家畜糞尿による環境汚染防止対策技術の体系化(4)パドックおよび野積み糞尿における環境汚染防止対策の確立

家畜糞尿による環境汚染防止対策技術の体系化(4)パドックおよび野積み糞尿における環境汚染防止対策の確立

県名北海道
研究機関名北海道立根釧農業試験場
課題種別試験研究課題
研究期間完H11〜15
年度2003
研究対象乳用牛
概要牛舎周辺の環境整備とふん尿混じりの流出水による環境汚染を防止するため、パドックを併設したフリーストール牛舎でパドックを閉鎖した場合の乳牛活動量変化およびパドックの利用形態によるふんの分布を検討してパドック内に排せつされるふんの低減法を明らかにする。(1)パドックを閉鎖した場合の乳牛の活動量変化:利用可能な牛舎面積が半分以下に減少しても群全体の平均活動量は大きく変化しなかった。しかし、個体(特に初産牛)によつては活動量が20〜22%も減少した。(2)パドックの利用形態とふん量低減法の検討:飼料の給与場所をパドック内から牛舎内に変更することによってパドック内のふん量を排ふん量全体の約35%から約6%にまで減少することができた。パドック内のふん量はパドックの利用時間が長くなるにしたがって増加するが、排ふんが飼料の給与後の採食時に集中するため、飼料給与後の採食が落ち着いた頃を視てパドック内の除ふんするとふんがパドック内に大量に残っている時間を短くすることができる。
研究分担草地環境科、酪農施設科
戦略環境
予算区分道単
専門環境
部門
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030094182
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat