(1) 農業環境資源インベントリーの構築と活用手法の開発

(1) 農業環境資源インベントリーの構築と活用手法の開発

課題番号2009014012
研究機関名農業環境技術研究所
研究期間2006-2010
年度2009
大課題2) 環境資源の収集・保存・情報化と活用
中課題(1) 農業環境資源インベントリーの構築と活用手法の開発
小課題(1) 農業環境資源インベントリーの構築と活用手法の開発
大項目第2 国民に対して提供するサービスその他の業務の質の向上に関する目標を達成するためとるべき措置
中項目1.試験及び研究並びに調査
摘要ア リモートセンシング・地理情報システムを用いた農業環境資源の情報化と活用1)農業生態系情報抽出評価のためのリモートセンシング・GIS手法の開発 群落スケールの生育監視等に活用できる可視・近赤外域数波長の分光画像を野外計測する簡易システムを開発した。ハイパースペクトラ解析に基づき高精度で汎用性が高い群落窒素量の評価指数を見出した。新規XバンドSAR衛星による後方散乱信号とイネ穂重との間に密接な関係を見出し、収量の直接評価の可能性を得た。2)生物生息域評価のための空間構造指標の開発 生物生息域としての機能面から土地利用分布や異種地目の配置の空間構造的特徴を評価するため、生物の移動の難易度を示す指標である累積コスト指数を用いて、土地利用のモザイク性を考慮して生息地の連続性を評価する手法(累積コスト法)を確立した。スケールの異なる地域を対象に、森林棲生物等を想定した広葉樹林からの累積コスト図と、水生生物や水鳥等を想定した水域からの累積コスト図を作成した。この手法により様々な場合の生息地連続性を可視化することが可能となった。イ 総合的なインベントリーの構築と利用法の開発1)農耕地土壌情報システムの構築と公開 2001年の土地利用に対応した新しい農耕地土壌図を作成し、さらに本研究所に長期に渡り蓄積されている全国の農耕地土壌に関する情報を、体系化し閲覧システムを構築してWeb上で公開した(http://www.niaes.affrc.go.jp/)。本システムには、デジタル農耕地土壌図(縮尺:1/5 万)、土壌の種類毎の説明と土壌の写真や模式図(土壌解説資料)、および土壌を現地で調査する際に記入する断面記載表と理化学性分析データ(基準土壌断面データベース:全国で7115 の調査地点)を収録している。本システムの土壌図は農業生産力評価、農耕地土壌の炭素貯留機能や水質浄化機能の評価などといった農業生産・地域環境の両側面での利活用が期待され、基準土壌断面データベースは土壌の多面的機能の評価、大学等での土壌学の教育素材、調査事業等で土壌調査のための調査支援ツール等への利活用が期待される。2)包括的土壌分類試案の策定 包括的土壌分類試案策定のため、外部研究者11 名、内部研究者6 名でワーキンググループを組織した。農耕地土壌分類第3 次改訂版(1995)と「日本の統一的土壌分類体系-第二次案(2002)-」を融合する方式で、包括的土壌分類体系試案を策定する基本方針の下、特徴層位、識別特徴、および検索表からなる第1 次素案を作成し、ワーキンググループで検討した。3)都道府県別農地の窒素・リン酸収支算定データベースの構築 我が国の農地における窒素・リン酸の収支は、OECD 加盟国中それぞれ4 番目、1 番目に多いことから、地域的なバラツキ、作物別や畜種別の特徴を明らかにし、収支を改善する必要がある。そこで、肥培管理に関する調査結果、肥料生産量、作物栽培・家畜飼養に関する農業統計をもとに、1985 年から2005 年まで(5 年ごと)の都道府県別、作目別、畜種別に窒素・リン酸収支を算定したデータベースを構築した。また、これを用いた解析により、我が国全体で収支は逓減しているが、野菜での窒素収支の過剰や未利用となる家畜ふん尿が増加していることを明らかにした。本データベースを農業環境リスク指標の一つとしてとらえ、都道府県別の一酸化二窒素発生量の推計や、地下水・河川・湖沼の水質の改善に利用することができる。4)昆虫インベントリーの拡充 明治時代から昭和20 年代後半にかけて我が国で行われた昆虫研究に関する文献情報をほぼ網羅した貴重な資料である「三橋ノート」のうち、多数の害虫や益虫を含み農林学的な重要性が高いグループであるコウチュウ目に関係する全135 冊、19,992 頁の画像を取得し、公開した。このデータベースは、各種の分布や害虫種の発生状況、益虫の利用状況など、過去のコウチュウ目に関する文献を検索する上で、貴重な情報源となる。アジア地域のガ類標本では国内屈指の杉 繁郎コレクションのタイプ標本を公開した。178 点のタイプ標本を中心とする合計379 点の標本の画像、種名、ラベルデータ、文献情報などが閲覧できる。タイプ標本は、新種を報告する時に1 個体指定する模式標本で、国際動物命名規約により相応の研究機関での管理が勧告されている。侵入害虫や生物多様性の評価などにおける分類学的研究への活用が期待される。5)ジーンバンク事業 平成21 年度事業計画に基づき、微生物ジーンバンクについては、新規MAFF 登録株を20 株、特性420 点を登録した。昆虫ジーンバンクについては、新規1系統(タバココナジラミ(バイオタイプQ))を導入し、2 種9 項目の特性評価を実施した。
研究分担(独)農業環境技術研究所,生態系計測研究領域
協力分担関係富山高等専門学校
木村応用工芸(有)
富山県農林水産総合技術センター
富山県庁
予算区分技会交付金研究 委託・環境研究[地球温暖化プロ] 委託・環境研究[eDNA] 技会・その他 生産局交付金プロ 文科省[科研費]
業績(1)Agro-ecological interpretation of rice cropping system in flood-prone areas using MODIS imagery
(2)Analysis of rapid expansion of inland aquaculture and triple rice-cropping areas in a coastal area of the Vietnamese Mekong Delta using MODIS time-series imagery
(3)A redescription of Euryarthrum hastigerum Holzschuh (Coleoptera, Cerambycidae), with description of its new relative from Kalimantan, Indonesia
(4)土壌微生物生態研究への回帰木解析の応用
(5)Daytime and nighttime field spectral imagery of ripening paddy rice for determining leaf greenness and 1000-grain weight
(6)Continuous monitoring of visible and near-infrared band reflectance from a rice paddy for determining nitrogen uptake using digital cameras
(7)Investigation of possibility using PALSAR to monitor changes in rice paddy fields
(8)赤かび病抵抗性の異なるコムギ2品種における赤かび病発生とデオキシニバレノール蓄積に及ぼす感染時期の影響
(9)Nitrogen and phosphate balance on crop production in Japan on national and prefectural scales
(10)国・都道府県に存在する有機性廃棄物資源量と農耕地の有機物受入れ量の推計
(11)アブラナ科野菜根こぶ病の発病に及ぼす各種有機質資材施用の影響
(12)Courtship songs of Chrysoperla nipponensis (Neuroptera: Chrysopidae) delineate two distinct biological species in Eastern Asia
(13)Recent trends in phosphate balance nationally and by region in Japan
(14)農耕地土壌に関する情報をWEB上で閲覧するシステムの公開
(15)Blue mold of tomato caused by Penicillium oxalicum in Japan
(16)重粘土汎用ほ場の作付け履歴と低水分領域の保水特性
(17)黒ボク土および灰色低地土の深度別アンモニウム・硝酸吸着等温パラメータの算出
(18)青枯病菌 Ralstonia solanacearum の分類の現状と課題
(19)Molecular characterisation of some species of Mylonchulus (Nematoda: Mononchida) from Japan and comments on the status of Paramylonchulus and Pakmylonchulus
(20)Molecular cloning and linkage mapping of cryptochrome multigene family in soybean
(21)FOSS4Gを用いた歴史的農業環境閲覧システムの構築
(22)Field radiometer with canopy pasture probe as a potential tool to estimate and map psture biomass and mineral components: a case study in the Lake Taupo catchment, New Zealand
(23)Yield response of indica and tropical japonica genotypes to soil fertility conditions under rainfed uplands in northern Laos
(24)Analysis of spatial and temporal variation of soil organic carbon budget in northern Kazakhstan
(25)1992年の農耕地分布に基づくデジタル農耕地土壌図の作成
(26)2008年に北海道で発生したヘリキスジノメイガの発生地域と被害状況
(27)迅速測図をはじめとする各種地図のGIS解析による茨城県南部における農村土地利用の時系列変化の研究
(28)Detection of yearly change in farming system in the Vietnamese Mekong Delta from MODIS time-series imagery
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030093698
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat