(5)(i)施設栽培における病害虫の発生状況の把握

(5)(i)施設栽培における病害虫の発生状況の把握

県名東京都
研究機関名東京都小笠原亜熱帯農業センター
課題種別試験研究課題
研究期間完H12〜15
年度2003
研究対象パッションフルーツ
概要小笠原では、平成11〜13年度で29棟の鉄骨ハウスが導入されており、パッションフルーツなどの栽培が行われている。これらの施設で優良な農産物を生産するため、病害虫の発生状況の調査を行った摘要:病害)(1)6月頃、パッションフルーツ1株の地際部に疫病発生が見られた。また、灰色かび病の罹病果が数個確認された。露地栽培と異なり、円斑病、及び疫病の枝葉での発生は見られなかった。ズッキーニにおいてうどんこ病が激発した。虫害)(2)パッションフルーツは、ほぼ全栽培期間を通じてマメハモグリバエの発生が見られた。平成16年1〜2月にはアブラムシ類の発生が著しく、新芽への加害が見られた。このアブラムシの宿主の範囲はきわめて広く、マンゴーやパパイア、多種の野菜類で規制が確認された。3〜5月にシロアリによる被害が発生した。
研究分担センター
戦略園芸
予算区分国庫補助
専門病害
部門共通
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030097652
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat