発
小課題l.飼料作物の育種素材開発のためのDNAマーカー利用技術と遺伝子組換え技術の開発
大項目試験及び研究並びに調査に係る研究の推進方向
中項目イ 農業の競争力強化と健全な発展に資する研究
摘要1)とうもろこしでは耐湿性に関わる通気組織形成のQTL領域に合計36個のマーカーを開発し、詳細な連鎖地図を作成した。ライグラス類ではこれまで同定した冠さび病抵抗性遺伝子を「はたあおば」に戻し交配し、BC1F1を得た。2)アポミクシス遺伝子の単離については、約12〜20Mbpにわたり組換え抑制されたアポミクシス遺伝子領域に約200個の高密度STSマーカーを作出してBACクローンを網羅的に取得し、次世代シークエンサーにより配列を決定した。同領域に座乗する遺伝子をこれまでに50個以上見出した。また、ガンマ線照射により同領域に1〜2Mbpの巨大欠失を生じた変異体を2系統見出した。さらに44Kの大規模マイクロアレイによる発現解析を行い、アポミクシス遺伝子本体を含む確率の高い情報を得て現在解析を行っている。3)組換え飼料作物の開発では、バイオマス資源作物のダンチクではパーティクルガン法により形質転換カルスの獲得に成功した。同じくエリアンサスとミスカンサスでは多様な遺伝資源の中から、カルス誘導可能な系統を見出し、ミスカンサスでは植物体の再分化に成功した。また、安全性に配慮した組換え体を開発するために、とうもろこし自身からクローニングしたアセト乳酸合成酵素(ALS)型除草剤耐性遺伝子を国産自殖系統Mi29へアグロバクテリウム法により導入し、宿主由来の遺伝子のみによる遺伝子組換え体を得た。
研究分担(独)農業・食品産業技術総合研究機構,畜草研,飼料作物育種工学研究チーム
協力分担関係家畜改良センター
山梨県酪農試験場
クミアイ化学工業(株)
(独)農業生物資源研究所
予算区分技会交付金研究 イノベーション創出事業 委託・食料供給力強化研究[えさプロ] 委託・バイテク先端技術[新農業展開ゲノムプロ] 委託・環境研究[バイオマスプロ] 文科省・その他
業績(1)High-density linkage map around the root aerenchyma locus Qaer1.06 in the backcross populations of maize Mi29 x teosinte “Zea nicaraguensis”
(2)暖地型牧草の育種-ローズグラスの育種経緯と品種および利用-
(3)Targeted mapping of rice ESTs to the LmPi1 locus for gray leaf spot resistance in Italian ryegrass
(4)グリホサート体制遺伝子組換えトウモロコシ(Zea mays. L)栽培が圃場内生物相に与える影響評価
(5)Analysis of expressed sequence tags analysis in apomictic guineagrass (Panicum maximum)
(6)暖地型牧草の育種-ブラキアリアグラスの育種経緯と品種および利用-
(7)Optimization of culture conditions for plant regeneration of Panicum spp. through somatic embryogenesis
(8)Conferred Resistance to an Acetolactate Synthase-inhibiting Herbicide in Transgenic Tall Fescue (Festuca arundinacea Schreb.)
(9)暖地型牧草の育種-ギニアグラスの育種経緯と品種および利用-
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030093617
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat