食品廃棄物等を用いた機能性食品素材の開発

食品廃棄物等を用いた機能性食品素材の開発

県名栃木県
研究機関名栃木県産業技術センター
課題種別試験研究課題
研究期間完H13〜15
年度2003
概要 開発素材の各種食品への利用技術(第2報) 昨年度までの研究で、いちごワイン醸造残さはDPPHラジカル消去能が高いこと等がわかった。残さを有効利用するために、今回はこれらを添加した食酢及び菓子を試作した。その結果、いずれの試作品も残さの添加によりラジカル消去能等が高くなった。また、官能評価を行ったところコントロール品とほぼ同等の評価を得ることができた。
研究分担部プロジェクト
戦略食品
予算区分バイテク
専門食品加工流通
部門共通
業績(1)食品廃棄物等からの機能性成分等の含有量の把握
(2)酵素等を利用した機能性の強化
(3)麹菌を利用した山芋の皮の抗酸化性
(4)イチゴ加工廃棄物等の有効利用
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030096747
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat