食品廃棄物等を用いた機能性食品素材の開発

食品廃棄物等を用いた機能性食品素材の開発

県名栃木県
研究機関名栃木県産業技術センター
課題種別試験研究課題
研究期間完H13〜15
年度2003
概要 開発素材の各種食品への利用技術(第1報) 食品廃棄物・副産物である山芋の皮や米糠をエクストルーダーにより膨化処理し、それを原料として製麹したところDPPHラジカル消去能が高くなった。膨化原料やその麹を食品素材としてパン、味噌、醸造酢等への利用を検討した。麹から試作した醸造酢には、遊離アミノ酸が豊富に含まれ、脱気処理麹で作製した醸造酢中のγ−アミノ酪酸の含量が高くなった。また、抗酸化性に加え、抗アレルギー活性の指標となるヒアルロニダーゼ阻害活性も認められた。
研究分担部プロジェクト
戦略食品
予算区分バイテク
専門食品加工流通
部門共通
業績(1)食品廃棄物等からの機能性成分等の含有量の把握
(2)酵素等を利用した機能性の強化
(3)麹菌を利用した山芋の皮の抗酸化性
(4)イチゴ加工廃棄物等の有効利用
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030096746
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat