多項目遺伝子診断胚の実用化 (1) バイオプシー細胞の培養手法の検討(安定的に培養する体系の開発)(2) バイオプシー胚の凍結融解後の生存性(凍結手法の改良) (3) 多項目遺伝子診断の効率化(最適な診断条件の模索) (4) 多項目遺伝子診断胚からの子牛の生産(診断胚からの子牛の生産) (5) ヘルニア法を普及するための器具開発(技術普及のための器具開発)(6) 体外受精胚への応用法の検討(体外受精胚での応用)

多項目遺伝子診断胚の実用化 (1) バイオプシー細胞の培養手法の検討(安定的に培養する体系の開発)(2) バイオプシー胚の凍結融解後の生存性(凍結手法の改良) (3) 多項目遺伝子診断の効率化(最適な診断条件の模索) (4) 多項目遺伝子診断胚からの子牛の生産(診断胚からの子牛の生産) (5) ヘルニア法を普及するための器具開発(技術普及のための器具開発)(6) 体外受精胚への応用法の検討(体外受精胚での応用)

県名山形県
研究機関名山形県農業研究研修センター畜産研究部
課題種別試験研究課題
研究期間継H15〜17
年度2003
研究対象肉用牛、乳用牛
概要研究目的:胚の遺伝子診断は、性判別が一般的であるが、分子生物学分野の進展により多くの遺伝病や生産性に係わるDNAマーカーの開発が予想される。また、胚の段階でより多くの遺伝的情報を得られれば、より効率的に家畜を改良することが可能となる。そこで、実用化に向けて一連の技術体系を確立する。行政施策上の位置付・県の役割:「総称山形牛」が産地間競争に勝ち抜くには、他県にない特徴を持つ「差別化」が必要である。これまで、他県に先駆けて牛肉の食味成分の研究を行い、和牛肉の美味しさは遺伝することを明らかにした。一方、種雄牛造成は、未だ「後代の牛を生産して初めて能力がわかる」とういう段階であり、長い年月を要している。これを効率化し、「総称山形牛」の差別化を推進するためにも、本技術の実用化が期待される。期待される成果及び実現可能性等: 成果適用地域 全国適用対象者 獣医師 適用作物・品種 黒毛和種 成果指標 多項目遺伝子診断胚からの子牛の生産。 成果の実現可能性 2項目程度の診断であれば可能と考えている。 期待される効果 種雄牛造成に利用することにより効率化が図られる。 成果公表の手法 学会発表、成果情報カード等 知財の取得見通し今後の研究戦略の考え方:種雄牛造成の事業に本技術を導入し、遺伝子診断胚産子を得る。
研究分担先進技術開発科
戦略先端
予算区分県単
専門生命科学
部門
業績(1)In Vitro Growth and Development of Bovine Oocyte-Granulosa Cell Complexes on the Flat Substratum: Effects of High Polyvinylpyrrolidone Concentration in Culture Medium
(2)ウシES様細胞を用いた核移植胚の発生能と胚移植成績
(3)山形県地域結集型共同研究事業の成果について
(4)牛の雌雄判別における細胞採取の新技術
(5)ヘルニア法によるバイオプシー凍結胚の融解後の生存率と胚移植成績
(6)新規法を用いたバイオプシー凍結胚による子牛の生産
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030095980
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat