c.地域防災力強化のための農業用施設等の災害予防と減災技術の開発

c.地域防災力強化のための農業用施設等の災害予防と減災技術の開発

課題番号2009013963
研究機関名農業・食品産業技術総合研究機構
研究期間2006-2010
年度2009
大課題B 農村における施設等の資源の維持管理・更新技術の開発
中課題c.地域防災力強化のための農業用施設等の災害予防と減災技術の開発
小課題c.地域防災力強化のための農業用施設等の災害予防と減災技術の開発
大項目試験及び研究並びに調査に係る研究の推進方向
中項目エ 美しい国土・豊かな環境と潤いのある国民生活の実現に資する研究
摘要1)締固土に係る既往の動力学的モデルの問題点を明らかにし、実験結果による体積ひずみ発生を再現可能な数理モデルを開発することにより、粗・密な砂質土への数値解析の適用を可能とした。2)3次元電気探査の防災への適用性向上のため、感度適合法と逆解析法の併用により浅層の比抵抗変化部の抽出精度が向上すること、及び地震時の亀裂範囲把握に有効な探査仕様と注入材料を明らかにした。3)20年度までに開発したため池防災情報配信システムを運用し、システムの有効性を明らかにした。本システムは、地方自治体や地域住民にため池の氾濫解析結果やリアルタイムに予測した危険度等の防災情報を携帯メールやホームページを通して伝達することにより、適切な避難判断・行動や対策の優先順位決定を支援し、地域の防災・減災力の向上を図ることができ、既に一部の自治体に導入されている。4)天候に左右されずに観測できるALOS/PALSARデータを活用し、全偏波観測により洪水被害が把握できること、また、過去の同時期に観測された衛星データを併用することにより、農作物への被害の程度と範囲が把握できることを明らかにした。5)災害対応に資する有明海の潮流解析の結果をとりまとめるとともに、海岸堤防の維持管理実態を調査し、災害時の管理体制の傾向を分析した。また、メソスケールの気象モデルの再現結果を使った温暖化後の高潮予測を行い、対応策の必要な地点を明らかにした。6)加賀三湖地区における温暖化実験結果から、将来的に夏期の降雨量と豪雨の発生回数がともに増加する可能性を明らかにするとともに、新潟豪雨災害時における農業用の排水施設の被害軽減効果を具体的に示した。7)地震の際二次被害に直結するおそれがある大規模幹線パイプラインについて、構造物周辺パイプの補強土工法による一体化技術が、被害を大きく軽減することを明らかにし、その有効性を実証した。8)堤体法面の侵食防止技術の有効性を検証し、その減災効果をLCCの観点から明らかにした。また、流出解析と飽和不飽和浸透流解析、すべり安定解析法を組合せた安全性評価手法により、豪雨リスクを考慮したため池の決壊確率とLCCを算出できる、豪雨リスクを考慮した老朽ため池のLCC評価手法を開発した。9)2次元表面波探査法により、農業用水路等の長大構造物周辺地盤の深度約20mまでのS波速度分布を連続的に把握するとともに、地表における地震動が増幅される軟弱層の伏在部など地震時における要点検箇所を抽出できる地盤の震動特性評価法を開発した。10)分布型光センシング技術により対策工施工後の微小な地すべり変位を長期観測する簡易な監視手法を開発するとともに、豪雨時の斜面の危険度と対策工の効果を評価する浸透流解析及び安定解析技術及び対策工の地震時の効果評価等を行う技術を開発した。
研究分担(独)農業・食品産業技術総合研究機構,農工研,構造研究室
(独)農業・食品産業技術総合研究機構,農工研,基礎地盤研究室
(独)農業・食品産業技術総合研究機構,農工研,広域防災研究チーム
(独)農業・食品産業技術総合研究機構,農工研,河海工水理研究室
(独)農業・食品産業技術総合研究機構,農工研,土質研究室
協力分担関係群馬大学
東北大学
予算区分技会交付金研究 新たな農林水産政策を推進する実用技術開発事業 委託・環境研究[地球温暖化プロ] 文科省[科研費] 環境省競争的資金 その他
業績(1)生存時間解析による海岸堤防の寿命の検討
(2)PERFORMANCE OF A FILL DAM BASED ON THE PERFORMANCE-BASED DESIGN CONCEPT AND STUDY OF A SESMIC RETROFITTING METHOD
(3)土嚢積層システムを適用した補強堤体の実物大振動実験-水平および傾斜した土嚢積層構造の違いと耐震メカニズムー
(4)実降雨データと温暖化実験データにみる金沢周辺の豪雨の強度変化と発生分布
(5)熊本県八代農地海岸の点検の現状と維持管理の課題
(6)ワイヤレス埋設計器の開発
(7)中越沖地震におけるシールドトンネルの被災事例
(8)New direction for earth reinforcement:disaster prevention for earthfill dams
(9)農業用大ダムの被災状況と地震時挙動
(10)荒砥沢ダム上流大規模地すべり周辺の地盤変動
(11)国営総合農地防災事業「香川地区」における小川下池の改修
(12)2009年2月25日以降の山形県鶴岡市七五三掛地すべりの再活動と移動状況の特徴(速報)
(13)再活動地すべりと大規模地震
(14)老朽化フィルダムの堤体改修における液状化対策問題
(15)固化処理底泥土を用いた老朽ため池堤体改修における堤体ゾーニングパターンの事例研究
(16)圧力管曲部の軽量スラスト防護工法の実規模埋設実験
(17)電気探査を用いたカンボジア王国プノンペン市周辺における第四紀層の地下水資源ポテンシャル評価に向けた基礎的研究
(18)氾濫解析を活用したため池防災情報システムの構築
(19)砕・転圧盛土工法による東山池堤体の耐震補強・漏水防止事例
(20)ポーラスコンクリートを通過する流れの流速と動水勾配関係
(21)パイプラインの地震被害が集中する構造物周辺の減災対策
(22)リアルタイムで防災情報を提供する「ため池防災情報配信システム」
(23)ため池決壊による氾濫解析と下流域の被害評価法について
(24)老朽化フィルダムの地震リスクを考慮した安全性評価
(25)ジオシンセティックスを用いた土質材料の補強メカニズムの解明と水利構造物への適用性に関する研究
(26)ワイヤレス間隙水圧計の長期計測性能の検討
(27)地すべり崩土の力学特性と変形の局所化
(28)将来のエネルギー供給変化に対応した水田灌漑システムの展望
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030093675
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat