鶏ふんと農場有機性残さとの混合物の肥料化の検討

鶏ふんと農場有機性残さとの混合物の肥料化の検討

県名千葉県
研究機関名千葉県畜産総合研究センター
課題種別試験研究課題
研究期間完H13〜15
年度2003
研究対象
概要トマト残さを2cm程度にカットし発酵鶏ふんや鶏ふんと混合して堆積、適宜切り返しを行うと分解が進み、臭気の少ない堆肥になった。対照区ではトマト残さに存在したトマト萎凋病菌が100%検出されたのに対して、カットし堆積した区ではごくわずかの検出率であった。さらに温度の上がる堆肥化方法にて検討する。
研究分担資源循環研
戦略 環境
予算区分県単
専門 環境
部門
業績(1)飼料イネ専用収獲機の機種の違い及び尿素液添加の有無がイネホールクロップサイレージの発酵品質に及ぼす影響
(2)水分含量及び尿素液添加水準の違いがイネホールクロップサイレージの発酵品質に及ぼす影響
(3)ホールクロップサイレージ用早生系イネの品種比較試験(短報)ー品種の違いが発酵品質に及ぼす影響ー
(4)フレールモア型収獲機で調製したイネホールクロップサイレージの発酵品質(短報)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030097549
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat