水稲・大豆・麦を基幹とした大規模水田輪作技術の組立実証

水稲・大豆・麦を基幹とした大規模水田輪作技術の組立実証

県名宮城県
研究機関名宮城県古川農業試験場
課題種別試験研究課題
研究期間継H13〜17
年度2003
研究対象水稲、大豆、麦類
概要地域輪作営農団地による水稲・麦・大豆の水田輪作を基本とする効率的な輪作技術体系を確立するため、輪作体系における栽培技術の開発、水田輪作技術確立のための排水性向上技術の開発等を検討した。平成15年度は、大豆跡水稲移植栽培でのリン酸、加里の基肥利用が初期生育促進に効果が認められ、転換2年目から土壌窒素発現量の無機化予測が適合することが確認された。直播栽培などで問題となる「イネツトムシのツト数と被害の関係」「機械移植に適応した乳苗の平置き育苗法」を普及に移す技術とした。転作大豆の生育モデルは地上乾物重からの推定が初期生育診断に活用可能と認められた。組立実証としては立毛間播種栽培と慣行栽培の作業性・時間や雑草制御・収量などの有利性、及び立毛間播種栽培後の水稲移植作業への影響低減を確認した
研究分担水田利用部、情報・経営部
戦略土地利用型農業
予算区分県単
専門栽培生理、経営、農業機械
部門稲、大豆、麦
業績(1)温湯浸漬によるセスバニアの硬実打破
(2)大豆茎水分判定への高周波容量式水分計の利用
(3)水田輪作における作業可能降水量の利用
(4)宮城県における水田輪作大豆 −大豆を導入した水田輪作体系の技術的展望−
(5)心土破砕による排水改良効果について
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030095624
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat