おうとう品種改良

おうとう品種改良

県名北海道
研究機関名北海道立中央農業試験場
課題種別試験研究課題
研究期間継H2〜
年度2003
研究対象オウトウ
概要目的:北海道に適した大玉で良品質の優良な品種を育成する。 計画:交配実生を養成し、選抜を行う。主な育種目標は良食味、大玉、耐寒性、自家結実性、コンパクト性である。期待される成果:現在本道では「佐藤錦」、「北光」、「南陽」が中心に栽培されているが、それぞれ優れた特性を持つ反面、耐寒性、果実の大きさや着色などに改良すべき点も多い。また、オウトウは樹体が大きくなりやすく、結実が不安定であるなど、栽培上の問題も指摘されている。新品種を育成することでこれらの問題の改善となる。 得られた成果:なし。 成果の受け渡し先:北海道  残された問題点:特になし。
研究分担作開・果樹
戦略作物育種
予算区分道単
専門育種
部門果樹
業績(1)よくわかるQ&A おうとうの作り方
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030093794
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat