花持ちの良い形質転換チューリップの作出

花持ちの良い形質転換チューリップの作出

県名富山県
研究機関名富山県農業技術センター
課題種別試験研究課題一覧
研究期間継H15〜19
年度2003
研究対象チューリップ
概要目的:植物の老化ホルモンの一種であるエチレンの生成を抑えることにより、チューリップの花持ちを良くすることが期待できる。そこで、チューリップのエチレン合成酵素の働きが抑制された、組み換えチューリップの作出を目指す。今年度は特に、遺伝子導入を行う。 期待される成果と活用面:組み換えチューリップを作製し、チューリップにおいてエチレンの働きを明らかにすることにより、花持ち性の良いチューリップの育成に活用できる。
研究分担生物工学課
戦略作物育種
予算区分県単
専門育種
部門花き
業績(1)出願公表「てんたかく」
(2)出願公表「とがおとめ」
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030097933
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat