g.環境性・常在性疾病の診断と総合的防除技術の開発

g.環境性・常在性疾病の診断と総合的防除技術の開発

課題番号2009013945
研究機関名農業・食品産業技術総合研究機構
研究期間2006-2010
年度2009
大課題B 人獣共通感染症、新興・再興感染症及び家畜重要感染症等の防除技術の開発
中課題g.環境性・常在性疾病の診断と総合的防除技術の開発
小課題g.環境性・常在性疾病の診断と総合的防除技術の開発
大項目試験及び研究並びに調査に係る研究の推進方向
中項目ウ 食の安全・消費者の信頼確保と健全な食生活の実現に資する研究
摘要1)アルボウイルスに関する検討では、1997年に分離されたイバラキウイルス変異株は流行性出血熱ウイルスの血清型7型に属すること、及び国内に流行するブルータングウイルスの血清型は6つであることを明らかにした。また、九州・沖縄地域における、ヌカカの分布や活動状況等を明らかにした。さらに、ウシヌカカにアカバネウイルスを感染させ、同ウイルスが17日以上ヌカカ体内に保持されていることを確認するとともに、Multiplex-RT-PCR 法がヌカカからの牛アルボウイルスの検出に有用であることを確認した。2)寒冷地大規模酪農における主要疾病である牛コロナウイルス標準株の掛川株が下痢発症に関しては弱毒株であること、加えて、ウイルスが呼吸器においても増殖することを牛感染実験により明らかにし、病原性試験には適さないことを示した。また、牛乳頭腫起因ウイルスである牛パピローマウイルスが筋血管周皮腫形成に関与することを示唆する成績を得た。牛由来サルモネラの菌株間の関連性を解析する手法として、Multiple-Locus Variable-Number Tandem-Repeats Analysis(MLVA)法が有用であることを示し、さらに、百日咳毒素と類似した活性を有するたんぱく質を産生するSalmonella Typhimurium(ネズミチフス菌)が、成牛型サルモネラ症が顕在化した1990年以降に増加していることを明らかにした。黄色ブドウ球菌による乾乳期乳房炎において、乳汁中TGF-α及びβ2の濃度が亜急性乳房炎に移行する過程で減少に転じ、β2は慢性乳房炎で再び増加することから、診断用マーカーへの利用可能性が示唆された。乾乳期短縮が周産期免疫能に与える影響を解析した結果、体脂肪消費が改善され、白血球数等の貪食細胞数が増加することを明らかにした。3)抗体調査により、放牧地で牛ウイルス性下痢ウイルス(BVDV)と牛RSウイルス(BRSV) との複合感染の実態を明らかにした。さらに、牛アデノウイルス3型(BAdV3) とBVDV とのin vitro における重複感染では、BAdV3 単独感染と比較し同ウイルスの増殖が抑制されることを確認した。豚増殖性腸炎の原因となるローソニア菌を感染させた実験豚を作出したところ、ふん便への排菌は断続的であったが、排菌と免疫組織化学的検査結果とがほぼ一致することを明らかにした。牛ふん便からのGiardia spp.のシスト 精製法として免疫磁気ビーズ法が最も効率的であり、精製シストを用いたin vitroの培養を試みたところ、シストの脱嚢子を観察することに成功した。4)豚赤痢を引き起こすBrachyspiraの菌の同定による迅速診断法を開発するため、Brachyspira 各菌種に対するモノクローナル抗体を作製した。ウエスタンブロッティングにより感染時に上昇する抗体が認識する抗原の検討を行い、豚胸膜肺炎菌の診断用抗原候補として3種類の抗原を見出した。ローソニア菌による豚増殖性腸炎のリアルタイムPCRによる診断結果と、免疫組織学的診断法による結果が、極めて高い一致率 (98%) を示したことから、リアルタイムPCRによる診断法の有用性を明らかにした。
研究分担(独)農業・食品産業技術総合研究機構,動衛研,環境・常在疾病研究チーム
協力分担関係産業技術総合研究所
北海道立畜産試験場
岐阜大学
予算区分技会交付金研究 イノベーション創出事業 新たな農林水産政策を推進する実用技術開発事業 委託・食の安全研究[リスク低減プロ] 委託・バイテク先端技術[光応答プロ] 文科省[科研費]
業績(1)Immunohistochemical characterization of five types of lymphoid neoplasms in calves
(2)Lymphoplasmacytoid lymphoma in a cow
(3)黒毛和種繁殖牛に発生したSalmonella TyphimuriumDT40によるサルモネラ症の疫学的検討
(4)Salmonella enterica serotype Typhimurium DT104 ArtA-dependent modification of pertussis toxin-sensitive G proteins in the presence of [32P]NAD
(5)Antimicrobial resistance and genetic characterization of fluoroquinolone-resistant Mannheimia haemolytica isolates from cattle with bovine pneumonia
(6)胎齢中期牛胎子におけるアカバネウイルス感染初期のウイルス抗原分布と病変形成
(7)豚胸膜肺炎菌血清型1、2及び5の型別用マルチプレックスPCRの開発
(8)Antimicrobial resistance and genetic characteristics of Salmonella Typhimurium isolated from horses in Hokkaido, Japan
(9)Exclusion of NEU1 and PPGB from candidate genes for a lysosomal storage disease in Japanese Black cattle
(10)Actinobacillus pleuropneumonaieの生物型及び血清型について
(11)Development of a cps-based multiplex PCR for typing of Actinobacillus pleuropneumoniae serotypes 1, 2 and 5
(12)γ-LA-supplementation to IVC for IVP Bovine Embryos
(13)放牧牛における牛白血病ウイルス感染と吸血性節足動物の関係
(14)携帯型近赤外装置の放牧牛貧血検査への応用
(15)Phylogenetic relationships of the G gene sequence of bovine ephemeral fever virus isolated in Japan, Taiwan and Australia
(16)Prevalence of Cardinium bacteria in planthoppers and spider mites and taxonomic revision of ""Candidatus Cardinium hertigii"" based on detection of a new Cardinium group from biting midges.
(17)Characterization of internal transcribed spacer (ITS1)-ITS2 region of ribosomal RNA gene from 25 species of Culicoides biting midges (Diptera: Ceratopogonidae) in Japan.
(18)新型牛パピローマウイルスとその関連疾患に関する最新の知見
(19)Prevalence of eight bovine viruses in sika deer (Cervus nippon yesoensis) in Japan
(20)Bovine papillomavirus type 9 induces epithelial papillomas on the teat skin of heifers
(21)Serological Evidence of Coronavirus Infection in Feral Raccoons in Hokkaido, Japan
(22)Intranuclear coccidiosis in a calf
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030093657
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat