(2) 農業生態系機能の発現に関与する情報化学物質の解明

(2) 農業生態系機能の発現に関与する情報化学物質の解明

課題番号2009014008
研究機関名農業環境技術研究所
研究期間2006-2010
年度2009
大課題1)農業生態系の構造・機能の解明と評価
中課題(2) 農業生態系機能の発現に関与する情報化学物質の解明
小課題(2) 農業生態系機能の発現に関与する情報化学物質の解明
大項目第2 国民に対して提供するサービスその他の業務の質の向上に関する目標を達成するためとるべき措置
中項目1.試験及び研究並びに調査
摘要1)バラ科植物等が産生する生理活性物質の機能解明 平成20年度までに100種類以上のバラ科植物から選抜を行い、ユキヤナギに含まれるシス-ケイ皮酸グルコシドが非常に高い植物生育阻害活性を示すことが明らかとなったため、その類縁化合物の検討を行った。シス-ケイ皮酸のベンゼン環上に置換基を導入し、その活性変化を解析し、置換基の位置(オルト、メタ、パラ位)による活性発現の違いを明らかにするとともに、シス-ケイ皮酸よりも高いアレロパシー活性を示す化合物を発見した(特許出願)。また、日本在来の被覆植物であるシランのアレロパシー活性の原因物質としてミリタリンを単離し、その構造を明らかにした。2)ノメイガ類等昆虫の増殖に関わる情報化学物質の機能解明 実験室内での交雑実験および野外採集個体の形態学的検証から、フキノメイガとツワブキノメイガが高い頻度で交雑しており、交雑体の性フェロモンは、両者の産生する性フェロモンの中間的な形質を示すことを明らかにした。他種との交雑によって、性フェロモンによる害虫防除の効率が低下する可能性が示唆された。3)生分解性プラスチック分解微生物の機能解明 高い生分解性プラスチック(以下、「生プラ」と略)分解活性を持つカビ(菌株名47-9)で、大量の酵素が安定して生産される条件を検討し、同じ菌体を再生利用して10 回以上の反復培養が可能になった。本酵素は液体状態と凍結乾燥粉末両方で、室温で長時間活性が維持されることを明らかにした(特許出願)。さらに、実用化を念頭においた実験にも着手し、水分条件が分解速度に与える影響が大きいことを明らかにした。 なお、シーズ研究から発展した成果として以下の成果が得られている。4)バイオエタノールを生産する固体発酵法 セルロース系バイオマスを収穫後、低水分のまま貯蔵している間に糖化とエタノール発酵を行う、新しいバイオエタノール生産方法「固体発酵法」を実験室規模で開発した。この方法により、サイレージと同様に刈り取り直後の材料草を容器に圧密/密閉する際に、バイオマス糖化酵素とエタノール発酵用酵母を添加することで、飼料イネホールクロップ(穂と茎葉を含んだ植物体全体)からバイオエタノールと飼料生産の可能性が示唆される。
研究分担(独)農業環境技術研究所,生物生態系機能研究領域
予算区分技会交付金研究 イノベーション創出事業 委託・環境研究[eDNA] 技会・その他 文科省[科研費]
業績(1)Jasmonate-dependent plant defense restricts thrips performance and preference
(2)Volatile compounds from young peach shoots attract males of oriental fruit moth in the field
(3)Cellular and transcriptional responses of yeast to the cleavage of cytosolic tRNAs induced by colicin D.
(4)Synthesis of (-)-epicatechin 3-(3-O-methylgallate) and (+)-catechin 3-(3-O-methylgallate), and their anti-inflammatory activity
(5)An improved method to extract RNA from soil with efficient removal of humic acids
(6)A new approach to retrieve full lengths of functional genes from soil by PCR-DGGE and metagenome walking
(7)Occurrence of Corynespora cassiicola isolates resistant to boscalid on cucumber in Ibaraki Prefecture, Japan
(8)フジコナカイガラムシPlanococcus kraunhiae(Kuwana)(カメムシ目:コナカイガラムシ科)に対する性フェロモン成分による交信攪乱効果
(9)Can herbivore-induced plant volatiles inform predatory insect about the most suitable stage of its prey?
(10)ウコンノメイガ(ツトガ科:ノメイガ亜科)の性誘引物質
(11)Site-directed mutagenesis of the cytochrome b gene and development of diagnostic methods for identifying QoI resistance of rice blast fungus
(12)Inhibitory effects of permethrin on flight responses, host-searching, and foraging behaviour of Cotesia vestalis (Hymenoptera: Braconidae), a larval parasitoid of Plutella xylostella (Lepidoptera: Plutellidae)
(13)Sex pheromone components of the pear fruit moth, Acrobasis pyrivorella (Matsumura)
(14)Biosynthetic origin of the nitrogen atom in cyanamide in Vicia villosa subsp. varia
(15)Characterisation of QoI-resistant field isolates of Botrytis cinerea from citrus and strawberry
(16)Mannosylinositol phosphorylceramide is a major sphingolipid component and is required for proper localization of plasma membrane proteins in Schizosaccharomyces pombe
(17)Accumulation of H2O2 in xylem fluids of cucumber stems during ASM-induced systemic acquired resistance (SAR) involves increased LOX activity and transient accumulation of shikimic acid
(18)An efficient synthesis of procyanidins using equimolar condensation of catechin and/or epicatechin cotalyzed by ytterbium triflate
(19)Effect of azoxystrobin on activities of antioxidant enzymes and alternative oxidase in wheat head blight pathogens Fusarium graminearum and Microdochium nivale
(20)植物成長調節剤、桂皮酸誘導体化合物、及びその製造方法
(21)Identification and activity of ethyl gallate as an antimicrobial compound produced by Geranium carolinianum
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030093694
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat