e.流通農産物・食品の有害生物の制御技術の開発

e.流通農産物・食品の有害生物の制御技術の開発

課題番号2009013952
研究機関名農業・食品産業技術総合研究機構
研究期間2006-2010
年度2009
大課題C 生産・加工・流通過程における汚染防止技術と危害要因低減技術の開発
中課題e.流通農産物・食品の有害生物の制御技術の開発
小課題e.流通農産物・食品の有害生物の制御技術の開発
大項目試験及び研究並びに調査に係る研究の推進方向
中項目ウ 食の安全・消費者の信頼確保と健全な食生活の実現に資する研究
摘要1)20年に開発した微生物挙動データベースMRV (Microbial Responses Viewer) を利用者により使いやすく便利なように大幅に改良した。国際予測微生物データベースComBaseデータへのアクセスをシームレスで行え、増殖速度情報から増殖曲線を描画して温度・pH・水分活性の環境要因の影響を直感的な操作によって検索可能とした。また食品の種類ごとでの微生物挙動を容易に検索可能とし、食品の種類ごとさらには微生物の種類ごとでの増殖速度の比較検討を容易に行えるようにした。2)青果物の洗浄殺菌において、低pH、オゾン及びマイクロバブルの併用により、100ppm次亜塩素酸ナトリウム処理と同程度の殺菌効果が得られることを明らかにした。電極表面を50?m厚のテフロンフィルムで覆って電極へのたんぱく質の焦げ付き問題を回避する技術改良により、豆乳の連続的な短波帯交流電界殺菌処理を可能にした。ミニトマトの常在細菌及び人為的に付着させた大腸菌O157:H7に対する洗浄殺菌試験を異なる8種類の洗浄殺菌剤を用いて実施した。果実表面に薄く菌が付着した場合、酸性化亜塩素酸水以外のものの殺菌効率は蒸留水のそれと差が見られなかったが100ppm次亜塩素酸ナトリウム使用は二次汚染防止には効果的であることの科学的根拠を提示した。またキトサン水を用いた再洗浄により、次亜塩素酸ナトリウム等の他の洗浄殺菌処理後の追加的な殺菌効果が得られることが判明した。20年度に開発したもやし用緑豆種子殺菌技術の現場レベルでの殺菌効果の検証を行った。非病原性大腸菌を接種したもやし用緑豆種子(3 kg)を85℃で40秒間の熱水処理に続いて、2,000 ppmの次亜塩素酸ナトリウム処理を行うことにより、大腸菌の生菌数は検出限界以下に低下した。さらに、増菌培養後及び発芽後における大腸菌の陽性率は顕著に低くなり、本殺菌法は現行の高濃度 (20,000ppm:米国保健医薬局推奨使用濃度)次亜塩素酸ナトリウム殺菌の安全レベルに比べ、顕著にもやし種子の安全性レベルを向上できることを現場レベルで実証した。3)イネ科穀物の重要害虫であるコクゾウムシとココクゾウムシ及び製粉害虫のコクヌストモドキについて、成虫の冬季の生存率を給水条件と水を与えない条件で調査した。コクゾウムシでは給水した場合は2/3程度が越冬できたが、水を与えなかった場合は3月の調査で全ての成虫が死亡した。ココクゾウムシは水の存在に関わらず、2月の調査で全ての成虫が死亡した。コクヌストモドキでは水の存在に関わらず、少数が越冬した。コクゾウムシとコクヌストモドキではその後、一部の成虫は生存し続け、1年以上生存するものがいるを明らかにし、また、かんきつ果皮オイル抽出残さから得られた2種類の精製分画に対して貯穀害虫の忌避効果を調べ、コクゾウムシ、ココクゾウムシ、ヒラタコクヌストモドキ、コクヌストモドキ、カクムネヒラタムシ、ノコギリヒラタムシ、ヒラタチャタテの7種類に忌避効果があることを確認した。
研究分担(独)農業・食品産業技術総合研究機構,食総研,食品工学研究領域,食品高圧技術ユニット
(独)農業・食品産業技術総合研究機構,食総研,食品安全研究領域,食品衛生ユニット
(独)農業・食品産業技術総合研究機構,食総研,食品安全研究領域,食品衛生ユニット
(独)農業・食品産業技術総合研究機構,食総研,食品安全研究領域,食品害虫ユニット
協力分担関係国立大学法人東京海洋大学
国立大学法人東京農工大学
国立大学法人九州大学
国立大学法人広島大学
予算区分技会交付金研究 委託・食の安全研究[リスク低減プロ] 内閣府競争的資金 文科省[科研費] 経産省・NEDO競争的資金
業績(1)Leakage of intracellular UV materials of high hydrostatic pressure-injured Escherichia coli O157:H7 strains in tomato juice
(2)Effectiveness of sanitizers, dry heat, hot water and gas catalytic infrared heat treatments to inactivate Salmonella on almonds
(3)Efficacy of chlorine and acidified sodium chlorite on microbial population and quality changes of spinach leaves
(4)交流高電界技術による果汁中の好酸性耐熱芽胞の殺菌
(5)Thermal destruction of Escherichia coli O157:H7 in sous-vide cooked ground beef as affected by tea leaf and apple
(6)玄米貯蔵倉庫における貯穀害虫の季節的変動について
(7)乾燥唐辛子で飼育したタバコシバンムシに対するガンマ線の効果
(8)Inactivation of Alicyclobacillus acidoterrestris in orange juice by high electric field alternating current
(9)熱水と化学処理を併用した効率的なもやし用緑豆種子殺菌方法の開発と評価
(10)Microbial Responses Viewer (MRV): A new ComBase-derived database of microbial responses to food environments
(11)食品微生物挙動データベースの開発
(12)Prediction of a required log reduction with probability for Enterobacter sakazakii during high-pressure processing, using a survival/death interface model
(13)Effectiveness of acidified sodium chlorite and other sanitizers to control Escherichia coli 0157:H7 on tomato surfaces
(14)Efficacy of soft-electron (low-energyelectron) treatment for disinfestation of brown rice containing different ages of the maize weevil, Sitophilus zeamais Motschulsky
(15)Scale-up seed decontamination process to inactivate Escherichia coli O157:H7 and Salmonella Enteritidis on mung bean seeds
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030093664
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat