(1)(iv)シカクマメの周年栽培技術の開発Lasiodiplodia theobromaeによるシカクマメ褐色腐敗病(仮称)の発生

(1)(iv)シカクマメの周年栽培技術の開発Lasiodiplodia theobromaeによるシカクマメ褐色腐敗病(仮称)の発生

県名東京都
研究機関名東京都小笠原亜熱帯農業センター
課題種別試験研究課題
研究期間新H15〜17
年度2003
研究対象シカクマメ
概要(1)2001年6月に出荷後のシカクマメの莢に初発生した。初期症状は、褐色の小斑点を生じ、急速に拡大・融合し、軟化腐敗した。病斑上の子座内には、黒色の分生子殻が散生あるいは群生していた。なお、本圃での発生はこれまで未確認である。(2)腐敗莢からは同様な糸状菌が高率に分離され、分離源への接種により原病徴を再現した。接種菌が再分離。病原菌の分生子は、はじめ無色、単胞、楕円形から広楕円形、平均24.5×13.2μm、のちに褐色、2胞、平均23.0×12.5μm、表面全体に縦溝がみられる。生育温度は15℃から40℃、最適生育温度30℃。(3)以上により、本病の病原菌をLasiodiplodia theobromae (Pat.) Griff. & Maubl. と同定。病名を褐色腐敗病と提案した。
研究分担センター
戦略園芸
予算区分国庫補助
専門病害
部門野菜
業績(1)Lasiodiplodia theobromaeによるシカクマメ褐色腐敗病(仮称)の発生
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030097637
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat