肉用牛における早期能力推定技術の確立

肉用牛における早期能力推定技術の確立

県名栃木県
研究機関名栃木県畜産試験場
課題種別試験研究課題
研究期間継H15〜17
年度2003
研究対象肉用牛
概要 アニマルモデルによる育種価は、種牛の産肉能力を改良する上で重要な指標となるが、肉用牛の改良に利用する場合、充分な産子枝肉データが集積されるまで時間を要すること、育種価に偏重した種雄牛の利用増大により生産集団の近交度上昇や遺伝資源の急速な減少が危惧されることなど問題点も多い。 そこで本試験では、育種価の利用による効率的な肉用牛の改良交配を推進していくうえで、これらの問題に対応するため、超音波肉質診断などの生体測定技術を利用した繁殖雌牛の早期能力推定方法の検討や、産肉特性と血統構造との関係についての検討等を行い、育種価を活用した改良技術の確立・普及を図る。 本試験の成果を活用することにより、繁殖雌牛の早期能力推定が可能になり、遺伝的能力に基づく効率的な牛肉生産が図れる。また、受精卵移植技術と併せて利用することにより、改良速度の向上及び高品質牛肉生産の推進に効果が期待できる。
研究分担畜産技術部肉牛研究室
戦略畜産
予算区分県単
専門育種
部門
業績(1)超音波を利用した肥育牛の産肉形質測定技術
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030096723
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat