稲の病害虫省農薬防除技術の体系と実証

稲の病害虫省農薬防除技術の体系と実証

県名新潟県
研究機関名新潟県農業総合研究所作物研究センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H14〜16
年度2003
研究対象水稲
概要 コシヒカリILの利用、育苗期に人工種子を使った防除方法等を組み合わせて広域的に農薬の使用を大幅に低減した栽培を体系化し、低コスト生産、環境負荷軽減を確立する。(1)育苗期の3病害に高い発病抑制効果をもつ1菌株を選抜し、種子浸漬処理法を検討した。(2)雑草を結実させない畦畔管理がオオトゲシラホシカメムシの生育が劣ることから、有効と思われた。(3)現地実証ほで、高精度水田除草機と米糠散布と深水管理で雑草防除、コシヒカリILによるいもち病抑制、温湯種子消毒により本田で農薬を使用しないで慣行栽培と遜色ない収量・品質が確保できた。
研究分担栽培科
戦略土地利用型農業
予算区分受託(独法)
専門病害、虫害
部門水稲
業績(1)新潟県におけるイネいもち病防除対策としてのマルチラインの利用
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030097821
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat