給食残渣を利用した発酵乾燥物の豚における給与試験

給食残渣を利用した発酵乾燥物の豚における給与試験

県名栃木県
研究機関名栃木県畜産試験場
課題種別試験研究課題
研究期間完H14〜15
年度2003
研究対象肉用豚
概要 外食産業や食品製造業、学校給食などから排出される食品廃棄物は一部の養豚農家で利用されてはいるものの、ほとんどは焼却埋立され、コストがかさみ環境への負荷が大きくなっている。 このような背景から食品廃棄物を資源として有効利用できる方法の確立が望まれており、学校給食残渣について養豚飼料としての有用性を明らかにする目的で試験を実施している。 平成14年度は、市販肥育用配合飼料に発酵乾燥物を10%混合した飼料を肥育前期、肥育後期、肥育前期後期に給与する試験を実施した結果、発育性、枝肉成績及び市場出荷成績、いずれの項目にも差は認められなかった。
研究分担畜産技術部中小家畜研究室
戦略畜産
予算区分県単
専門飼養管理
部門
業績(1)養豚における給食残渣の飼料としての利用の試み(第二報)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030096719
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat