a.新興・再興人獣共通感染症病原体の検出及び感染防除技術の開発

a.新興・再興人獣共通感染症病原体の検出及び感染防除技術の開発

課題番号2009013939
研究機関名農業・食品産業技術総合研究機構
研究期間2006-2010
年度2009
大課題B 人獣共通感染症、新興・再興感染症及び家畜重要感染症等の防除技術の開発
中課題a.新興・再興人獣共通感染症病原体の検出及び感染防除技術の開発
小課題a.新興・再興人獣共通感染症病原体の検出及び感染防除技術の開発
大項目試験及び研究並びに調査に係る研究の推進方向
中項目ウ 食の安全・消費者の信頼確保と健全な食生活の実現に資する研究
摘要1)アジアを中心に流行が続いている病原性が極めて高いH5N1型高病原性鳥インフルエンザウイルスの成鶏に対する病態変化について検討し、このウイルスは鶏のマクロファージと血管内皮細胞で急速に増殖し、発熱とサイトカイン産生を破綻させつつ鶏を短時間で殺すことを明らかにした。これら病原性にはNPとPB2のウイルスたんぱく質が関与することを明らかにした。2)あらゆる亜型のウイルスを持ち、高病原性鳥インフルエンザの伝搬源として重要な野鳥のモニタリング検査に有効な検査法として、鳥インフルエンザウイルスの全てのHA亜型及びNA亜型を短時間で判定するRT-PCR法を開発した。また、家畜防疫上重要で行政部局から要望が強いNP遺伝子及びH5亜型を検出するためのリアルタイムRT-PCR法を開発した。今後、国と協力して普及を図る予定である。3)鳥インフルエンザウイルスの淡水(湖水)中での保存性を検証し、4℃では少なくとも56日間以上ウイルスの感染性が維持されることを突き止めた。4)豚インフルエンザウイルスの分離にインフルエンザに通常使われる発育鶏卵を使うと豚由来の新規ウイルスのヒトへの伝搬性の推測に重要なHAたんぱく質のレセプター特異性が変化することを明らかにし、発育鶏卵は豚インフルエンザの分離に不適であり、MDCK細胞による分離が最適であることを明らかにした。5)蚊の定点調査を実施し、農場周辺のフラビウイルスの保有状況について明らかにした。また、日本脳炎ウイルス及びウエストナイルウイルスに関して蚊体内のウイルス増殖を明らかにするための定量RT-PCR法を開発した。6)E型肝炎ウイルスの構造たんぱく質を遺伝子発現により作製したウイルス様粒子の感染防御効果について検証し、1回の経鼻投与によって感染防御効果が得られることを明らかにした。7)殺バベシア原虫たんぱく質の1つである血液凝固阻止作用を有するロンギスタチンをマダニから単離し、マダニ体内での発現動態を明らかにした。また、バベシア原虫媒介に関連するたんぱく質としてマダニ唾液腺で産生されるヘマンギンは血管新生抑制作用を有し、マダニの吸血消化行動に必須であることを明らかにした。当該分子は血管新生を抑制することから、癌の増殖や糖尿病の網膜症等の治療薬開発の創薬候補分子への発展性も考えられる。8)平成21年2〜3月に愛知県で発生したうずらの高病原性鳥インフルエンザに際して、緊急病性鑑定としてウイルス検出・型別判定など迅速な対応をとり、平成21年度を通して農林水産省、愛知県、関連機関と協力することによって平成21年5月の終息と感染経路の究明に寄与し、報告書の取りまとめに貢献した。
研究分担(独)農業・食品産業技術総合研究機構,動衛研,人獣感染症研究チーム
協力分担関係帯広畜産大学
北里大学
静岡県立大学
鹿児島大学
予算区分技会交付金研究 委託・食の安全研究[鳥インフル・BSEプロ] 文科省[科研費] 文科省・JST競争的資金 厚労省競争的資金 その他
業績(1)A latex agglutination test using a recombinant nucleoprotein for detection of antibodies against avian influenza virus
(2)PCR法による鳥インフルエンザウイルスの亜型判定
(3)マダニの唾液腺で作られる血管新生抑制物質
(4)Hemoglobinase activity of a cysteine protease from the ixodid tick Haemaphysalis longicornis.
(5)Production of Ascaris suum As14 protein and its fusion protein with cholera toxin B subunit in rice seeds.
(6)Longistatin, a novel EF-hand protein from the ixodid tick Haemaphysalis longicornis, is required for acquisition of host blood-meals
(7)Leucine aminopeptidase in the ixodid tick Haemaphysalis longicornis: endogenous expression profiles in midgut
(8)Alterations in receptor binding properties of swine influenza viruses of H1 subtype after isolation in embryonated chicken eggs
(9)Association of Increased Pathogenicity of Asian H5N1 Highly Pathogenic Avian Influenza Viruses in Chickens with Highly efficient Viral Replication and Sudden Dysregulation of Cytokine Responses
(10)Serological studies of infectious bronchitis vaccines against Japanese field isolates of homologous and heterologous genotypes
(11)Characterization of fowl adenovirus serotype 4 isolated from chickens with hydropericardium syndrome based on analysis of the short fiber protein gene
(12)Genetic characterization of fowl adenoviruses isolated from chickens with hydropericardium syndrome in Japan
(13)Identification of Group I-III Avian Adenovirus by PCR Coupled with Direct Sequencing of the Hexon Gene
(14)Genotyping of Newcastle Disease Viruses Isolated from 2001 to 2007 in Japan
(15)Divergence of the mitochondrial genome structure in the apicomplexan parasites, Babesia and Theileria
(16)豚インフルエンザウイルスのウイルスレセプター特異性の変化
(17)Nationwide Surveillance of West Nile Virus Targeting Mosquitoes and Dead Birds from April 2004 through March 2007 in Japan
(18)特別講演「ウエストナイルウイルス感染症」
(19)An outbreak of H7N6 low pathogenic avian influenza in quails in Japan
(20)Rare Influenza A (H3N2) Variants with Reduced Sensitivity to Amantadine and Zanamivi
(21)Surveillance for neuraminidase-inhibitor-resistant influenza viruses in Japan, 1996-2007
(22)Emergence of H274Y oseltamivir-resistant A(H1N1) influenza viruses in Japan during the 2008-2009 season
(23)Use of Reverse Transcriptase PCR To Subtype N1 to N9 Neuraminidase Genes of Avian Influenza Viruses
(24)The Kunitz-like modulatory protein, Haemangin, is vital for hard tick blood feeding success.
(25)Malaria ookinete surface protein-based vaccination via the intranasal route completely blocks parasite transmission both in passive and active vaccination regimes in a rodent malaria infection model.
(26)Antibody Responses Induced by Experimental West Nile Virus Infection with or without Previous Immunization with Inactivated Japanese Encephalitis Vaccine in Horses
(27)A salivary cystatin, HlSC-1, from the ixodid tick Haemaphysalis longicornis play roles in the blood feeding processes.
(28)Structural characterization and cytolytic activity of a potent antimicrobial motif in longicin, a defensin-like peptide in the tick Haemaphysalis longicornis.
(29)A Kunitz-type proteinase inhibitor from the midgut of the ixodid tick, Haemaphysalis longicornis, and its endogenous target serine proteinase
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030093651
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat