生物農薬等利用による害虫防除技術の確立

生物農薬等利用による害虫防除技術の確立

県名福島県
研究機関名福島県果樹試験場
課題種別試験研究課題
研究期間H12〜17
年度2003
研究対象果樹
概要性フェロモン利用による殺虫剤の使用を削減した防除体系化において、今後問題となる害虫(性フェロモン対象外の害虫)に対し、天敵・微生物等生物農薬を用いた防除法を検討する。大量増殖が可能になった天敵あるいは性フェロモンの導入により土着天敵の保護が容易になり、これらの利用による殺虫剤のさらなる削減を図り環境調和型防除体系を確立する。モモ、リンゴでほぼ実用性のある製剤が得られつつあり、登録許可後、普及技術とする。
研究分担病理昆虫部
戦略園芸
予算区分県単
専門虫害
部門果樹
業績(1)鱗翅目害虫に対し実用化が期待される天敵微生物
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030096233
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat