(1) 昆虫制御剤標的遺伝子の探索と利用技術の開発

(1) 昆虫制御剤標的遺伝子の探索と利用技術の開発

課題番号2009013990
研究機関名農業生物資源研究所
研究期間2006-2010
年度2009
大課題2)昆虫の環境適応機構の解明と制御技術の開発
中課題(1) 昆虫制御剤標的遺伝子の探索と利用技術の開発
小課題(1) 昆虫制御剤標的遺伝子の探索と利用技術の開発
大項目第2 国民に対して提供するサービスその他の業務の質の向上に関する目標を達成するためとるべき措置
中項目1.試験及び研究並びに調査
摘要1.昆虫の発育や発生分化・行動等を支配する遺伝子の機能解明については、幼若ホルモン(JH)の作用機構を中心として中期計画に沿って順調に研究が進んでいる。未同定のJH後期合成経路の一つである、ファルネソールデヒドロゲナーゼの候補遺伝子を同定した。また、昨年度同定したJH早期応答性遺伝子Kr-h1のJH応答配列(JHRE)を用いた解析により、BmMet2がカイコのJH受容体であることが強く示唆されており、JHの合成及び情報伝達機構の全容解明に近づきつつある。2.脱皮ホルモンの合成に関しても、カイコ脱皮異常突然変異である光沢不眠蚕(nm-g)の原因遺伝子が、ブラックボックスと呼ばれこれまで未解明だった合成ステップで機能する新規の短鎖デヒドロゲナーゼ遺伝子であることを明らかにした。さらにショウジョウバエの胚性致死突然変異体(sro)の原因遺伝子がnm-gのオーソログであることも明らかにした。また、脱皮ホルモン合成を抑制するカイコ前胸腺抑制ペプチド(PTSP)の受容体を同定し、ショウジョウバエの性ペプチド受容体と同一であることを明らかにするとともに、脱皮ホルモン合成の制御が、中枢神経だけでなく末梢の神経細胞も関与する複雑なメカニズムであることを解明した。3.行動制御に関わる遺伝子として機能解析を進めてきた3種のカイコドーパミン受容体については、アゴニスト・アンタゴニストのスクリーニング系の開発へと進んでいる。4.生殖・発生に関わる遺伝子については、カブラハバチにおいてlarval RNAi法及びparental RNAi法を確立し、初期発生に関わる遺伝子の機能解析に進みつつある。また、ヤマトヒメミミズの再生に関与する遺伝子の再生初期における詳細な発現解析により機能の推定を進めるとともに、siRNAによるRNAi法をほぼ確立し、遺伝子機能の解析を可能とした。
研究分担(独)農業生物資源研究所,昆虫科学研究領域,制御剤標的遺伝子研究ユニット
(独)農業生物資源研究所,昆虫科学研究領域,制御剤標的遺伝子研究ユニット
(独)農業生物資源研究所,昆虫科学研究領域,制御剤標的遺伝子研究ユニット
(独)農業生物資源研究所,昆虫科学研究領域,制御剤標的遺伝子研究ユニット
(独)農業生物資源研究所,昆虫科学研究領域,制御剤標的遺伝子研究ユニット
(独)農業生物資源研究所,昆虫科学研究領域,制御剤標的遺伝子研究ユニット
(独)農業生物資源研究所,昆虫科学研究領域,制御剤標的遺伝子研究ユニット
(独)農業生物資源研究所,昆虫科学研究領域,制御剤標的遺伝子研究ユニット
(独)農業生物資源研究所,昆虫科学研究領域,制御剤標的遺伝子研究ユニット
(独)農業生物資源研究所,昆虫科学研究領域,制御剤標的遺伝子研究ユニット
(独)農業生物資源研究所,昆虫科学研究領域,制御剤標的遺伝子研究ユニット
(独)農業生物資源研究所,昆虫科学研究領域,制御剤標的遺伝子研究ユニット
(独)農業生物資源研究所,昆虫科学研究領域,制御剤標的遺伝子研究ユニット
(独)農業生物資源研究所,昆虫科学研究領域,制御剤標的遺伝子研究ユニット
予算区分技会交付金研究 イノベーション創出事業 委託・バイテク先端技術[アグリゲノム] 技会・その他 文科省[科研費]
業績(1)特定波長に対するチャバネアオカメムシの光応答反応;活動リズムと走光性
(2)カイコ幼虫のイノシトールによる咀嚼運動の修飾メカニズム
(3)アカタテハ成虫脚ふ節の味覚:食物中の糖および発酵産物への応答
(4)チョウ目昆虫幼虫の摂食行動制御における味覚と生体アミンの関与
(5)Developmental and hormonal regulation of Kr ppel homolog 1 in the silkworm, Bombyx mori
(6)Modeling schizophrenia in flies: Direct expression of a schizophrenia susceptibility gene, DISC1, impairs arousal and associative learning in Drosophila
(7)3種のodorant binding-like proteinおよびtakeout-like proteinのカイコガ幼虫味覚器官における発現パターン
(8)ホメオティック突然変異による雄カイコガ交尾中の羽ばたき異常
(9)ショ糖やイノシトールによるカイコ幼虫の飲み込み運動パターンの修飾
(10)コブ蚕における真皮細胞の形態変化とコブ形成について
(11)Bombyx prothoracicostatic peptides activate the sex peptide receptor to regulate ecdysteroid biosynthesis
(12)Spatial expression of the mevalonate enzymes involved in juvenile hormone biosynthesis in the corpora allata in Bombyx mori
(13)An oviposition stimulant binding protein in a butterfly: Immunohistochemical localization and electrophysiological responses to plant compounds
(14)Molecular characterization and functional analysis of novel carboxyl/cholinesterases with GQSAG motif in the silkworm Bombyx mori
(15)Molecular characterization and enzymatic analysis of juvenile hormone epoxide hydrolase genes in the red flour beetle Tribolium castaneum
(16)Functional and evolutionary insights from the genomes of three parasitoid Nasonia species
(17)Spatial and temporal changes of mitotic activity in the epidermis during larval development of the silkworm, Bombyx mori
(18)Epidermal mitotic activity associated with knob formation in the “Knobbed” mutant of the silkworm, Bombyx mori
(19)A homeotic mutation influences the wing vibration patterns during mating in males of the silkworm moth Bombyx mori
(20)Ecdysis triggering hormone signaling in arthropods
(21)Identification and expression analysis of Ras gene in silkworm, Bombyx mori
(22)Resistance in the plant, Barbarea vulgaris, and counter-adaptations in flea beetles mediated by saponins
(23)Characterization of Bombyx embryo segmentation process: expression profiles of engrailed, even-skipped, caudal, and wnt1/wingless homologues
(24)Bombyx mori Ras proteins BmRas1, BmRas2 and BmRas3 are neither farnesylated nor palmitoylated but are geranylgeranylated
(25)Novel gene encoding precursor protein consisting of possible several neuropeptides expressed in brain and frontal ganglion of the silkworm, Bombyx mori
(26)昆虫ホルモン作用メカニズムの解明とIGR開発への利用 公開シンポジウム「ポストゲノム時代の害虫防除研究のあり方」
(27)カイコの突然変異体“縮み蚕”における筋収縮の誘導要因
(28)トランスジェニックカイコを用いたKr ppel homolog 1遺伝子のin vivo機能解析
(29)Structure determination of a new juvenile hormone from a heteropteran insect
(30)MIPs are ancestral ligands for the sex peptide receptor
(31)Chaperonin contributes to cold hardiness of the onion maggot Delia antiqua through repression of depolymerization of actin at low temperatures
(32)カブラハバチにおけるlarval RNAi法を用いたDistal-less遺伝子の解析
(33)チャバネアオカメムシのJHネットワーク遺伝子の同定と機能解析
(34)カメムシ由来の新規幼若ホルモンの構造決定
(35)昆虫の摂食行動モチベーション調節因子HemaPの生体アミンに対する影響
(36)カイコ光沢不眠蚕遺伝子nm-gはエクジソン生合成に関わるshort-chain dehydrogenase/reductaseをコードする
(37)Molecular characterization of juvenile hormone network genes in the silkmoth, Bombyx mori
(38)Cloning and functional expression of a farnesoic acid O-methyltransferase homologous to insect JHAMT from a crustacean, Daphnia pulex
(39)Recent progress on the molecular mechanisms of juvenile hormone biosynthesis and action
(40)Tarsal gustatory response to rotting food constituents in two nymphalid butterflies, Vanessa indica and Argyreus hyperbius
(41)Frequency of feeding motivation in the silkworm is modulated by fluctuation of a novel peptide in hemolymph
(42)Facilitated transport and active retention of BMP draw diversified wing vein patterns in insects
(43)Screening of the Bombyx mori farnesoic acid 10,11-epoxidase, CYP15C1, inhibitors
(44)A novel juvenile hormone isolated from a heteropteran insect, Plautia stali
(45)カブラハバチの成虫付属肢形成における遺伝子の機能解析を目的としたlarval RNAi法の確立
(46)Developmental and hormonal regulation of Kruppel homolog 1 gene expression in the silkworm, Bombyx mori and its cell lines
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030093710
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat