9.在来遺伝資源の保存・特性調査と育種素材化

9.在来遺伝資源の保存・特性調査と育種素材化

県名秋田県
研究機関名秋田県農業試験場
課題種別試験研究課題
研究期間完H12〜15
年度2003
研究対象ナス
概要目的:県内在来の遺伝資源について特性を調査し、素材評価を行う。ここでは、湯沢雄勝地域在来の関口ナス8系統について加工適性に関係する果皮・果肉硬度などの特性を調査する。方法:試験場所;農試露地圃場、供試系統;収集した関口ナス8系統、対照品種:秋田系梵天丸、特性調査基準;植物遺伝資源特性調査マニュアルに準じた。レオメータによる果皮・果肉硬度等の測定方法:播種;H15年4月9日、定植:6月2日(自根栽培)。結果:果皮の硬さは8系統ともに、秋田系梵天丸と大きな違いは認められなかった。果肉の緻密さは8系統ともに、秋田系梵天丸よりも緻密であった。系統間では、大きな違いはなかった。果形は、卵形の系統と長卵形の系統があり、長卵形の系統は揃いが良い傾向であった。果色は、供試した8系統ともに、濃黒紫色で、果色の揃いのよい系統が多かった。果皮の光沢の良否には、系統により違いがみられた。レオメータを用いて、果皮硬度、果肉硬度、もろさを測定したところ、関口ナスの渡辺系は秋田系梵天丸に比べ、果皮硬度は同程度、果肉硬度は軟らかかった。一方、パリパリする食感の尺度である‘もろさ’の数値は秋田系梵天丸よりも大きかった。
研究分担野菜・花き部
戦略園芸、作物育種
予算区分県単
専門育種
部門野菜
業績(1)中苗あきたこまちの分げつ発生の特徴と中干し開始適期
(2)整粒歩合の高い玄米を生産するために有効な穂の発生次位
(3)中苗あきたこまちの節位分げつ着生粒の整粒歩合と蛋白質含有率
(4)中苗あきたこまちの節位分げつの発生時期,発生数および穂への有効化割合
(5)深水処理が寡照登熟条件下での玄米品質に及ぼす影響
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030095695
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat