ばれいしょ新品種育成に関する試験

ばれいしょ新品種育成に関する試験

県名北海道
研究機関名北海道立北見農業試験場
課題種別試験研究課題
研究期間継S32〜
年度2003
研究対象馬鈴しょ
概要目的:寒地北東部向け耐冷性、病害、ジャガイモシストセンチュウ抵抗性、でん粉および加工食品原料用品種の育成。成績の概要:交配、実生個体選抜、第二次個体選抜試験、系統選抜試験を行った。生産力検定試験:北系系統では「北系16号」を廃棄とした。新北育系統では、やや多収でポテトチップ品質に優れる加工用系統「北系19号」を「北育10号」、でん粉品質に優れるでん粉原料用系統「北系20号」を「北育11号」として選抜した。また、新北系系統として早生でやや多収の生食用系統「北系21号」、ごく多収の生食用系統「北系22号」、でん粉収量が高く品質も優れるでん粉原料用系統「北系23号」、中生ででん粉品質の優れるでん粉原料用系統「北系24号」を選抜した。その他に有望系統の栽培特性検定試験を行った。
研究分担作物研究部馬鈴しょ科
戦略作物育種
予算区分指定
専門育種
部門馬鈴しょ
業績(1)Antisense inhibition of mitochon drial pyruvate dehydrogenase E1α subunit in anther tapetum causes male sterility
(2)ジャガイモシストセンチュウ抵抗性で早掘りに向くでん粉原料用ばれいしょ新品種「北育5号」
(3)ジャガイモシストセンチュウ抵抗性で早掘りに向くでん粉原料用ばれいしょ新品種「北育5号」
(4)ばれいしょ新品種「北育5号」
(5)ばれいしょ地域在来品種の特性
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030094222
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat