(1) 地球環境変動が農業生態系に及ぼす影響予測と生産に対するリスク評価

(1) 地球環境変動が農業生態系に及ぼす影響予測と生産に対するリスク評価

課題番号2009014009
研究機関名農業環境技術研究所
研究期間2006-2010
年度2009
大課題2) 農業生態系の変動メカニズムの解明と対策技術の開発
中課題(1) 地球環境変動が農業生態系に及ぼす影響予測と生産に対するリスク評価
小課題(1) 地球環境変動が農業生態系に及ぼす影響予測と生産に対するリスク評価
大項目第2 国民に対して提供するサービスその他の業務の質の向上に関する目標を達成するためとるべき措置
中項目1.試験及び研究並びに調査
摘要1)ほ場スケールでの影響評価(水田生態系応答モデルの開発) 温度・CO2濃度への生理、生育応答の遺伝的変異に関する研究では、これまでに実施したFACE(開放系大気CO2増加実験)及びチャンバー実験の結果を解析し、コシヒカリ、あきたこまち、秋田63号、タカナリ等の品種について、CO2 増加に対する収量応答、高CO2 条件での光合成の窒素利用効率、光合成の応答低下の程度に顕著な品種間差があることを明らかにした。 影響予測モデルの開発・改良研究では、高温による登熟不良を再現するために、粒の成長期間、成長速度、開花時系列パターンを温度の関数とする簡易な登熟モデルを開発した。環境制御チャンバーを用いて広範囲の温度条件から得られた登熟結果を用いて登熟モデルの検証を行ったところ、気温上昇に伴う粒重分布の変化を概ね再現できることがわかった。また、研究の一環として、低コストで高精度に気温を測定できる強制通風筒が開発された。2)地域スケールでの影響評価 平成19年度の成果であるモデル結合型作物気象データベース(MeteoCrop DB)を用いて、平成21年夏の気象条件が水稲作況に与えた影響の解析を行い、特に低日照となった本州日本海側で作況が低下したこと、低日照に加え7月の冷却が強かった北海道で、障害型冷害により作況不良となったことを示した。平成21年は、過去の冷害年と異なり、冷夏を伴わない記録的低日照の夏であり、このような年の作況解析は今後の地球温暖化など気候変動の影響を評価する上で重要である。また、研究の一環として、時別日射量の高精度測定法が開発され、データセットとして公開に向け準備が進められている。
研究分担(独)農業環境技術研究所,大気環境研究領域
予算区分技会交付金研究 委託・環境研究[地球温暖化プロ] 委託・その他プロ 文科省[科研費] 文科省・その他 環境省競争的資金 環境省・その他
業績(1)時別日射量の高精度推定法の開発と日本全域におけるデータセットの作成
(2)Genetic improvements for high yield and low soil nitrogen tolerance in rice (Oryza Sativa L.) under a cold environment
(3)Diurnal and seasonal variations in stomatal conductance of rice at elevated atmospheric CO2 under fully open-air conditions
(4)都市化の影響を考慮した近年の日本における気温変化傾向とその地域的・季節的な特性について
(5)Validation of revised DNDC model for methane emissions from irrigated rice fields in Thailand and sensitivity analysis of key factors
(6)Air-lake interaction features found in heat and water exchanges over Nam Co on the Tibetan Plateau
(7)植物の水吸収に着目して地上部と地下部の結びつきを考える
(8)Atmospheric turbidity estimation from hourly global solar radiation data under cloudless skies
(9)A climatological analysis on the recent declining trend of rice quality in Japan
(10)Precise estimation of hourly global solar radiation for micrometeorological analysis by using data classification and hourly sunshine
(11)Modelling the impacts of weather and climate variability on crop productivity over a large area: A new super-ensemble-based probabilistic projection
(12)気候変化がわが国におけるコメ収量変動に及ぼす影響の広域評価
(13)Rice plant response to long term CO2 enrichment: Gene expression profiling
(14)低コストで高精度の気温測定を可能にする強制通風筒
(15)Development of impact functions on regional paddy rice yield in Japan for integrated impact assessment models
(16)Effects of temperature, solar radiation, and vapor-pressure deficit on flower opening time in rice
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030093695
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat