水田除草剤抵抗性雑草の発生生態の解明と防除技術の確立

水田除草剤抵抗性雑草の発生生態の解明と防除技術の確立

県名宮城県
研究機関名宮城県古川農業試験場
課題種別試験研究課題
研究期間継H15〜17
年度2003
研究対象水稲
概要除草剤抵抗性雑草の効率的な防除対策を確立するため、水田雑草の草種別発生状況調査、SU抵抗性草種の防除技術等について検討した。既登録成分剤を中心に選定した資材を用いてSU抵抗性コナギの発見された現地圃場において、現地防除試験を行った。誰でも簡単に、短期間でSU抵抗性を検定できる方法を開発し、そのキット化を図った。水田雑草の発生消長調査を行った。
研究分担水田利用部
戦略土地利用型農業
予算区分県単
専門栽培生理
部門
業績(1)スルホニルウレア抵抗性水田雑草の簡易キットの開発
(2)スルホニルウレア抵抗性コナギに対する数種水田除草剤の防除効果
(3)水田雑草のスルホニルウレア抵抗性簡易検定法(発根法)の改善と応用
(4)宮城県におけるスルホニルウレア抵抗性水田雑草の分布の変遷
(5)被検草体の殺草性成分に対する抵抗性の有無の簡易検定装置,その製造法及びそれを利用した簡易検定法
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030095621
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat