中山間地域の複合営農確立に向けた1・2年草及び宿根切り花等の栽培技術の開発

中山間地域の複合営農確立に向けた1・2年草及び宿根切り花等の栽培技術の開発

県名新潟県
研究機関名新潟県農業総合研究所園芸研究センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H15〜17
年度2003
研究対象共通
概要目的:中山間地域特有の自然条件を活かした複合営農を推進するため、雪ムロ、簡易施設等を活用したストック、ヒマワリ等の1・2年草及びリアトリス、ヒメヒマワリ等の宿根草切り花の栽培技術を開発する。計画: (1)夏播きストックの年内出し作型の安定化 (2)ヒマワリの無加温栽培技術の確立 (3)トルコギキョウの県内抑制作型の開発得られた成果: (1)ストックのスプレー系品種の定植時期と開花期との関係が明らかになった。 (2)ヒマワリの品種と作型・品質との関係が明らかとなった。(3)トルコギキョウの日長操作による開花調節法を明らかにし、アルギン酸による培地固化技術を開発した。 成果の受け渡し先:成績書に検討結果を掲載し普及を図る。残された問題点:中山間地域の複合営農推進のため引き続き検討する。 
研究分担栽培施設科
戦略園芸
予算区分県単
専門栽培生理
部門花き
業績(1)ヒマワリにおける播種時期が開花期と切り花形質に及ぼす影響
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030097865
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat