d.地域資源を活用した豊かな農村環境の形成・管理技術の開発

d.地域資源を活用した豊かな農村環境の形成・管理技術の開発

課題番号2009013968
研究機関名農業・食品産業技術総合研究機構
研究期間2006-2010
年度2009
大課題(イ)豊かな環境の形成と多面的機能向上のための研究開発
中課題d.地域資源を活用した豊かな農村環境の形成・管理技術の開発
小課題d.地域資源を活用した豊かな農村環境の形成・管理技術の開発
大項目試験及び研究並びに調査に係る研究の推進方向
中項目エ 美しい国土・豊かな環境と潤いのある国民生活の実現に資する研究
摘要1)歴史・文化的な景観から受ける感動性についての研究を行い、景観の新たな評価手法の開発を進めるとともに、農村・農作業体験学習を行った場合の体験中と体験前における脳内酸素量の変化から、脳内の活性状態と安静状態を指標化できる方法を提示した。さらに、モデル地区において、GISデータの収集と現地実態調査から、主体と景域構造との関わりについて解明し、分類モデルを検討した。2)景観保全を適正に行うための、地域集団の管理活動ポテンシャルの評価手法を確立するために、モデル地区において、社会集団構造、集団機能、集団実績の分類法と、「集団構造/集団機能×集団の実績(活動実績と行政による評価)」で、管理活動ポテンシャルを数値化する評価モデルの構築を行った。管理活動ポテンシャル値と景観保全活動参画の関係を今後明らかにする。3)水田、ため池、揚水水車の変遷と立地環境に関するGISを構築し、管理が継続されている施設の減少、ほ場整備に伴う河川窒素濃度のかんがい期の低減と非かんがい期の上昇を明らかにした。また、事例地区でほ場整備後のため池に関するアンケート調査から、ため池をかんがい水補給機能としての管理のみならず、住民のいこいの場としても管理してほしいというという新たなニーズがあることを明らかにした。4)40道府県で採捕されたドジョウ444個のミトコンドリアDNAを分析し、我が国に生息するドジョウは、ヨーロッパ(Y)系、中国(C)系、在来(J)系の3種類から構成され、Y系は関東北部から北に、C系は東北南部から西に、J系は全国的に分布し、J系とその他は、同一水系でも棲み分けを行っていることを初めて明らかにした。この情報は、遺伝的多様性を考慮した環境配慮整備を行う際の基本情報である。農業水路の生態系を多様にするには複雑な底質と適切な維持管理が必要であることを炭素安定同位体比等で明らかにした。安定同位体比分析に行う際、これまで検体を殺していたが、実験倫理を考慮した分析法として趾(あしゆび)を分析する方法を提示した。魚類の移出入を考慮できるよう個体移動モデルを開発し、また水路に転落したカエル類の脱出口の適切な諸元、水深・流速などを明らかにした。
研究分担(独)農業・食品産業技術総合研究機構,農工研,景域整備研究室
(独)農業・食品産業技術総合研究機構,農工研,生態工学研究室
予算区分技会交付金研究 文科省[科研費]
業績(1)Isolation and characterization of 19 polymorphic microsatellite DNA markers in the Japanese brown frog (Rana japonica)
(2)市民参加型による田んぼの草花調査プログラムの開発 -畦畔植生を対象とした設計事例-
(3)住民属性を考慮した揚水水車に対する評価構造に関する考察
(4)わが国における灌漑用揚水水車の存廃要因と利活用について
(5)霞ヶ浦流域の主要河川の窒素濃度変化とその要因の検討
(6)住民による水田植生調査の調査特性に関する研究
(7)トウキョウダルマガエルの器官別炭素安定同位体比
(8)ニホンアカガエルの孵化率に対する産卵場の乾燥の影響-圃場整備水田における産卵場保全手法開発のための基礎的実験-
(9)農業水路に転落したカエル類の脱出対策に関する基礎的実験 -トウキョウダルマガエルが脱出しやすいスロープの傾斜角及び水路の水理条件-
(10)水のうを主材料とする簡易魚道の可能性
(11)遺伝的クレード(分岐群)から見る日本のドジョウの集団分布図
(12)農村・農作業体験時の脳内活性からみた教育・保健休養機能の定量化手法
(13)Fundamental Experiments to Develop Eco-friendly Techniques for Conserving Frog Habitat in Paddy Areas: Escape Countermeasures for Frogs Falling into Agricultural Concrete Canals
(14)ミトコンドリアDNAによるドジョウの遺伝特性-チトクロームb遺伝子の塩基配列による系統解析-
(15)Moving distance of field gudgeon, Gnathopogon elongates elongates, in agricultural canals in Japanese Yatsu-paddy fields, fields
(16)都市近郊地域における農地の非産業的利用の成立過程
(17)グリーンツーリズムにおける諸体験前後の脳内酸素量変化から見た教育・保健休養効果について-農業・農村体験学習の教育的機能・保健休養機能の定量的評価に関する研究(III)
(18)静岡県の農業景観の選考特性の属性間比較
(19)谷津田域におけるドジョウ集団の遺伝構造の解明-マイクロサテライトDNAを利用した千葉県下田川流域の事例-
(20)The potential of intra-regional supply and demand of agricultural products in an urban fringe area: A case study of the Kanto Plain, Japan
(21)Genetic structure analysis of populations of freshwater fish around paddy fields in Japan using microsatellite DNA: case study of Japanese endangered species, the Japanese eight-barbel loach, Lefua echigonia
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030093680
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat