13.培養技術を利用したデルフィニウムの品種育成 (2)選抜系統の花持ち性調査

13.培養技術を利用したデルフィニウムの品種育成 (2)選抜系統の花持ち性調査

県名秋田県
研究機関名秋田県農業試験場
課題種別試験研究課題
研究期間継H12〜16
年度2003
研究対象デルフィニウム
概要目的:花持ち性の優れたデルフィニウム品種を育成するため、軟X線を種子照射して花持ち性変異個体の作出を図る。方法:ベラモーサムインプの完熟種子に20Gyの軟X線を照射してセルトレーに播種、育苗後、パイプハウスに定植した。開花した直後の小花を蒸留水の入った試験管に挿し、23℃、湿度70%でがく片が落下するまでの花持ち日数を調査した。結果:開花した個体の中には「距」のないもの、小花が重合したもの、元品種と花色の異なるものが観察された。また、花持ち日数が長い23株を選抜した。
研究分担生物工学部
戦略作物育種
予算区分県単
専門育種
部門花き
業績(1)ハウス食用ホオズキの挿し木苗利用による作期前進技術
(2)ハウス食用ホオズキの挿し木苗利用による作期前進技術
(3)広域JAを中心とした大豆生産と加工販売の一貫体制
(4)広域JAを中心とした大豆の生産・販売一貫体制
(5)直売所における顧客満足型マーケティングの現状と展開方向−秋田県H会を事例に−
(6)Webマーケティングの現状と今後の展開方向(第2報)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030095706
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat