b.草地生態系の持つ多面的機能の解明

b.草地生態系の持つ多面的機能の解明

課題番号2009013966
研究機関名農業・食品産業技術総合研究機構
研究期間2006-2010
年度2009
大課題(イ)豊かな環境の形成と多面的機能向上のための研究開発
中課題b.草地生態系の持つ多面的機能の解明
小課題b.草地生態系の持つ多面的機能の解明
大項目試験及び研究並びに調査に係る研究の推進方向
中項目エ 美しい国土・豊かな環境と潤いのある国民生活の実現に資する研究
摘要1)人為環境要因と半自然草地(ススキ優占草地)の植生遷移との関係を解析するために、遷移確率を利用した遷移予測モデルを作成し、ススキ優占草地の放棄、刈り取り、放牧処理時の長期植生変動を予測した。ライジングプレートメータを用いた草量推定に周期性関数を導入した関係式を作成し、生存部量の推定精度を平均二乗誤差(RMSE)で65gDM/m2から37gDM/m2へ大幅に向上させた。全国の放牧草地が、環境や管理要因(気温、降水量、放牧圧、施肥量)を取り込んだトレンド除去規範的符号分析(DCCA分析)により、寒地型、暖地型、高放牧圧型、低放牧圧型の4つの異なる集団から成ることを明らかにした。阿蘇地域における草原の刈り取り時期が植生に及ぼす効果を明らかにした。立地や管理条件から優占種を推定するモデル、及び絶滅危惧植物種の分布を立地・気象条件から推定するモデルを構築した。放棄草地跡の樹林地から草原を再生するためには、間伐と下刈りの組合せで地表の相対光量子密度20%以上を維持することが有効であることを明らかにした。2)那須研究拠点藤荷田山のススキ草地では火入れ区と放任区で土壌中の菌根菌相に違いは見られないことを明らかにするとともに、ポット試験の結果により菌根菌とミミズの共存は牧草の生育に関して相乗効果があることを示した。3)草地に生息する昆虫、鳥類、哺乳類について、その特徴及び種多様性の保全に果たす草地の維持・管理の役割を明らかにし、草地管理指標-草地の草地多面的機能編にとりまとめた。草地におけるダニと野生シカの相互作用を解析し、野生シカの牧場侵入が小型ピロプラズマ原虫の宿主となるダニ密度の増加をもたらし放牧牛における小型ピロプラズマ病の発生リスク要因となることを明らかにした。4)シバ型草地(半自然草地)では、人工草地に比べ、降雨流出率、ピーク流出量ともに大きいことを明らかにした。また、長さ10m程度の裸地部を有する草地斜面では、3m程度の牧草帯を残存させることで、降雨・土壌の流出抑制が可能であることを明らかにした。5)草地が関わる地球温暖化ガスのうち、メタンはスラリーと化学肥料を散布する草地で発生したが、堆肥と化学肥料を散布する草地では吸収すること、亜酸化窒素発生量は両者で同等であることを明らかにした。草地更新直後に大きな二酸化炭素放出が見られ、72時間以内には低下することを明らかにした。1990年時点における我が国の草地分布図と土壌炭素分布図を作成し、土壌炭素賦存量を見積もった。集約酪農地帯の草地がアンモニアの受容体として働いていることを明らかにした。
研究分担(独)農業・食品産業技術総合研究機構,畜草研,草地多面的機能研究チーム
協力分担関係信州大学
北海道大学
法政大学
(独)農環研
特定非営利活動法人阿蘇花野協会
財団法人阿蘇グリーンストック
予算区分技会交付金研究 新たな農林水産政策を推進する実用技術開発事業 文科省[科研費] 環境省・その他 その他
業績(1)野菜におけるデタージェント分析法適用上の問題点
(2)林地への放牧牛の導入が小型哺乳類の個体数およびその生息環境に及ぼす影響
(3)日本各地の草地におけるアーバスキュラー菌根菌相
(4)CERBERUS, a novel U-box protein containing WD-40 repeats, is required for formation of the infection thread and nodule development in the legume?Rhizobium symbiosis
(5)草地土壌の温室効果ガス・シンク・ソース機能に関する研究
(6)ススキ(Miscanthus sinensis Anderss.)優占草地とシバ(Zoysia japonica Steud.)優占草地の植物種組成に関する統計量の季節変化
(7)Differences in spectrum reflectance and physiological indices among three typical seminatural grasslands in Japan.
(8)放牧管理に伴う三瓶山ムラサキセンブリ(Swertia pseudochinensis)自生地の植生の変化
(9)Soil carbon stock in typical grasslands in Japan
(10)レッドデータブックに掲載された植物種による山陰2県の草原環境評価の試み
(11)Influence of nitrogen and phosphorus on polyphosphate accumulation in Gigaspora margarita during spore germination
(12)ATP-dependent but proton gradient-independent polyphosphate-synthesizing activity in extraradical hyphae of an arbuscular mycorrhizal fungus
(13)Polyphosphate has a central role in the rapid and massive accumulation of phosphorus in extraradical mycelium of an arbuscular mycorrhizal fungus
(14)Effect of distance from farm periphery on the risk of forage damage by sika deer (Cervus nippon)
(15)管理放棄により樹林化した草原跡地における管理再開が草原生植物の再生に及ぼす影響
(16)ムラサキセンブリ(Swertia pseudochinensis)個体群保全への休牧処理の効果
(17)中国5県のRDBを用いた絶滅危惧植物における生育環境の重要性評価の試み
(18)Short-chain polyphosphate in arbuscular mycorrhizal roots conlonized by Glomus spp.: A possible phosphate pool for host plants
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030093678
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat