52.キュウリの品種育成 (1)ゆとり栽培向き品種の育成

52.キュウリの品種育成 (1)ゆとり栽培向き品種の育成

県名群馬県
研究機関名群馬県農業技術センター
課題種別試験研究課題
研究期間止H11〜15
年度2003
研究対象キュウリ
概要 近年、短形キュウリと称した市販品種が出ているが、果実の形状および食味の点で問題がある。そこで、既存品種より成熟果が小さく、収穫適期期間が長くゆとりを持って収穫できる短形品種育成する。また、短形新品種の育成により、果実肥大の早い時期を中心にキュウリのゆとり栽培が促進される。トルコ系短形品種と在来三尺品種のF4、F5について、主に縦径および果形指数で選抜し、比較的縦径が短くやや細長い果実の株を選抜できた。
研究分担園芸育種グループ
戦略園芸
予算区分県単
専門育種
部門野菜
業績(1)キュウリ成熟果の果形に関する遺伝率
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030096857
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat