(3)昆虫の生体防御機構の解明と利用技術の開発

(3)昆虫の生体防御機構の解明と利用技術の開発

課題番号2009013992
研究機関名農業生物資源研究所
研究期間2006-2010
年度2009
大課題2)昆虫の環境適応機構の解明と制御技術の開発
中課題(3)昆虫の生体防御機構の解明と利用技術の開発
小課題(3)昆虫の生体防御機構の解明と利用技術の開発
大項目第2 国民に対して提供するサービスその他の業務の質の向上に関する目標を達成するためとるべき措置
中項目1.試験及び研究並びに調査
摘要1.カブトムシディフェンシン由来改変ペプチド固定化綿布の作製  綿布の表面に共有結合させたスペーサーを介してアミノ酸をFmoc法により縮合させ、カブトムシディフェンシン由来改変ペプチドを綿布の上で合成した。得られたカブトムシディフェンシン由来改変ペプチド固定化綿布についてJIS規格に基づく抗菌試験法を用いて、黄色ブドウ球菌(Staphylococcus aureus)に対する抗菌活性を測定したところ、培養液中の菌が完全に死滅したことが明らかになった。改変ペプチド固定化綿布を洗浄し、オートクレーブによる滅菌操作を行った後に再度抗菌試験を行ったが、5回繰り返しても強い抗菌活性は維持された。また、マウス骨髄腫細胞P3-X63-Ag8.653及びヒト白血病細胞Jurkatに対する活性を測定した。培地中に改変ペプチド固定化綿布を入れて培養し、24時間後のがん細胞の生存率を計算したところ、いずれも大幅に減少した。改変ペプチド固定化綿布の洗浄、滅菌を繰り返し行っても抗がん活性は維持された。以上の結果から、カブトムシディフェンシン由来改変ペプチド固定化素材は、再利用可能な強力な抗菌・抗がん性素材として非常に有望であると考えられる。2.核多角体病ウイルスに対する免疫応答遺伝子の解析  カイコ核多角体病ウイルス(BmNPV)の感染に伴う宿主の免疫応答機構に関与する遺伝子を明らかにするために、マイクロアレイ法を用いた網羅的な解析を行った。BmNPVに対して高い感受性を示すカイコ胚由来の培養細胞であるNIAS-Bm-Oyanagi2細胞を用い、感染12時間後の遺伝子発現を無処理区のものと比較した。得られたデータからBmNPVに感染したときに有意に発現量が増加、減少するクローンを抽出しカイコゲノムデータベース(KAIKObase)を用いて解析を行った。その結果、大多数のものは機能が未知のものであったが、免疫応答に関わると考えられる転写因子や膜局在性レセプター、細胞内輸送因子などが含まれていた。
研究分担(独)農業生物資源研究所,昆虫科学研究領域,生体防御研究ユニット
(独)農業生物資源研究所,昆虫科学研究領域,生体防御研究ユニット
(独)農業生物資源研究所,昆虫科学研究領域,生体防御研究ユニット
予算区分技会交付金研究 委託・バイテク先端技術[アグリゲノム] 文科省[科研費] その他
業績(1)Isolation and unique post-translational modificatiion of a novel antiviral protein against nucleopolyhedrovirus in the silkworm,Bombyx mori.
(2)Mitochondria disruptive 9-mer peptides conjugated with tumor homing domain: cyclic RGD motif
(3)Development of the antibacterial fiber bearing the synthetic peptide designed on the basis of the active site of beetle defensin
(4)Gene specific knockdown in a silkworm cell line by small hairpin RNA expression plasmids generated by a novel method
(5)A genome-wide analysis of genes and gene families involved in innate immunity of Bombyx mori.
(6)An enhancer for membrane-disrupting antimicrobial peptides
(7)Mode of action of the enhancer peptide NP4P for membrane-disruptive anti-microbial peptides
(8)Mode of action and conformation of cationic antimicrobial peptides NP1P-NP3P derived from natural non-antimicrobial sequences by acid-amide substitution
(9)A method to design novel cationic antimicrobial peptides from natural non-antimicrobial sequences by acid-amide substitution
(10)カブトムシディフェンシン由来改変ペプチドの多機能解析
(11)カブトムシディフェンシン由来の抗微生物ペプチドを用いた抗菌加工繊維の開発
(12)カイコゲノム情報から明らかになったカイコの自然免疫
(13)タイワンカブトムシ(Oryctes rhinoceros)由来オリクチンの溶液NMR構造解析・機能解析
(14)DNA vector-based RNA interference in cell lines derived from Bombyx mori
(15)Functions of Manduca sexta hemolymph proteinases HP6 and HP8 in two innate immune pathways
(16)Bactrocerin-1: A novel inducible antimicrobial peptide from pupae of oriental fruit fly Bactrocera dorsalis Hendel
(17)Functional characterization of a Cactus homolog from the silkworm Bombyx mori
(18)Evolution of ASABF (Ascaris suum antibacterial factor)-type antimicrobial peptides in nematodes: Putative rearrangement of disulfide bonding patterns
(19)Genome-wide analysis of host gene expression in the silkworm cells infected with Bombyx mori nucleopolyhedrovirus
(20)Expression profiling of novel bacteria-induced genes from the silkworm, Bombyx mori
(21)An enhancer peptide for membrane-disrupting antimicrobial peptides
(22)Characteristics of novel insect defensin-based membrane-disrupting trypanocidal peptides
(23)Expression of a cysteine proteinase inhibitor gene in silkworm Bombyx mori following Trypanosoma brucei challenge
(24)Characterization of trypsin-and chymotrypsin-like genes in the midgut of the tsetse fly Glossina morsitans morsitans (Diptera: Glossinidae)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030093712
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat